その他いろいろミクロマン

ページ06−1

ミクロマンコマンド1号・改

※このページの写真は、クリックしても拡大表示されません




ミクロフォースシリーズが発売されて誰もがその可動範囲の広さに驚いたわけですが、そうなってくると従来のミクロマンシリーズのフィギュアの可動範囲に不満を感じてしまうのは当然かもしれません。
そこで、ミクロフォースとそれ以前のミクロマンフィギュアを組み合わせて、可動範囲の拡大を狙ってみました。
まずは実験として、コマンド1号を改造。
写真は、肩幅の狭い「ノーマルタイプ」です。
可動範囲は後述の「アクションタイプ」に比べ少し狭くなりますが、外観は従来のコマンド1号とさほど変わらなくなります。
そして、こちらが肩幅の広い「アクションタイプ」。
今回の作例は、用途に応じて肩のジョイントを付け替えることで、2タイプに組み替えることができるようになっています。
腕が変なところから生えているので、ちょっと違和感があるかもしれません。
しかし、これはこれでマッチョな感じがして良いかも。
また、今回は実験ということで、ほとんどのパーツを塗装で処理しています。(コマンドは色組み替えで余ったものを、フォースはガンナーを使用)
元々成形色が黒だったり、マテリアルフォースを使用したり、あるいはパーツを黒染めするなどすれば、表面の仕上がりはもっと良くなるでしょう。
比較のための画像。
左が今回の作例(ノーマルタイプ)、中央が復刻コマンド1号(色は組み替え)、右がミクロフォースです。
今回の作例が、ミクロフォースと同じくらいの大きさだということがわかります。
復刻コマンド1号と比べると、大人と子供のようですね。
同じく、比較用の画像。
左が今回の作例(アクションタイプ)、中央が復刻コマンド1号(色は組み替え)、右がミクロフォースです。
今回の作例でミクロフォースのパーツを使用しているのは、腕全体・膝から上の脚・腰の関節です。
これは、アクションタイプ・ノーマルタイプともに変わりません。
胴体を分解したところ。
接着はしておらず、背中のネジは生かしてあります。
肩の穴は、少し広げる必要があります。
腕の軸になるゴムチューブについてはこの後で記述。
腰にコトブキヤボールジョイントMのメスを接着します。
接着にはプライマー付きのアロンアルファを使用。
プライマーを使えば、ポリパーツもバッチリ接着できます。
腕の軸になるゴムチューブ。
黒い部分は元々のパーツを使用。
その中に半透明のチューブ差し込み、現物合わせで適度な長さにカットします。
チューブを差し込むのにはだいたい3分程度の時間がかかりますが、特別大きな力が必要なわけではないので、誰でもできると思います。
今回の作例に使用したのは、スプライントイズさんから購入した「5ミリ径透明チューブ」というものですが、同じようなものを東急ハンズで見つけました。
外径5mm、内径3mmのシリコン製(?)チューブです。
写真はテストのために、胴体内の黒いゴムを差し込んでみたところ。
1メートルで220円でした。
スプライントイズさんでも10cmで30円(税別)という値段のため、近くにハンズのような店がない!という人は、スプライントイズさんのネット通販を利用するのも良いと思います。
腕の軸になるチューブに、アクションタイプの肩を差し込んだところ。
ボールジョイントのメスが少しだけ埋まるようにするために、肩の穴を削って大きくしておく必要があるわけです。
肩のジョイントについては後述。
同じく、ノーマルタイプの肩を差し込んだところ。
腕を大きく上に上げたりすると隙間が目立つため、塗装する際はパーツの内側も忘れないようにしましょう。(笑)
肩関節となるボールジョイントです。
左がアクションタイプの肩関節、右がノーマルタイプの肩関節です。
ノーマルタイプはコトブキヤボールジョイントMのオスを使用。
そのままでは肩関節が少し緩いため、ビニールの切れ端などを挟むと良くなります。
また、軸はビニールテープを巻いて直径が3mmになるよう調整。
※現在ではWAVEのBJ-05を使用しています。これなら無加工で使用可能。
左のアクションタイプのメスはWAVEのB・ジョイント(大小4組ずつのセット)の大きい方ですが、軸の直径が3mmのため無加工で大丈夫です。
アクションタイプの肩関節のボールジョイント(オス)。
WAVEのB・ジョイントの大きい方のオスと、コトブキヤボールジョイントMのオスを組み合わせて使います。
写真のようにだるま型になるよう、下端をそれぞれ少しニッパーで切り飛ばして、ピンバイスで穴を開けた上で真鍮線で軸を打ち接着。
接着には、先述のプライマー付きアロンアルファを使用。
小さい方のオスの先端が白くなっているのは、瞬着でティッシュペーパーを張り付けて軸を太らせてあるためです。
そのままでは少し関節が緩いため、こうした加工やビニールの切れ端を挟むなどの処置が必要です。
腰と脚の付け根の関節は、ミクロフォースのものをそのまま使用。
それに、コマンドの腰パーツを被せてあります。
コマンドの腰パーツは、下の切れ目を少し削ってやる必要があります。
黄色くなっているのは、可動により塗装が剥がれたため。
膝から上の部分の分解図。
基本的にはミクロフォースのパーツをそのまま使用しますが、膝関節の軸を根本から切り飛ばして反対側の穴に接着、乾燥の後にそちら側も根本から切り飛ばしています。
真鍮線などで膝関節用の軸を新造しなくても、これだけで十分膝から下を保持できます。
これは、ミクロフォースの膝の隙間が、コマンドの膝の寸法にピッタリ合うからです。
膝を伸ばしたところ。
先述の膝の軸を切り飛ばした以外、ミクロフォース・コマンドともに外観的には一切手を加えていません。
しかし、意外なほど良く合います。
膝を曲げたところ。
ミクロフォースのように二重関節ではないのですが、最大ここまで曲がります。
軸を打たずにただ挟み込んだだけだからこそ、ここまで曲げることができるわけです。
足首の分解図。
根本のオス部分は、コマンドのパーツをそのまま使用。
ただしバリが結構残っているので、ちゃんと先端が丸くなるようにしてやる必要があります。
円筒状の飾り(?)部分は、下の穴を少し削って広げてやりました。
足首にはコトブキヤボールジョイントSのメスを接着。
これが、コマンドのボールジョイントのオスにピッタリと合います。




どこまで動くようになったかは、次のページへ

次のページへGO!




戻る



TOPへ戻る