非公認戦隊 アキバレンジャー シーズン痛 握手会 レポート

2013-05-03(川崎)

※2013-04-27(秋葉原)のレポートはこちら
※2013-04-28(秋葉原)のレポートはこちら





※このページの全ての写真はクリックで拡大表示出来ます
なおここにアップした画像の二次利用や商業利用についてはご遠慮下さいますようお願い致します







さて握手会3日目は秋葉原のヨドバシAkibaから、
川崎のヨドバシカメラ・マルチメディア川崎ルフロンのシンデレラステップス前へと場所を移しての実施です。
握手会や撮影タイムの細かいルールなどは秋葉原と同様。
スーツアクターさんがお三方とも番組本編中と同じ人であるのも、秋葉原での握手会と同じです。

なお下の本文中でアキバレンジャーの3人のセリフが書かれている箇所がありますが、
3人とも実際のステージでは名乗り以外は一言もしゃべっていません。
完全に私の「妄想」である事を予めご了承下さい。
またスーツアクターさんの意図する事とは全く違う妄想をしている場合もあるかもしれません。
全ては私の個人的な妄想と緩く受け止めて頂ければ幸いです。

またこの日は秋葉原2日目にあったのと同様のメッセージボードも設置されていました。
このレポートの最後にその写真があります。







まずは会場の全景から。
事前にネットで調べた時はかなり広い場所だと思ったのですが、
実際は秋葉原での会場と大差ない広さでした。
左の写真を見ると良く分かるのですが、2階部分からも握手会の様子を見られるようになっていました。







秋葉原には無かった「タッチ&トライコーナー」がこの日は新設されていました。
既発売のDXモエモエズキューーンや6月下旬に発売予定のDXモヤモヤズキューーンを自由に遊べるコーナーです。
DXモヤモヤズキューーンには既にサウンドギミックも搭載された状態で、
劇中同様の穂花さん演じるマルシーナの声を聞く事が出来ました。











11時の回

この日も秋葉原と同じく、握手会中は撮影禁止となっていたため、
その時の様子は文章のみでのレポートとなります。

この回は秋葉原の2日間に比べて、観客に女性が少ない印象でした。
また握手会参加者も、この11時の回はほとんどが男性だったようです。

私も秋葉原・初日初回に続いてこの回の握手会に参加したのですが、
プレミアムバンダイで販売されているアキバイエローのジャンパーを着ていったという事もあり、
スーツアクターのお三方に徹底的にいじって頂きました(汗)。
握手、ハグ、そしてレッドとブルーに混じって自分がイエローの立ち位置での決めポーズなど、
ファンにとっては夢のようなひととき・・・・。
その後立ち位置を追われ端でふてくされているイエローを3人で呼びに行ったりするなど、
まるで自分が信夫たちの仲間になってしまったかのような錯覚さえ感じたり・・・・。
最後には床に置いてあった私の手荷物を、わざわざレッドが持ってきてくれたり・・・・。
お三方の旺盛なサービス精神には、本当に心から感動しました。

さてこの回で印象的だったのは、「レッド、大回転事件」です。
レッドのマフラーで自分の額の汗をぬぐうイエロー。
その後マフラーの位置が気になって、ピッと背中にマフラーを払うレッドというのは秋葉原でも見られた光景でした。
どうやらレッド的には、マフラーはキチンと背中にないと嫌らしいのです。
この日はそんなレッドを、とうとうブルーまでいじり始めました。
ブルーがレッドの背中のマフラーを、手でチョロッと胸の方にずらす。
レッドはそれが気になってピッと背中に戻す。
またブルーがチョロッと胸の方に。
レッドがピッと背中に。
そんな事を繰り返し、やがてマフラーが何処にあるのか分からず、
その先端を探してその場で猛烈な勢いでグルグル回転し始めるレッド(笑)。
目を回してハァハァ言っておりました。







