その他いろいろミクロマン

ページ21




フィアナ with ヂヂリウムカプセル
ミクロマン ミクロアクションプラスシリーズ   MAP-01
タカラトミー   定価 3000円



装甲騎兵ボトムズのヒロイン「フィアナ(プロトワン)」と、彼女が第一話で収まっていた「ヂヂリウムカプセル」のセット商品です。

フィアナのボディは、ミクロアクションのレイやアスカ(プラグスーツバージョン)に続いて、ミクロレディVer.2素体を採用。
全体のフォルムはVer.1素体に比べてぐっとスマートになりましたが、首と足首の関節処理にいささか不満を感じます。

しかしこの商品の一番の魅力は、ヂヂリウムカプセルと言っていいでしょう。
フィアナはおまけ、という感じですね。(笑)
青色LEDにより発光する様子を実際に目にすると、かなりの感動があります。
付属のフィアナ用のカプセルとしてだけではなく、他にもいろいろと応用が効くというのもセールスポイントですね。
ミクロフォース以降のいわゆるミクロマン200Xシリーズはもちろん、昭和のオリジナルシリーズのミクロマンをカプセルに収めるのも、非常に楽しいです。
ミクロ好きにはぜひ押さえておいていただきたい商品ですね。
おすすめです。




商品パッケージは、中身の見えるオープンタイプ。
フックに引っかけるために、一部が箱から伸びている。(一番右の写真の右側)
またその部分は箱に収納することも可能なので、邪魔にならない。




セット内容。
アサシンフォースのパンフレットの他に、専用の解説書が付属。
頭は目を閉じた物と開いた物の2種。
手首は全部で11種×2。
そのうち4種×2は、非可動仕様。




フィアナのボディは、ミクロレディVer.2素体を採用。
従来の物に比べ、さらに人間らしい体型(ややスマート過ぎる?)になった。
特に背中から見たときに、Ver.1素体との違いが顕著。
頭部は2種付属するが、目を開いた状態の物はスキンヘッドとも相まってちょっと怖い。(笑)




Ver.2素体の問題点。
足首が従来のボールジョイントではなく斜めの一軸式になっているが、いささか扱い難い印象。
また首関節は頭部側のみのボールジョイント仕様だが、ほとんどボールジョイントとしての役目を果たしていない。
上を向いたり下を向いたりできず、結果として頭を左右に向ける程度にしか動かせない。
そもそも、首関節が頭部側のみの可動ということに問題を感じる。
首と足首の関節については、今後の改良を望みたい。




今回の商品のメインアイテム(?)、ヂヂリウムカプセル。
透明フードは取り外し式。
ベッド部分はメッキによる鏡面仕上げ。
劇中では透明フードの外にさらに装甲カバーがあったが、商品ではオミットされている。




写真の赤丸内がスイッチ。
バッテリーはボタン形電池「LR44」を3個使用。
商品にはテスト用電池が付属しているので、買ってからすぐに発光を楽しめる。




フィアナをカプセル内に寝かせたところ。
カプセルはフィアナと比較すると劇中よりも大きい印象。
しかしその分、フィアナ用以外にも多目的に使用できる。
カプセル内の目を閉じているフィアナは大変美しく、眠れる美女という感じ。




明るい場所で青色LEDを発光させたところ。
昼間でも発光を確認できるほどの明るさ。
青色LEDは、頭頂部と足下の合計2つ。




暗い場所で青色LEDを発光させると、こんな感じ。
この状態こそ、この商品の最大のセールスポイントと言える。
暗闇に浮かび上がる青色LEDの輝きは、非常に美しくて幻想的。
しばらくボーッと眺めてしまいます。(笑)




別売りのミクロアクションシリーズ「キリコ・キュービィー」と。
劇中第一話での、二人の初めての出会いを再現。








おまけ
「ヂヂリウムカプセルにいろいろ入れてみよう!」のコーナー。
まずは、ミクロアクションの綾波レイ(プラグスーツバージョン)。
ホワイトのパール塗装が光を反射している。
レイのキャラクター性とも相まって、ちょっと不気味な印象。(笑)




続いて、ミクロシスター ハンネ。
ボディはソリッドよりもクリア系の方が、カプセル内では見栄えが良いかもしれません。




次は、マノン。
ボディがクリアのため、LEDの光が透けて美しい。
後ろ髪が大ボリュームのため、カプセルにぎりぎり収まっているという感じ。
実は腰が浮いた状態です。(笑)




とどめは、M-101ジョージ(復刻版)。
昭和ミクロとの相性もばっちりです。
子供の頃、ミクロファンなら誰でもこんなカプセルを夢想したのではないでしょうか。(うっとり)







戻る



TOPへ戻る