魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー レポート

2012-04-28



4月28日29日と二日間にわたって秋葉原のヨドバシカメラにてバンダイのイベント、
「魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー」が開催されました。
その様子をざっくりとレポートしてみたいと思います。

会場ではこれから発売が予定されている商品のサンプルが多数展示されていました。
ただし私は自分の興味のある物しか撮影しておりませんので、
これが展示物の全てという訳ではありません。
予めご了承ください。

また本文中で「まだ発売されるかどうか分からない」と書いてある物以外は既に発売が決定しています。
発売時期や予価についてはバンダイの公式ページをご覧下さい。

なおこれまでは各種レビュー撮影にコンパクトデジタルカメラを使用していましたが、
今回から一眼デジタルカメラを使用しています。

※当日は非公認戦隊アキバレンジャーの握手会も開催されましたが、
そのレポートはこちらをご覧下さい
(レポートは29日の握手会のものとなります)




ROBOT魂 「ビルバイン」 、ROBOT魂 「ダンバイン」
両アイテムともまさしく絶妙なプロポーション。
ぜひこのまま劣化する事なく発売されて欲しいものです。
またビアレスやライネックなどあまり立体化に恵まれていなかったオーラバトラーも
ぜひこのシリーズでどんどん発売していって欲しいですね。





ROBOT魂 「ウォクス・アウラ」
予価や発売時期の書かれた説明カードすら無かったので、おそらく本当に試作の試作というような物が置いてあったのだと思います。





スーパーロボット超合金 「大獣神」
前作「マジキング」はかなりきつめのアレンジでしたが、今作は非常にオーソドックスなスタイルでの立体化。
こういう方向性もまた良いですね。





スーパーロボット超合金  「アーマード・コアV UCR-10/A」
ディテールが非常に細かく、カッチリとシャープな点に好感が持てました。
スーパーロボット超合金カテゴリとしてはまさに異色アイテムの立体化ですが、
今後ラインナップをどのように膨らませていくのか興味津々です。





スーパーロボット超合金  「真マジンガーZ」
背中に装着したゴッドスクランダーが大迫力で非常に格好いいですね。





スーパーロボット超合金  「マイトガイン」
例のポーズで展示されていました。
このポーズのためにパースの付いた動輪剣も商品に付属するというのがニクイですね。
左にあるのはキャンペーンで貰えるトライデントステージ。
3体同時に飾れるというスタンドです。





ROBOT魂 「サザビー」
かなりの大きさとボリュームでビックリです。





ULTRA-ACT 「ウルトラマン」
ULTRA-ACTとして最初に発売された物を全面的に改修したリニューアル版です。
最初に発売されたものは身体の赤い部分が明るいオレンジに近い成型色で非常に安っぽい印象でしたが、
最近の商品では関節部などを除いては全塗装となっています。
もちろんこのリニューアル版・初代マンも全塗装となる様子。
可動範囲も向上しているようです。
また右の写真は別売りのブラザーマントを装着した状態。
堂々としたスタイリングが素晴らしいですね。





ULTRA-ACT 「ウルトラマンマックス」
ここでマックスとは、ちょっと意外なタイミングでの立体化。
とりあえず「命」のポーズでの展示ではなくて良かったです。(笑)





ULTRA-ACT 「レッドキング」
同カテゴリとしては久々の怪獣ですね。
個人的には星人もバンバン製品化していって欲しいです。





S.I.C. 「仮面ライダーオーズ タトバコンボ」
最近のS.I.C.はデザインにイマジネーション成分が少なくておとなしめだったのですが、
これは久々に大きなアレンジですね。
生物感の溢れる造形が素晴らしいです。
クリアパーツの使い方も秀逸だと思います。







S.H.Figuarts 「仮面ライダーストロンガー」
大きな頭部などアレンジ成分少なめで実にストレートな造形は、評価の分かれる所かもしれません。
しかし先日亡くなられた俳優の荒木しげるさん追悼の意味でも、ぜひ入手しておきたいアイテムです。





S.H.Figuarts 「仮面ライダーV3」
形状把握の難しいデザインの頭部を見事に立体化していると思います。
ただしマスクの口部分の塗り分けは無さそう。
しかしこの大きさならばその方が良いのかもしれません。





S.H.Figuarts 「仮面ライダーライア」、S.H.Figuarts 「仮面ライダータイガ」、
龍騎系ライダーも着実に増えてきました。
ぜひこの調子で最後まで完走して欲しいと思います。




