魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 レポート

2013-04-27



4月27日28日、昨年に続き今年も二日間にわたって秋葉原のヨドバシカメラにて
バンダイのイベント「魂キャラバン」が開催されました。
今年のタイトルは「魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」。

会場ではこれから発売が予定されている商品のサンプルが多数展示されていましたので、
その様子をざっくりとレポートしてみたいと思います。
ただし私は自分の興味のある物、そしてまだ発売されていない物しか撮影しておりませんので、
これが展示物の全てという訳ではありません。
予めご了承ください。

※当日は非公認戦隊アキバレンジャーの握手会も開催されましたが、
そのレポートは日を改めてアップの予定です。





「S.H.Figuarts デリューナイト」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定 受注販売)
注文の締め切りは5月7日(火)23:00までです。
お早めに!





「S.H.Figuarts 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 シリーズ」
超アキバレッド、アキバブルー(シーズン痛Ver.)、アキバイエロー(シーズン痛Ver.)の3体。
いずれもプレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定ではなく、一般販売となります。
超アキバレッドのマフラーは赤だったのですね。
初めて気がつきました。





「S.H.Figuarts 公認戦隊 シリーズ」
アキバレンジャー シーズン痛に出演した公認様の戦隊も次々に発売されます。
なおリュウレンジャーやティラノレンジャーの胸に穴が開いていますが、
これは展示用試作品故の事情で、製品版ではきちんと塞がれているはずです。

リュウレンジャーはメチャクチャ格好良いですね。
肩の角ばった形状が少し気になりますが、おそらく実際にいじり始めたらそれほど気にならなくなると思います。
足首関節はボールジョイントではなく軸関節の組み合わせなので、可動範囲が広いのも良い点です。
手持ち武器も豊富に付属するようですが、大輪剣とダイレンロッドのヤイバーは取り外し出来ないようなので、
ヤイバー無しの物をもう一つずつ付属させて欲しい所です。

キバレンジャーは安定の出来の良さ。
白虎真剣の口が開閉すると良いのですが、サイズ的に難しいかもしれません。
「お届け月 2013年9月」と書かれてある事から、プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定となるようです。

ティラノレンジャーは袖口(手首部分)が少し太いような印象。
龍撃剣の細かい塗装は素晴らしいです。

ドラゴンレンジャーは文句無しのカッコ良さ。
付属の手首で獣奏剣を吹くポーズも取れるようです。
ドラゴンアーマーは取り外し出来ないようですが、
後にアームドティラノレンジャーをプレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定で発売するつもりなのかもしれません。

とにかくレッドや追加戦士だけではなく、ぜひぜひチーム全員を同ラインナップで発売して欲しいと思います。
戦隊シリーズの番組本編中にも怪人の「全員揃わぬ貴様らなど敵ではないわっ!」というセリフがよくありますが、
やはりチーム全員が揃ってこその戦隊なのですよね。
一般販売が無理でも、プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定でも良いので強くお願いしたい所です。





「DX MMZ-00 モヤモヤズキューーン」
基本的には現在発売中のDX MMZ-01 モエモエズキューーンのリデコ商品ですが、
サウンドギミックに使用される音声が新規録音されている点がポイント。
穂花さん演じるマルシーナの声や鼻唄も劇中通りです。
秋葉原では展示のみでしたが、5月3日の川崎ヨドバシでの
魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛では試作品のタッチ&トライコーナーがあり、
そこで実際に遊ばせてもらいましたが、まさしく劇中通りのアノ音声でした(笑)。






「S.H.Figuarts ボウケンブラック&ボウケンブルーセット」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
各個人武器も付属するのは嬉しいですね。
ぜひ残りのボウケンイエロー&ボウケンピンク、そしてボウケンシルバーも発売して欲しいです。
やはりチーム全員が揃ってこその・・・・(以下略)





「S.H.Figuarts 仮面ライダー ブレイド」
新素体を使用したというボディラインや可動など、
この試作の段階で既に文句のつけようのない出来の良さだと思います。
まだ発表されていないギャレン、カリス、レンゲルにも期待が高まりますね。





「S.H.Figuarts 仮面ライダー X」
「S.H.Figuarts アポロガイスト」
(アポロガイストはプレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
Xは胸部分の分割をかなり上手く考えた感じ。
アポロガイストは残念ながらパーツの付け替えで再生アポロガイストにも出来る仕様ではないようです。





「S.H.Figuarts 仮面ライダー 旧1号」
「S.H.Figuarts サイクロン号」
(サイクロン号は参考出品と書かれていますが、2013年8月の一般販売が決定済み)
旧1号の造形は素晴らしいのですが、色に対しては非常に不満があります。
コンバーターラング(胸)と手袋とブーツはもっと彩度を落として。
またCアイ(目)は薄いピンクで。
色については旧1号の印象を決定付ける大きな要素なので、ぜひともキッチリと再現して頂きたいですね。
そういえば仮面ライダー カイザの目の色が劇中では紫なのに、
S.H.Figuartsでは青く塗装されていたという事も過去にありました。
退色・変色ならともかく、発売時から劇中の色と違うというのは問題アリと言わざるを得ません。