ではここからは撮影タイムです。
イエロー推しの自分としては、秋葉原と同じく下手側から撮影しています。







握手会が終了し、観客に感謝のご挨拶をする3人。
イエローはいつもの立位体前屈的最敬礼です。



後ろの大きな立て看板のキバレンジャーと同じポーズをするイエロー。



と、ここでイエローが突如ハリケンジャーの名乗りポーズをっ!
「忍風戦隊ハリケンジャー!あ、参〜上!」という部分ですね。
こういう事があるので、一瞬たりとも目が離せない状態です。







名乗りポーズのため、一旦袖に引っ込みたいと司会の男性に耳打ちするレッド。
この光景も秋葉原でよく見られたものですね。



そしてどさくさに紛れ、司会の男性にグリリバボイス的BL鬼畜攻めを敢行するレッド。
三四郎兄さん、横で子供が不思議そうに見てますよっ!(汗)
この後の司会の男性の一言、「レッド、ありがとうございました」。
何がありがとうなんだっ!?
※レッド役の和田三四郎さんご自身のツイッターアカウントへのツイートによると、
どうやらこれは司会の男性のお腹の肉を掴むというアクションのようです(笑)



そんな事をやっている間も、ブルーとイエローは観客にサービス。
レッドの「ホントこの人好き者なんだから」というようなポージングにも要注目。



観客に別れを告げ、一旦袖に引き上げるレッドとイエロー。
一人で愛想を振りまき続けるブルーは、イエローが引っ張っていきました。(笑)
2枚目、イエローのお尻の文字がチラッと見えているのにも要注目。



袖で再登場のタイミングを待つ3人。
しかし大人しく待っているような3人ではありません。
タッチ&トライコーナー担当の男性をサッソクいじり倒していました。
ブルーが男性のメガネを外そうとしているのを、レッドとイエローが止めようとしているのでしようか?







音楽に合わせて3人が再登場。
レッド「アキバレッド!」



ブルー「アキバブルー!」



イエロー「アキバイエロー!」



レッド「痛さはぁぁぁぁっ、強さっ!」



3人「非公認戦隊!アキバレンジャー!」
この名乗りの各セリフが番組キャストご本人の声だったのも秋葉原と同様。
レッドの「○○なら△△推し!」やイエローの近況報告などは無く、
純粋に名乗りだけだったのも同様です。



ビシッと決まった名乗りポーズに大歓声の観客。
3人もそれに応えます。



イエローのジャンピングからの・・・・・



キメッ!



もう一度決めポーズを披露する3人。
秋葉原に続いて、イエローはまたレッドの腕からぶら下がろうとしていますね。



それを絶好のセンター奪取のチャンスとみたブルーはレッドを突き飛ばします。
最後の「なにすんねんっ!」というレッドのたたずまいがポイント。







ここからはそれぞれがあちこちに散って撮影に応じるパターン。
まずは下手に移動したイエローから。







センターのレッド。
2階部分の観客にもサービスしていますね。
右の写真では、上手側でなにやらブルーとイエローがおんぶ状態に。







下手側にやって来たレッド。
もうカッコイイったらありゃしない。







その頃ブルーはセンターでグラビアポーズを連発。
上手側で観客に対しなぜか丁寧にご挨拶をしていたイエローは、
やって来たレッドに促されて四つんばいでセンターへと移動を開始しますが・・・・



四つんばいでやって来たイエローが、ブルーの脚に頭突きを食らわすという展開。(汗)



ブルー「もぉーっ、激おこぷんぷん丸ですよっ!」
イエロー「ゴメンにゃ・・・・」







という訳で下手側にやって来たブルーを激写!







さらにセンターへ移動したイエローも激写!







イエローがブルーと合流。
このツーショットは嬉しいですねーっ!







