トップ絵ギャラリー


サムネイルをクリックすると大きな画像が表示されます
なお、画像の作成には「Photoshop 7.0J」を使用しました


戻る


TOPへ戻る



2013年6月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第三弾。

アトラスです。
アクロイヤー側のイメージで画像を作ってみました。
クリアアーマーやクリアボディ、メッキ部分の光らせ方がポイントです。
背景の超高層ビルも自分で撮影しています。

2013年7月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第四弾。

メティスです。
アーマーの色が明るすぎていまひとつ好みではないので、
苦肉の策として暗闇でのシーンという設定に。
光っている頭部はCG加工です。
背景も自分で撮影した物を使用しました。

2013年8月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第五弾。

イカロスです。
アーマーの色が地味なので、陰影で立体感を強調。
光っている頭部はCG加工です。
背景も自分で撮影した物(東京ビッグサイト横の公園)です。

2013年9月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第六弾。

テセウスです。
夕陽を浴びてアーマーが輝いている感じを出してみました。
光っている目と頭部はCG加工です。
背景も自分で撮影した物を使用しています。

2013年10月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第七弾。

フォボスです。
腕組みをさせるためにアーマー類は未装着の状態。
背景は自分で撮影した物を使用していますが、
フィギュアの色や明るさのマッチングがいまひとつですね。(汗)

2013年11月
マグネフォース使用で合成画像というコンセプト、第八弾。

アキレスです。
若干逆光気味にしてクリアパーツを目立たせています。
背景は自分で撮影した物を使用。
光っている目と頭部は、いつも同様CG加工です。

2013年12月
マグネフォース、ラストは全員集合で。

逆光でクリアパーツの美しさを際立たせました。
某男性アイドルグループを意識し、
アルバムジャケット風にまとめてみました。

2014年1月
マグネフォース、おまけです。

LEDのトレス台を入手したので、それを撮影時のベースとして使用してみました。
サイバーチックな雰囲気が良く出ていると思います。
クリアパーツを活かすため、ボディアーマーは装着せずに撮影しました。

2014年2月
今回からのトップ画像は新コンセプト。
アッセンブルボーグのネクサス・アーモロイドを使用した、
ミクロマンコマンドが使用する探索型メカです。

まず第一回目はコマンド1号+アーモロイド使用による鳥型メカ。

平原や高地を飛行する自立型の探索用メカという設定です。
ナスカの地上絵から蘇ったコマンド1号が、
新たな仲間を探すべく未知の地上絵捜索に使用。
使用パーツはアーモロイド1体分です。

2014年3月
アッセンブルボーグのネクサス・アーモロイドを使用した、
ミクロマンコマンドが使用する探索型メカ。
第二回目は、コマンド2号+アーモロイド使用によるトライクです。

コマンド2号が新たな仲間を探す目的で、
エジプトの砂漠を走破する為に作った探索用メカという設定。
アーモロイド1体分以外のパーツは、
アッセンガチャで入手した物を使用しています。

2014年4月
アッセンブルボーグのネクサス・アーモロイドを使用した、
ミクロマンコマンドが使用する探索型メカ。
第三回目は、コマンド3号+アーモロイド使用によるホバービークルです。

コマンド3号が十和田湖の湖底に沈む古代遺跡など、
探索・調査の為に主に水上で使用するという設定。
機体先端の多目的大型ソナーレドームが特徴です。
ハンドルグリップ以外はアーモロイド1体分のパーツで作っています。

2014年5月
アッセンブルボーグのネクサス・アーモロイドを使用した、
ミクロマンコマンドが使用する探索型メカ。
ラストの第四回目は、レディコマンド+アーモロイド使用によるマスコットロボです。

ミクロ化した人間を主に精神面でサポートする目的で作られたが、
災害時には要救助者の発見につとめるという設定。
アーモロイド1体分のパーツで作っています。
という訳で第四回目まで結局ネクサスは使わず、
アーモロイドだけで作ってしまいました。
アーモロイドの汎用性は凄いです。



戻る


TOPへ戻る