S.H.Figuarts 「仮面ライダー電王ソードフォーム」
劇中でも派手なアクションが目立ったソードフォームだけに
可動範囲の広いS.H.Figuartsでの立体化は嬉しいですね。





S.H.MonsterArts 「キングギドラ」
とにかく笑っちゃうほど大きいです。
前後左右上下のボリューム感が普通ではありません。
購入時は自宅の展示スペース確保に注意が必要です。





S.H.MonsterArts 「ファイヤーラドン」
かなり地味目なアイテム選択だと思うのですが、果たして売れるのでしょうか・・・・。






S.H.Figuarts 「非公認戦隊アキバレンジャー」
アキバヨドバシ前に立つ3人を立体化したジオラマがありました。






S.H.Figuarts 「特設コーナー」
アキバレンジャーを中心としたディスプレイです。
まずはその全体像から。





「モエモエズキューン」
アキバレンジャーの3人が重妄想(変身)する際に使用する変身アイテム。
おそらく1/1スケールでの立体化だと思いますが、かなりの大きさでした。
試作サンプルということで全塗装されており質感もバッチリ。
まだ実際に発売されるかどうかは決まっていませんが、
このクオリティならぜひ買いたいと思いました。
おそらく魂web限定で1万円くらいになるかな?と予測しています。





S.H. Figuarts 「アキバレッド」
魂web限定ではなくまさかの一般販売。
かなり強気です。(笑)





S.H. Figuarts 「アキバブルー」
正直番組を見る前はあまりこれらの商品に興味が沸かなかったですね。






S.H. Figuarts 「アキバイエロー」
しかし実際に番組を見たらメチャクチャ面白くて・・・・。
予約開始早々に3人とも注文してしまいました。





「イタッシャーロボ」
こちらもまだ発売されるかどうか分からない参考展示アイテム。
S.H. Figuartsと同スケールでマシンイタッシャー(ビークル形態)からの変形が可能。
とにかくメチャクチャ大きかったです。
(左の写真、アキバレッドたちとの大きさを比較して下さい)
もしも発売されるとしたら魂web限定で2万円くらいになるかな?と予測していたのですが、
この現物を見たら3万円くらいまで行ってしまいそうな気がしました。





「マシンイタッシャー」
S.H. Figuartsと同スケールという事で、約1/12スケール。
写真のビークル形態でもかなりの大きさがありました。
全面のイラストは多少粒子感が目立ちましたが、これは試作ゆえの事だと思います。





S.H.Figuarts 「デカレッド」
今回展示はされていませんでしたが、アキバレンジャー劇中に登場した「大それた力」デカワッパーも付属。






S.H.Figuarts 「ボウケンレッド」
こちらもアキバレンジャー劇中に登場。
S.H.Figuartsの戦隊枠は今後は作品ごとにコンプリートしていくのではなく、まずレッドのみを立体化するという方針のようです。
しかし結局レッド以外は発売されないという事態が発生しそうで凄く怖いですね。(汗)






S.H.Figuarts 「レッドホーク」
こちらはまだアキバレンジャー劇中に登場していませんが、もしかしたらその予定があるのかもしれません。





さてここで場所を「魂 ネイションズ AKIBAショールーム」に移してみましょう。
様々な展示がありましたが、ここではアキバレンジャーに関する物だけをご紹介します。
まずはS.H. Figuartsを使用したジオラマ。
名乗りの後に背後で大爆発が起こるという劇中のシーンを立体化した物です。
バックにあるのはあくまでも爆煙で、巨大なシュークリームではありません。(笑)





S.H.Figuarts 「マルシーナ」、S.H.Figuarts 「シャチーク」
これらは参考出品であり、まだ発売が決定している訳ではありません。
しかしマルシーナの出来が秀逸ですね。
ふと気が付いたのですが、S.H.Figuarts枠で実在の人物(人間)の立体化というのは非常に珍しい事です。
過去に「ハナ19歳Ver.」があっただけではないでしょうか。
その「ハナ19歳Ver.」はアニメ寄りに逃げたアレンジでお世辞にも良く出来ているとは言えなかったのですが、
このマルシーナは本当に素晴らしい出来栄えです。
ぜひぜひこのクオリティのままで販売までこぎつけて欲しいものです。
一方シャチークの方は私はあまり食指が動かないなーと。
しかし背広姿の一般素体として意外と需要があるかもしれませんね。









TOPへ戻る