センターに集結した3人。
まずは下手側の観客にサービスです。
レッドの肩に隠れるようにしているブルーがメチャ可愛いですね。
爪先立ちなのがまたタマラン感じです。



今度は上手側にサービス。



いよいよお別れの時間が近づいてきましたが、3人のサービスはとどまる所を知りません。




もうイエローが飛ぶ飛ぶ。



レッドは投げキッス、ブルーは手を振って2階の観客にサービスです。



そして最後はなぜか電車ごっこで去っていく3人なのでありました。













13時の回

この回で印象的だったのは「レッド変わり身の術事件」。
レッドが参加者の相手でステージの端にいる時、
ブルーがセンターに出て行き、おもむろにレッドの決めポーズ(両手を開いて上にあげる)をするというものです。
今までもブルーは隙を見てセンターに出て行く事がありましたが、
あくまでも「ルナッ!」と自身のグラビアポーズを連発するというパターンでした。
今度は自分がレッドに成りすますという新しい展開です。(笑)

それを見たイエローも、レッド不在時に同様にセンターに出て行ってレッドの決めポーズ。
このあうんの呼吸、絶妙のコンビネーションが凄いです。(笑)







ではここからは撮影タイムです。
11時の回よりも若干ステージの方に移動して撮影しています。







13時の回という事で、イエローが指で1と3のサイン。
キチンと観客から見て1と3の順になっているのがポイントですね。



という訳で撮影タイム開始。
レッドは2階の観客に手を振っています。



と、ここでイエローが突然ハリケンジャーの名乗りポーズを!
「あ、参〜上!」という部分ですが、11時の回よりも若干簡易版になっているようです。



そんなイエローに負けじと、ブルーもセンターに出張っていってグラビアポーズを連発!
3枚目のレッドの「あの、もしもし・・・・」という感じが実に良いですね。



そんなブルーに負けじと、イエローもセンターに出張っていってポーズ!



そんな中ふと席を外したイエローに対し、ブルーがとんでもない事を!
レッドが大慌てです。(汗)



これによりステージ上はまさに一触即発の状態に。
イエロー「ルナさん、今ワタクシに何かいたしまして?」
ブルー「いいえ、ワタクシは何も」
レッド「あわわわ、ま、まあ二人とも落ち着こうよ・・・・」



何とか戦いは回避出来たようです。
ブルー「ウフフ、気づいてない気づいてない♪」



しかーしっ!イエローはしっかりと気づいていたっ!
レッドが司会の男性の方に行く瞬間を狙っていたのだっ!
イエロー「シュバッ!」
ブルー「ハグッ!」



名乗りの段取りのために一度袖に引っ込みたい旨を司会の男性に耳打ちするレッド。
その脇では女同士の熾烈な争いが繰り広げられていたっ!
イエロー「・・・・」
ブルー「むぐぐっ、息が・・・・」



ブルー (・・・・バタッ!)



イエロー「ハッ!私は何をっ!」
一方その横ではレッドが司会の男性に対し、またまたグリリバボイス的BL鬼畜攻めを敢行していたっ!
ステージはまさにとんでもない混沌空間と化しています。
非公認とはいえ、果たして本当にここは戦隊シリーズ作品の握手会会場なのでしょうか?(汗)



イエロー「ルナちゃん、大丈夫っ!?」
ブルー「はい、全然大丈夫です。(ケロリ)」



イエロー「ホントに大丈夫っ!? ちゃんと息してるっ!?」
レッド「おーい、二人とも行くぞー」



という訳で一旦袖に引っ込んでいく3人。



袖で登場時の打ち合わせをする3人。
イエロー「やっぱりここはニャーがコケティッシュかつバイオレンスにっ!」
レッド「いや、それ全然意味が分からないだろっ!
ブルー「やっぱりルナは目立たない・・・・(涙)」







3人「非公認戦隊!アキバレンジャー!」
名乗りに関しては今までと同様なので、写真は最後のポーズのみです。







ここからはそれぞれがあちこちに散って撮影に応じるパターン。
まずはレッドがいつものようにセンターの観客に向かって異常接近。(笑)
ブルーとイエローは後ろで合わせポーズです。



ブルーとイエローのツーショット。
やっぱり戦隊ヒロインのツーショットは最高ですねー!



