超合金新ブランド発表会 & 8・9月内覧会レポート

2010-05-18



2010年5月18日、東京のバンダイ本社にて、「超合金新ブランド発表会 & 8・9月内覧会」が実施されました。
本来こういった事はマスコミ相手にされるものですが、今回は魂ウェブ上にて一般ブロガーに対する参加募集も行われました。
うちも応募してみた所当選したので、今回はそのレポートをお届けします。

まずは「超合金新ブランド発表会」の前に、「8・9月内覧会」がありました。
この夏発売予定の新製品がズラッと並ぶという、非常に心躍る催しです。
広い会議室にカテゴリー毎にいくつものブースがありましたので、そのブース毎に紹介していきましょう。





「COMPOSITE Ver.Ka」
グレンラガンとランスロット・アルビオンです。
グレンラガンは、ギガドリルの造形が秀逸。
螺旋が単純なラインではなく、ギザギザになっている点に非常に惹かれました。
ランスロット・アルビオンは、文句なしの格好良さ。
ネットで試作品を見てすぐさま予約注文してしまったのですが、試作の実物を目の当たりにして、
やはり予約しておいて良かったと思いました。




「SD ∞(INFINITY)」
SD体型のメサイアバルキリーとニルヴァーシュ。
それぞれ変形まで可能なようです。
個人的にSD関係はあまり興味が無いので、サラッと流します。(汗)




「超合金魂」
飛影関係の試作が展示されていました。
ブースの上の段は、飛影(アクションタイプ)&鳳雷鷹。
下の段は、飛影(変形タイプ)&黒獅子です。
アクションタイプの飛影がバリ体型で、とにかくカッコイイ!
獣魔と空魔もそれぞれフォルムが特徴的で、かなり物欲を刺激されました。
番組本編に馴染みが無いため最初はスルー予定だったのですが、2つともかなり欲しくなってきています。




「ULTRA-ACT」
フィギュア単体と簡単なジオラマでの紹介。
ウルトラマンゼロはこの日初めての公開という事で、注目を集めていました。
しかしこのポーズ、なぜだかエガちゃん(江頭2:50)っぽい気がして・・・・。(笑)




「GFFN NEXT GENERATION」
フルアーマーユニコーンガンダムが展示されていました。
豊富に付属する装備類が、実にいいですねー。




「ROBOT魂」
ストライクフリーダムガンダムは、この日初公開との事。
エフェクトパーツが凄いボリュームでした。
他に、デナン・ゾンやデナン・ゲーなども展示されていました。




「超造形魂 ゴッドイーター」
よく知らないので、サラッとスルーします。(汗)




「超造形魂各種とPPP」
注目はブース下段のPPP。
とある科学の超電磁砲と仮面ライダーWのキャラたちが、非常に可愛く造形されています。
それぞれのポーズや表情、付属する小物もいい感じ。
女性にも好かれそうな商品ですね。




「FORMANIA」
9月発売予定のサザビーが展示されていました。
とにかく、各パーツの情報量が凄い。
ぜひこの密度で、胸像ではなく全身を立体化してほしいと思いました。
(値段がすごい事になりそうですが・・・・)




「聖闘士聖衣神話」
ゴメンナサイ、ここもサラッとスルーします。(汗)




「S.H.Figuarts」
新製品の試作がゴロゴロ飾ってあって、大興奮ものでした。
ファイズはネットで試作写真を見た時はかなり太いと思いましたが、実際に目にするとそうでもない感じ。
ナスカ・ドーパントは「ファングジョーカーと連動!」と後ろに書かれていたのですが、
担当の社員さんによると特に深い意味はなく、一緒に遊んで欲しいというくらいの意味だそうです。
ナスカ・ドーパントの発売は、ほとんど決定とのお話でした。
ハードボイルダーは、ブースターユニットの細かいディテールが非常にいい感じ。




「マクロスF関係」
DX超合金 ケーニッヒ・モンスターは、かなりのボリュームで期待大。
他に、VF HI-METAL. VF-19S ブレイザーバルキリー (エメラルドフォース機)などの展示もありました。




「春夏新商品コーナー」
ROBOT魂の試作品など。
カプルは、製品版ではお腹の中のパーツにもっと立体感が出る事を期待したいですね。




「パッケージ」
まだ発売されていない商品群のパッケージ案も展示されていました。
右の写真中段、「S.H.フィギュアーツ ワンピース 8月より登場!」の文字に注目。
ワンピース関係は立体物がいくつか展示されていましたが、どれも撮影禁止でした。




「S.I.C. VOL.55 仮面ライダーストロンガー&電波人間タックル」
9月発売のこの商品も色彩試作が展示されていましたが、残念な事に撮影禁止。
2体とも非常に素晴らしいアレンジで、家に帰宅後すぐさまネットで予約してしまったほどです。(笑)
ストロンガーは胸の中と目がLEDで発光するギミック入り。
ただ、光量はそれほどでもないという印象でした。






