リボルテックエキスポ'09 レポート

2009-10-31



この日秋葉原UDXにて行われたリボルテックエキスポ'09ですが、私はまず朝からラジオ会館へ。
というのは、アッセンブルボーグのジャークノイド側のアイテムが、トイトライブ3人のサイン入りで各30個ずつ限定販売されたからです。
また、トイトライブ3人がそれぞれ作り起こしたアッセンブルTシャツ(3種、各13枚ずつ)も限定販売されるとの事。
※アッセンブルTシャツのデザインについては、こちらを参照
という訳で、とりあえず開店前から並んでみました。
ラジオ会館前に着いたのは開店の1時間20分前くらいでしたが、まだ10人程度しか人が並んでいなくてちょっと拍子抜け。
結局その後の開店時にも列は20人程度にしか伸びず、アッセンブルボーグの今後に大きな不安を抱いたり・・・・。(汗)
とにかく、サイン入りのエグゾと、ドゥームダイバーのTシャツを購入しました。




「サイン入りのエグゾ」
サインは外箱のみで、中は普通のエグゾ。
以前にアッセンブルボーグWEBコンテストの佳作の副賞として頂いた、
サイン入りドゥームダイバーは中のブリスターにもサインが入っていましたが、
今回は中のブリスターにはサインはありませんでした。
これは差別化を図る意味でも、良かったのではないかと。
また、箕輪さんがサインと一緒に「2009.REVO.EXP!」と書いて下さっているので、良い記念になりそうです。




「箕輪さんデザインによるドゥームダイバーTシャツ」
トイトライブ3人のデザインによる、作り起こしのTシャツも販売されました。
内藤さんのミスターアッセンブル、神宮司さんのバレルズスピーダー、箕輪さんのドゥームダイバーと3種のデザインがありましたが、
私は一番気に入ったドゥームダイバーの物を購入。
サイズはLのみだったようです。
ちなみにTシャツ製作にかかった費用はみなさん自腹で、利益は無しとか。
トイトライブのみなさんの、そういう所が大好きです。(笑)




「おまけのスペシャルアッセンブルパーツ」
Tシャツを購入すると、レジで「トイトライブからのプレゼントです」と言って手渡される謎の小袋。(笑)
中身は、おまけのスペシャルアッセンブルパーツでした。
ちなみに、手渡されるパーツはどれもエグゾの物だったという噂です。




「噂のアッセンブルマンに遭遇!」
レジを出ると、そこにはあのアッセンブルマンの姿が!

「写真を撮ってもいいですか?」と聞いたら、無言でコクコクと頷かれていました。
撮った後、「ネットでさらしてもいいですか?」と聞くと、しばらく小首を傾げて考えるポーズ。
その後、隣にいた仲間の人(トイトライブの方でしょうか?)にヒソヒソと耳打ちし、
その人が「どんどん宣伝して下さいだそうです」と通訳していました。
着ぐるみだからか、「アッセンブルマンは喋ってはいけない」という戒律を自らに課しているようです。(笑)








さて、ここからはリボルテックエキスポ'09の会場内の様子です。



「エイリアン」
グロス仕上げの塗装が素晴らしく、大いに期待出来そうです。




「特撮リボルテック」
怪獣やらブースカやら、実に多方面なラインナップ。




「試遊台」
会場内には試遊台があり、実際にいじってみる事が出来ました。
発売前の製品に触れられるというのは、実に良いですね。




「ジャイアントロボ」
試遊台にあった物もそうですが、ウェザリングも含めて塗装が大変素晴らしかったです。
製品版もこのクオリティーで発売される事を期待したいです。
付属の手首に、指のロケットミサイルが露出した物がある点に注目。




「アッセンブルボーグ」
ショーケース2つ分の地味な展示。
昨年のリボエキスポでの大攻勢とはうって変わって、大変寂しいです。
※昨年のリボエキスポについては、こちらを参照
結局、第三章の正式発表も無く、非常に残念。
先行きが不安です。(怖)
何としてでも、善・悪の変身セットとトライストライカー・ハデスポッドは発売して欲しいですね。




「北斗の拳」
カイオウのボリューム感が凄いです。




「雑誌の付録など」
リボルテック以外に、雑誌の付録やゲームのおまけも展示されていました。




「クイーンズブレイド」
最上段左、 カトレアの胸が凄い事に・・・・。(笑)




「アーバレストなど」
現在プレ値になっているレーバテインの再販は嬉しいですね。




「三段変形バルキリー」
太もも上のリボ球がちょっとアレかなーと思っていたのですが、2400円という値段にビックリ。
この値段でこの内容なら、何も文句はございません。




他にも、
ゾイドのブレードライガー、ゲッターロボ號、グレンダイザー、
ジャック・スケリントン(ナイトメアー・ビフォア・クリスマス)、バットマン、T-rex(ジュラシックパーク)
などが展示されていましたが、撮影禁止でした。




「またまたアッセンブルマンに遭遇!」
会場を出ると、そこにはまたアッセンブルマンの姿が!
こんな格好なので、目立つ目立つ。(笑)




「会場で配布された物」
チラシやリボコンテナなど。
リボルテック読本には、2点のリボチップが付属。
何気に2点のリボチップは、今回初めて見ました。




まとめ
アッセンブルボーグ第三章の正式発表があると思っていたので、それが無かったのは非常に残念でした。
アッセンブルボーグ関係については、展示も昨年のリボエキスポや前回のワンフェスと比較してだいぶパワーダウンしており、
今後の展開に不安を感じました。
しかしそれ以外のリボルテックシリーズは、展示内容からも分かる通りに元気そのものといった感じ。
ジャイアントロボやエイリアンなどがとても良く出来ていたので、製品版を手に出来る日が非常に楽しみです。




TOPへ戻る