レッドはセンターの観客にサービス。
若干後ろに下がってくれました。(笑)







下手側に来たブルーは可愛らしいポーズを連発。







下手側に来たレッド。
気さくなポージングです。



と、ここで観客の持っていたモエモエズキューーンを借りてポージング。
銃を持っている右手の人差し指に注目して下さい。
3枚目のシューティングポーズの時でさえ、引き金に指がかかっていません。
例え弾が込められていなくても、また例えそれがオモチャであっても、
ターゲットを撃つ時以外は決してトリガーに指をかけないのがプロというものなのです。







イエローはセンターでお座りポーズ。



と、そこへ背後から忍び寄る青い影・・・・。



ブルー「だ〜れだっ?」



ブルー「ウフフ♪」
イエロー「み、見えない・・・・」
この13時の回はブルーが妙にはっちゃけていた印象でした。







イエローが下手側に移動。
またまたなぜか四つんばいです。



いきなり背後のリュウレンジャーと同じポーズ!
そして・・・・



・・・・そこからのキリンレンジャーの名乗り!







センターに再集結した3人。
まずは上手側の観客にサービスですが、なぜかイエローは下手にもサービスしてみたり。







今度は下手側の観客にサービス。







最後はセンターの観客に向かってポーズ。
そして・・・・



・・・・そこからのお約束!
将棋倒し展開!







という訳でお別れの時間になってしまいました。
ブルー「ふぅ」



イエローはVサインをしている訳ではありません。
指で3・2・1・・・・とカウントダウンをしているのです。
そして・・・・



・・・・大ジャンプ!
せっかくハンドサインのカウントダウンで予告して下さったのに、ちょっとブレてしまいました。(涙)



いよいよ13時の回もこれで終わり。
それぞれ手を振る3人です。



と、なぜかレッドは引っ込むのとは逆の方向に進んで行き・・・・。



司会の男性に対し、セクハラ的猛烈ハグ攻撃!
今年の握手会でのレッドの司会者いじりには、全日程を通じてかなり激しいものがありましたです。(汗)
観客はもちろん、司会者までも巻き込んで会場の一体感を高めるこの作戦、さすがですっ!



そんなレッドのマフラーをズンズン引っ張って袖に引っ込んでいくイエロー。
人妻の貫禄です。(笑)











15時の回

秋葉原での握手会でも見られましたが、この回では特に無言で突然イエローの胸を揉む参加者が多いように感じました。
おそらくシーズン痛のOPに影響されての事だと思いますが、これはちょっとやりすぎかと。
スーツアクターの皆さんがいくら気さくに対応してくれるからといって、何をしても良い訳ではありませんよね。
親しき仲にも礼儀あり。
女性参加者ならともかく、男性参加者は自重して、
少なくとも事前に「胸を揉んでもいいですか?」と声をかけてからにした方が良いでしょう。
「胸を揉んでもいいですか?」というのもかなり凄い問いかけですが。(汗)







ではここからは撮影タイムです。
13時の回よりもさらにステージの近くに移動しています。







撮影タイムスタート。
この日最後の撮影タイムという事で、レッドがせっせと髪の手入れを始めます。



それを見ていたブルーとイエローも一斉に身支度を。
髪を整えたり身体の埃を掃ったりしています。(笑)







レッドは名乗りのため一旦ステージ袖に引っ込みたい旨を司会の男性に耳打ちしています。
その間もブルーとイエローは観客にサービス。







ステージ袖で入念に登場時の打ち合わせをする3人。
ブルー「まずは私の悩殺ポーズで観客の皆さんを骨抜きにするというのはどうでしょうか?」
イエロー「ダメだにゃっ!」
レッド「却下!」







