その他いろいろミクロマン

ページ10




復刻版 変身サイボーグ1号(ゴールド・シルバー)
復刻版 キングワルダー1世(グリーン・レッド)

タカラ   定価 各3500円


この商品はミクロマンではありませんが、ビクトリー計画で共闘したという縁で、この「その他いろいろミクロマン」のコーナーで紹介します。
まず4体に共通する商品の仕様ですが、人形本体に武器2種、そして平手・握り手・武器握り手の各左右が付属します。
この武器握り手には、G.I.ジョーやエリートフォース、クールガール等の1/6スケールのミリタリー用銃器が持てるようになっており、オリジナルSF風銃器を作ったりするなど上手く使えば、変身サイボーグの世界観を飛躍的に広げることができるのが高ポイントです。
サイボーグ1号のゴールドにはレーザー光線銃とのこぎりが、シルバーにはカッタードリルと合成銃が付属。キングワルダーのグリーンには殺人ドリルと火炎銃が、レッドには脱水銃と化石銃が付属しています。
それぞれの武器の効果の説明などが、同梱されるサイボーグブック(カタログ)にも一切記載されていないのが大変残念なところです。
もうひとつ残念なのは、4体とも関節がかなりゆるいという事。
ひじ・手首・足の付け根・ひざの関節が、プラプラとは言えないまでもかなりゆるいです。
また、以前から話題になっていた「ソフビパーツとプラパーツが溶けたようにくっついてしまう」という融着問題ですが、私が今回入手した4体については購入時点では認められませんでした。

とりあえず、残りのカラーバリエーションと武器も発売されることを祈りたい心境です。










NIGHT ATTACK CHOPPER (G.I.JOE)
Hasbro   定価 不明(購入価格は2980円)


アメリカ・ハズブロ社の、1/18スケールG.I.JOE用のビークルです。
ネットオークションで2980円で入手。
デザインがかっこよく、かなりの大きさがあってギミックも豊富なため、これがその値段で購入できたのはラッキーだったと思います。
1/18サイズでミクロマンにもジャストフィットするため、こちらのコーナーで紹介する事にしました。
本体内部に単3電池2本を収納し、サウンド&ライトギミックを搭載。
サウンドは、ローター回転音・弾丸装填音・バルカン発射音・キャノン発射音が、本体後部左側の丸いボタンを押す度に順番に再生されます。
同時に、機首のレンズ状の丸い部分が赤く発光します。
コクピット左右のバルカンとキャノンは、取り外して付け替えることが可能。
そして・・・・
このように主翼両端のハードポイントにも装着可能。
写真はキャノンを装着したケース。
こちらはバルカンを装着したケース。
さらにこれらの武器は・・・・
グリップが付いているので、このようにフィギュアにも持たせることが可能。
ただし、スケール的にはかなりオーバーサイズです。
本来はG.I.JOE用ですが、ミクロマンにも持たせることができました。
主翼は写真のように折り畳んだ状態にすることも可能。
キャノピーに弾痕がありますが、これはシールで再現されていますので、気に入らなければ剥がしてしまえば良いでしょう。
キャノピー後ろ、左右の窓は穴が開いているだけなので、透明プラ版などを貼ってやると良いと思います。
主翼には写真のようにミサイルを装填可能。
そしてこのミサイルは・・・・
通常は機体下部に収納されているグリップのトリガーを引くことで、発射が可能。
このグリップを手で持って、「ブーン」などと言いながら遊ぶわけです。
グリップが機体に完全に収納できるところが良い点です。
垂直尾翼下部に、もうひとつのトリガーがあります。
これを引くと、メインローターが回転してローター回転音が鳴るというギミックが素晴らしいです。
これはちょっと感動ものです。
右エンジン後部には、フックが装備されています。
おそらく、フィギュアを吊り下げて遊ぶための物だと思われます。
フックのロープは、エンジンのノズルを回転させることで巻き取れます。
操縦席の後ろに2人分のシートがあり、狭いながらも3人がコクピットに座れます。
後ろのシートにフィギュアを座らせやすくするため、操縦席のシートが前に倒れるようになっているのが親切なポイントです。
機体左右のドアは、後ろにスライドさせて開けることが可能。
中にさらにフィギュアを乗せたり荷物を積んだり出来ます。



以上、かなり満足な内容でした。
なにより、未来的なデザインが気に入っています。
このまま遊び倒すも良し、ディテールアップをしてミクロ用のオリジナルメカにするも良し、持っていて損はありません。
値段にもよりますが、機会があればぜひ入手されることをおすすめします。







戻る



TOPへ戻る