その他いろいろミクロマン

ページ24




シグナサリー&シグナルリーセット
シグナレナリー&シグナキリーセット

ミクロマン・ヴェッカーシグナシリーズ MWS-01、MWS-02
タカラトミー   定価 各3500円


基本的に、過去に発売されたミクロレディ2・マァルとエリスを流用して作られている商品です。
マァルとエリスについては、こちらを参照して下さい。

まずは問題点から。
肩が白い塗料で固まっているケースがあります。
またミクロレディVer.2素体に共通の問題である首は、今回も改良されることなく左右にしか可動不能。
頭のデザインが往年の名特撮ドラマ「円盤戦争バンキッド」っぽくてかっこ悪いというのは、個人的な感想ですね。(笑)

次は良い点を。
発売前に雑誌などで発表された写真や、商品のパッケージに使用されている試作品はソリッドですが、現物は綺麗なクリア成形となっているのは高ポイント。
ただしクリア成形にも関わらず、本体の素材がセルロースプロピオネートではなくABS製なのが疑問の点です。

このヴェッカーシグナはキャラミクロではなく2007年のオリジナルシリーズとしてリリースされているようですが、ミクロフォース以降の流れが断ち切られてしまったのが非常に残念です。
本来の意味でのオリジナルシリーズの復活を、強く望みたいですね。




「シグナサリー&シグナルリーセットのパッケージ」
特典のDVDがまずドーンと目立つパッケージングに、ビックリ。
DVDは8分程度で、半分が新録、もう半分が本編のダイジェストとなっている。
新録といっても、春日さりあ(シグナサリー)役の葉月あいがラジオスタジオのような所で人形(レディ)と会話しているだけ。
よって、過度な期待は禁物。(笑)
箱の扉はマジックテープで固定されており、開けば中身を確認できる。
しかし、店頭でこの事に気が付かない人も多いようで、非常に問題を感じる。
扉に演じる二人の大きな写真と共に、直筆サインも描かれている辺りに、今回の商品の方向性が現れている。




「内容物一覧」
本体、レディヘッド、クロノセイバー、手首各種、スタンド。
演じる二人のミニカードが付属するが、裏は厚紙そのままの安っぽい作りなのが残念。
これでは、ミクロマンに興味がないジュニアアイドルファンの購入者はがっかりするのではないかと。
クロノストリングス(ピンクの帯状の物)はシグナルリー専用装備のため、一つしか付属しない。




「パンフレット」
これがミクロマン2007年度版のカタログとなる。
アサシンフォースやミクロレディ2などのオリジナル路線の商品については、全く触れられていないのが非常に寂しい。




「シグナサリー」
春日さりあがエクスターナルチェンジした姿。
クリア成形のボディが、思いの外に美しい。
ミクロレディVer.2素体に共通の問題である首だが、今回もやはり頭が左右にしか振れない。
(ボールジョイント接続であるにも関わらず)
ボディの元となったミクロレディVer.2素体とは頭のボールジョイント部分が微妙に違うが、良く動くように改良しようとは全く考えなかったようだ。
胸がSサイズなのは、エクスターナルチェンジ前を演じる葉月あいの実年齢が12歳(小学生!)だからだろうか。




「左もものマーキング」
時空刑事ヴェッカーの候補生「シグナ」であることを示している。




「レディヘッド装着状態」
シグナたちが持つ装備・シグナデヴァイスには、ミクロマンと同じサイズのサポートドロイド・レディが内蔵されている。
(シグナ以外の時空刑事も、同様のデヴァイスを所持している模様)
頭をレディヘッドに付け替えれば、そのサポートドロイドが再現可能となる。
つまりこの商品は、「1/1サイズのレディ」と「1/18サイズのエクスターナルチェンジ後」の両方を楽しめる訳である。
ちなみに付属の特典DVD内や本編では、サリーレディの胸はMサイズとなっている。
レディヘッドはサリー以外の3体にも付属するが、目と額の色が違うだけなので、以下の写真は省略する。




「クロノセイバー」
シグナサリーは剣技が得意という設定。
クロノセイバーは、サリー以外の3体にも付属する。




「シグナルリー」
夏沢るり香がエクスターナルチェンジした姿。
基本的な仕様はシグナサリーと共通。
エクスターナルチェンジ前を演じる彩月貴央が巨乳というわけでもないのに、なぜか胸はLサイズ。(笑)
また胸が大きすぎるせいか、開封時から左胸に肩アーマーと擦れたための傷があった。




「クロノストリングス」
リボン部分はビニール製。
購入者が自分で両面テープなどでグリップに固定しなくてはならない。




「シグナレナリー&シグナキリーセットのパッケージ」
シグナサリー&シグナルリーセットのパッケージと、同一フォーマット。
付属のDVDは、シグナサリー&シグナルリーセットの物とは異なった内容となっている。




「内容物一覧」
シグナサリー&シグナルリーセットと同一仕様。




「シグナレナリー」
冬木玲菜がエクスターナルチェンジした姿。
番組本編の実物スーツは、もっと赤みの強い紫だった。
玩具の試作品もそれに近い色だったが、製品版では普通のクリアパープルになっている。
これは単に玩具としてみた場合、シグナルリーと色が近い物にならなくて良かったのではないかと。
特に、首をすげ替えてオリジナルミクロマンを作ろうとしている者にとっては、この方がありがたい。(笑)
胸はMサイズとなっている。




「シグナキリー」
桐乃かすみがエクスターナルチェンジした姿。
ミクロレディ2・エリスから流用された肩のウイングが、クリアブラックのボディと良くマッチしている。
黒系の素体ということで破損が非常に心配だが、今回いじった段階では特に問題なし。
胸はMサイズだが、付属の特典DVD内ではキリーレディの胸はLサイズとなっている。




「左もものマーキング」
キリーはシグナ(候補生)ではなく時空特捜のため、左もものマーキングも他の3人とは異なる。




「レナリーvsキリー」
本編では任務に対する考え方の食い違いから、エクスターナルチェンジしていない二人が戦うシーンがあった。
(その様子は同梱の特典DVDに収録されている)
流石に私闘のためにチェンジの許可は下りないだろうが、ちょっと妄想。




「胸の大きさ比較」
奥のサリーはSサイズ、中央のルリーはLサイズ、手前のレナリーはMサイズとなっている。
キリーはレナリーと同じMサイズのため、省略。




「ヴェッカーシグナの3人+時空特捜」
こうしてズラッと揃えると、やはり見栄えが良いですねー。








おまけ
「ミクロレディ2・マァルとの比較」
こうして比べてみると、いかに流用部分が多いか分かる。
ミクロレディ2・マァルについては、こちらを参照してください。
オリジナルシリーズのミクロマン好きの私としては、今回のヴェッカーもメディカルフォースの一員としてマァルの同僚に脳内変換するつもり。
そこで試しに、ルリーにマァルの頭を乗せてみた。
無改造では取り替え不能で、ボールジョイントの根本部分を少し削る必要がある。
それにしても・・・・、商品の状態よりもマァルの頭を乗せた方がずっと魅力的に見えるは、何かの錯覚だろうか。(汗)














戻る



TOPへ戻る