レッド「アキバレッド!」
ブルー「アキバブルー!」
イエロー「アキバイエロー!」



レッド「痛さはぁぁぁぁっ、強さっ!」



3人「非公認戦隊!アキバレンジャー!」
見ている角度が違うと、また違ったカッコよさがありますね。







ちょっとした空いた時間にも観客にサービスするイエロー。







センターの観客に対して合わせポーズでサービスする3人。







ここからはそれぞれがあちこちに散って撮影に応じるパターン。
レッドは早速センターに向かってズンズン進んで行きます。
ちなみにこのカットでは2階の様子も分かりますね。



ブルーはイエローの髪のリボンを直してあげています。
が、そうしているうちになぜか自己陶酔の世界に・・・・。(笑)
この辺りは実に新ブルー=ルナっぽくて、本当に素晴らしいですね。



今度はおかえしにブルーのチェックをしてあげるイエロー。
そういえば女の子たちってよくこういう事をしていたなーと学生時代を思い出してみたり。(汗)



身支度完了!
それぞれ上手と下手にサービス開始です。







イエローが下手側の観客に対し、可愛いポーズを連発!







お次は下手にやって来たレッドがカッコイイポーズを連発!
上手ではブルーとイエローが乗ったり乗られたりしている様子が笑いを誘いますね。(汗)







上手に移動したレッド。
今まで上手にいたブルーはセンターでポージングです。
そこへ向かってまたまた四つんばいで移動を開始するイエロー。(汗)







まずは2人合わせポーズでセンターの観客にサービス。
レッドはまた観客のカメラを借りてツーショット撮影をしていますね。







ブルーが下手側の観客にサービス。
カワイイッ!







センターに再集結した3人、まずは上手側に向かってポージング。
レッドとイエローの腰の入り具合が良く分かりますね。
やっぱりポージングは腰が命なのだなーと実感しました。



今度は下手側にお座りポーズ。







センターに向かっての決めポーズ。
そしてそこからの将棋倒し展開は完全にお約束です。



イエローが倒れこんだブルーを助けに行くと見せかけて、なんと身体を踏んづけて素通り。(汗)
カメラはその決定的瞬間を捉えていました。



その後レッドとイエローに助け起されるブルー。
まさに踏んだり蹴ったりですが、よく頑張りました。(笑)







いよいよ撮影タイムも終了の時間。
この日ラストの回という事で、少し長めに設定して頂けたようです。



袖に引っ込む際、なぜかまた司会の男性のお腹をモミモミするレッド。(汗)
そんなレッドのマフラーをイエローがしっかりと掴んでいます。




イエローにマフラーを引っ張られて苦しむレッド。(笑)
最後は爽やかに去っていく3人でした。













握手会終了後のメッセージボードの様子。

右側の写真は他の写真よりも大きい解像度なので、ぜひクリックして隅々まで見て下さい。
これがアキバレンジャーファンの魂の叫びだっ!





・・・・以上、非公認戦隊 アキバレンジャー シーズン痛 握手会、ヨドバシカメラ・マルチメディア川崎ルフロンでのレポートでした。

秋葉原、そして川崎と3日間・全9ステージを続けて見て思ったのですが、
元々フリーダムだったものが、ステージを重ねる毎にさらに一層フリーダムになっていってるような気が・・・・。(汗)
劇中での3人のやりとりがそのまま目の前で再現されているようで、
見ていて思わずニコニコしてしまう面白さでした。

秋葉原での2日間と川崎での1日、本当に楽しかったです。
アキバレッド役の和田三四郎さん、
アキバブルー役の大島遥さん、
アキバイエロー役の藤田房代さん、
そして会場のスタッフの皆さん、ありがとうございました!

握手会はこの後、大坂・梅田のヨドバシカメラでも行われましたが、
当日は雨にも関わらず大盛況・大盛り上がりだったようです。
ぜひまたこのようなファンとキャストが直接触れ合えるようなイベントの実施に期待したいですね。
そして出来れば、それは「アキバレンジャー シーズン賛」の握手会だったりしたら良いなーと妄想を膨らませております。










TOPへ戻る