内覧会は1時間ほどで終了し、今度は別の会議室に移動して「超合金新ブランド発表会」が開始されました。
着席して分かったのですが、ブロガーは総勢30名ほど。
マスコミ関係者もほぼ同数ほどだと思います。

発表されたブランド名は「スーパーロボット超合金」との事。
※公式サイトはこちら
そのコンセプトが公式サイト内のこちらに非常に分かりやすくまとめられているので、ぜひ興味のある方は一読する事をオススメします。
これと同じ内容のパンフレットが、当日会場でブロガーに配布されました。

簡単にまとめると、ポイントは「従来の物より小さいスーパーロボットの超合金」という事。
全長140mmと小型ですが、関節可動は従来の超合金魂を凌ぐ物があり、金属パーツを使用した重量感もあるという事です。
また小さい事によるメリットとして、価格的・ディスプレイスペース的に集めやすいという事が挙げられました。
たくさん集めて共闘・対決など、自分だけのスーパーロボット軍団を組織し、遊んで欲しいとの提案でした。
「ゲームのスーパーロボット大戦を机上で再現」というのがコンセプトだという事が、非常によく分かりました。
それはこの発表会の途中でゲストとしてスーパーロボット大戦の寺田貴信プロデューサーが登場し、
トークショーが行われた事からも伝わってきます。

また、超合金魂はこれからも続けていくとの事でした。
スーパーロボット超合金は変形・合体はオミットする分、小型で可動重視。
一方、超合金魂はそれらを総合的に再現するというコンセプトで、それぞれ別に進行させていくようです。

コンセプトの説明後は、各種試作を見たり実際に触れる機会が設けられました。



「メインオブジェ」
スーパーロボット超合金カテゴリー内の各アイテムが一堂に会したディスプレイ。
岩場とロゴの立体的レリーフには、子供の頃に見た超合金のCMの影響からか、妙にワクワクさせられます。(笑)



「試遊コーナー」
試作品を実際にいじる事も出来ました。
左の写真、後ろの手との対比で大体の大きさが分かると思います。
(手は女性なので、少し小さいと思います)

現物を見た時にまず感じたのは、「小さい!」という事。
そして手に持ってみると、大きさの割に意外と重いと感じました。
社員さんによると金属パーツは脚部中心との説明でしたが、
この大きさでこの重さなら「超合金」の名を冠しても妥当というのが感想。
またヒザにはクリックがあり、小気味好くカチカチと音を立てていました。



「ラインナップ」
ラインナップに予定されている物の試作が、ズラリと展示されていました。
アニメ・特撮・ゲーム、そして過去から現在の物まで、非常に幅広いラインナップなのが特徴的です。

ここで男性の社員さんと少し個人的にお話が出来たのですが、この幅広いラインナップには訳があるとか。
例えば特撮系ではサンバルカンロボとシンケンオー、ライディーンでは勇者版と超者版がありますが、
これはどの年代の商品が受けが良いのかというのテストの意味もあるとの事でした。
メーカーとしてもまだ手探り状態のようです。
またサンバルカンロボと一緒にジャガーバルカンは出ないのかと質問した所、
今回試作を作ろうかとも思ったが、手軽に楽しめるという基本コンセプトから外れるため止めたとのお話。
ただ、いずれ基地系は出したいとの事でした。
お気に入りのロボットをズラッと格納出来る「オレキチ」というコンセプトは非常に魅力的に感じたので、
その旨感想をお伝えしました。
そして最後に、個人的に特撮系のラインナップの充実をお願いしました。
具体的にはレッドバロンとマッハバロンをぜひとお伝えした所、
「なるほど、レッドバロンですかぁ〜」と妙に感心されたご様子。(笑)
アンケートなどでもいろいろな名前が挙がりますが、
正直あまりにも多岐に渡るので一つ一つの名前の印象はどうしても薄くなってしまうとの事。
こういう会場での「これが欲しい!」という直接の要望は、非常にありがたいとのお話でした。
社内プレゼンの時などでも、実際にお客さんからこういう声が出ました!と言うと、説得力が違うそうです。(笑)
全般を通して非常に熱っぽく語っておられたので、この方はホントにこの仕事が好きなんだなーと感じました。





まとめ

発売前の試作品を実際に見られるという機会は、非常に面白いですね。
こういう機会はぜひこれからもたくさん設けていって欲しいです。
実は既に、22日から全国5大都市をまわる「スーパーロボット超合金 プレビューキャラバン」が決定しているので、
一般の方も興味を持たれたらぜひ参加してみて下さい。
今回の発表会が小さくなってそのまま全国をまわるイメージとの事です。
※詳細はこちら



そういえば今回初めてバンダイ本社内のエレベーターに乗ったのですが、
エレベーター内のアナウンスが声優の古谷徹さんだったのには驚きました。
アムロの声で「3Fに着きましたぁ。上に行きまぁぁーすっ!」と言っていましたよ。(笑)
また別のエレベーターでは、俳優の藤岡弘、さんのアナウンスが。
「1Fに着いたぞっ!」と熱く語っていました。(笑)








TOPへ戻る