その他いろいろミクロマン

ページ03




ミクロロボット7



新宿の某ショップで、比較的程度の良いものをかなり安く売っていました。

3体のロボットとウォーカータンクが合体して、「スリーウォーカー」とその変形パターン「スリーウォーカータンク」に。
また、4体のロボットとウォーカージェットが合体して、「フォーウォーカー」とその変形パターン「フォーウォーカージェット」になります。
さらに、7体のロボットとウォーカータンクの合体で「ミクロロボット7」になるという、豪華な内容のセットです。
いずれにしてもウォーカータンクとウォーカージェットをコアにしなければならず、7体のロボットのみで様々な合体ができるわけではありません。
しかし、ウォーカータンクもウォーカージェットも単なる余剰パーツではなく、それ単体がちゃんとメカとして成り立っているというところは、流石「有形ブロック」の元祖メーカーだと感心します。
もちろん、自分なりのオリジナルメカを作る従来の楽しみ方も可能ですよ。
ただ、ロボットの頭をジョイントとして使用する場合があるので、丁寧に扱わないと摩耗が怖いという点はちょっと気になりました。

ミクロマンと同じ手の平サイズのロボット達がズラリと立ち並ぶ姿は、なかなかかわいらしいですよ。(笑)




アーマードスーツDX バルソニック
(リアルカラーバージョン)


渋谷の某ショップで1万円ちょっとで購入。
シール貼り済みの中古品でしたが、箱付き完品で結構お買い得だったかもしれません。

この商品には青、赤、そしてダークグリーンを基調としたリアルカラーの3色があるのですが、私が買った物はこのリアルカラーバージョンです。
色が変わるだけでずいぶん全体の印象が変わる物ですね。
他の2色に比べておもちゃっぽさが減り、俄然かっこいい感じです。
変形に関しては、結構単純な構造ながら劇的にスタイリングが変化するあたり、目を見張る物があります。
特に、腕の付け根の位置をずらすところと、つま先を倒すと垂直尾翼が自動的に展開するところは素晴らしいアイデアですね。
私はニューミクロマンの時期の商品は、それまでとは完全にストーリーのつながりがないということもあり、正直あまり好きではなかったのですが、なにやら最近自分の中では再評価しつつあるという感じです。

ところで写真には写っていませんが、ジェット形態時にコクピット前面につけるパーツで「給油ブローブ」(空中給油時に使う物)が付属しているのですが、このマシンって石油で動いているのでしょうか?




変形だっ!




サイボーグジャガー&武器セットNo.1・No.2


すべてネットオークションで入手。
子供の頃はシルバータイプを持っていましたが、もう本当にお気に入りのおもちゃでしたね。
しかし、当時は武器セットの存在を知りませんでした。
大人になってから本でそれを知り、クールなデザインにがっちり心をつかまれてしまったわけです。
ジャガー単体でももちろん充分シビレるスタイルなのですが、武器セットを装着すると、もうチビリそうになるくらい魅力的なんですよ。
決してかっこいいとは言えないのですが、一種独特の味があるデザインです。
なお、ジャガーの頭のソフビパーツがここの画像では黄色っぽく写っていますが、肉眼ではそれほど目立ちません。
これからオークションなどで入手しようとされる方は、考慮すべき点だと思います。




アンドロイドA、超人、ロボット



Aはずいぶん前に某ショップで購入。
超人とロボットはオークションで入手しました。
しかしロボットはパーツのみの入手で、ボディーがありません。
3体同時に写っている写真がないのは、そのためです。
もっとも、設定からすればそれで良いのですが。
また、胸のパネル部分に箱とこすれたことによる細かい擦り傷がありましたが、コンパウンドで磨いてピカピカに再生してやりました。
いやーそれにしても、本当にかっこいいですよねー。
クリアブラックにシルバーメッキのパーツというデザインが、クールな大人っぽさを演出しています。
これを初めて見た子供の頃は、なんだか妙に「怖い」印象を持っていたくらいですよ。(笑)
特に超人の不気味さは、他には思い当たるものがないほどの強烈さです。
胸をパックリと開いたところなんて、もう「おっかない」としか言いようがありません。
ロボットもその無機質きわまりない姿が、大変に印象的です。
しかし、そんな不気味な異端者ぶりこそが、このシリーズの最大の魅力なんですね。
遂に3種類全てを揃えることができたのが嬉しくて、いつもより画像も多く紹介させていただきました。



戻る



TOPへ戻る