その他いろいろミクロマン

ページ14




ミクロマンファルコン&アクロマノン(トイザらス限定商品)
AF-01、ALV-01
タカラ   定価 2799円(税込み、トイザらス価格)


雑誌クアントに連載中のミクロマンマンガに登場するキャラクターの商品化です。
雑誌誌上では商品化に際して読者にアンケートを実施し、4人の候補の中からこの2人が選ばれました。
ストーリーでは、この2人が敵・味方に別れていながらもお互いにただならぬ関係になることを予感させており、セットでの商品化はまさに打って付けだったと言えるでしょう。

それぞれの商品については下で詳しく紹介するとして、ここで一つちょっと注意を。
装備品をブリスターから取り出す際、がっちり食い込んでいて非常に難しい場合があります。
無理をして破損してしまわないように気を付けましょう。

また、新しいミクロマン商品が出る度に破損や組み間違いなどの問題が発生していますが、今回私が入手した物(3セット分)については不具合は発見できませんでした。




ミクロマン ファルコン
アサシンフォース   AF-01


ナイフ状の武器「タクティカルメイトMT(LIGHT)」と、銃としてもトンファーとしても使用可能な「ミクロバスターM17」が付属。
ミクロバスターのシリンダーとグリップは取り外し可能ですが、グリップにはいささか問題があり、銃身をまっすぐにした状態では持たせることができないようです。
武器以外では、肩と足首に「エアロファイテクターCR9000」を装備。
タクティカルメイト(ナイフ状の武器)は肩部分に装着可能です。
また、足首部分にはミクロバスター用の巨大なホルスターを装着できます。
これら装備品のメッキパーツのゲート跡が、かなり目立つのが残念なところです。

頭部のメッキはただのシルバーではなくスモークがかかっており、かなり黒っぽく見えます。
この辺りは、好き嫌いが出てくるかもしれません。
また、同じく雑誌クアントからの商品「ジン」は首の可動範囲に問題がありましたが、ファルコンは大丈夫です。

ジンと比較すると、使用されている色数が増えているのは好印象。(写真参照)
ただ、肩のラインの太さが左右で違うなど、問題もあります。




アクロマノン
アクロレディ   ALV-01


氷のアクロレディということで全身がクリアパーツでできており、頭部のメッキパーツとも相まって非常に美しい仕上がりです。
おしりの「ICECuticle」の文字は、まあご愛敬ということで。(笑)
頭部はなんと7パーツ(頭本体・前髪・おさげ右・おさげ左・後ろ髪・後ろ髪右・後ろ髪左)から成っており、おさげと後ろ髪は可動します。
普段は後ろ髪の中に収納されている左右部分のパーツを、羽根を開くように展開できるのがおもしろいところ。
しかしこのボリュームのある髪型のせいで、頭の可動範囲はそれほど広くありません。

竪琴のような武器、「流水の調べ」が付属。
弦を上に展開させることができますが、かなりプラプラしているところがあります。
また、手裏剣状の武器「殺意の結晶」を、ホルスターパーツを装着することでももにセット可能。
装備品が少ないような印象ですが、頭部が非常に凝った作りになっているためだと思えば納得できるでしょう。




おまけ
二人の出会いを再現





おまけのおまけ
「ボル奴、至福の瞬間」

その1(文字をクリック)

その2(文字をクリック)




戻る



TOPへ戻る