サイクロン号に関してはむしろ発表・発売が遅すぎるという感じです。
やはり仮面ライダーはバイクに乗ってこその存在。
バイクとフィギュアは不可分なセットとして扱われるべきものではないかと思います。
バイクの無いライダーなどライダーとしての価値は半分だと考えているのは私だけでしょうか。
ぜひ新サイクロン、ハリケーン、クルーザー、ジャングラー、カブトローなども発売して頂きたいです。





「S.H.Figuarts マシンウィンガー」
仮面ライダー フォーゼのS.H.Figuarts マシンマッシグラーの売れ行きを見る限り、
現行ライダーでもバイク玩具はあまり売れていないようです。
仮面ライダー Wのハードボイルダーに比べると、マッシグラーの出来はかなり良いのですが・・・・。
そんな中で現在放送中の仮面ライダー ウィザードからマシンウィンガーを一般発売するというのは、
実はかなりの冒険&サービスだったのではないかと。
ありがたい事です。





「S.H.Figuarts ショッカー戦闘員」
この展示だと2体セットでこの値段のようにも見えますが、1体でこの値段です。
数をたくさん揃えたい&シンプルな造形・塗装という事で、もう少し値段が安かったら嬉しいのですが・・・・。





「S.H.Figuarts 仮面ライダー シザース」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
フィギュアーツ・龍騎シリーズは安定して出来が良いですね。
ぜひ契約ミラーモンスターのボルキャンサーも同ラインナップで製品化して欲しいです。









さてここからは「魂ネイションズ AKIBAショールーム」での展示についてのレポートです。
やはりここでも自分が特に気になったアイテムのみを撮影しています。





「S.H.Figuarts 仮面ライダー シザース」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
照明が違うと金色の色味も違って見えますね。





「S.H.Figuarts 宇宙刑事ギャバン typeG」
「S.H.Figuarts 宇宙刑事シャリバン」
「S.H.Figuarts 宇宙刑事シャイダー」
(いずれもプレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
3体ともメッキのキラキラ感が素晴らしいですね。
撮影時にギャバンをtypeGではなく普通のギャバンだと思っていたので、単品撮影は無し。
(既発売アイテムなので)
早くギャバン・シャリバン・シャイダーの3体を揃えて、
シャイダー 第49話(特別版) 「3人の宇宙刑事 ギャバン シャリバン シャイダー大集合!!」を再現したいです。





「ROBOT魂 <SIDE HM> エルガイム(最終決戦仕様)」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
通常のROBOT魂 <SIDE HM> エルガイムも素晴らしい出来だと思っていましたが、
今回は全塗装、さらにバスターランチャーも付属するという事で予約してしまいました。





「S.I.C. 極魂 装甲機ゴウラム」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
写真の状態にするには、別売りのトライチェイサー2000と仮面ライダー クウガ・マイティフォームが必要です。
全ての合計は定価だと9555円とかなり高額な物に(汗)。






「魔戒可動 黄金騎士 牙狼 流牙Ver」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
緻密な造形は相変わらず素晴らしいですね。





「S.H.Figuarts リュウレンジャー」
「S.H.Figuarts ティラノレンジャー」
「S.H.Figuarts ドラゴンレンジャー」
こちらのショールームにも公認様の展示がありました。
ティラノレンジャーはレンジャースリンガーを構えた状態。
ドラゴンレンジャーは魔剣ヘルフリードを構えた改心前の状態です。





「S.H.Figuarts ボウケンブラック&ボウケンブルーセット」
(プレミアムバンダイ 魂ウェブ商店限定)
こちらは装備・ポージング共に魂キャラバンの展示とあまり変わりませんでした。





「アキバレンジャー シーズン1関連商品」
上段2枚は召還に応じて公認様が出現したシーンのイメージ再現。
飛び跳ねて喜ぶイエロー、ガッツポーズのレッド、その二人を見てやれやれといった様子のブルー。
この辺りはまるで3人のセリフが聞こえてくるかのようですね。
下段はイタッシャーロボの前で決めポーズの3人。
やはりイタッシャーロボのこの大迫力は凄いです。





「DX MMZ-00 モヤモヤズキューーン」
こちらではフィギュアモードも展示されていました。





「S.H.Figuarts 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 シリーズ」
リュウレンジャーは写真のようにパーツの変更でチャイナレッド仕様にする事も可能。
ほとんど同じ物なのに、ポージングだけでこうもバカッぽくなるというのは驚きです(汗)。





以上、「魂キャラバン featuring 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」のレポートでした。
発売前のアイテムをこうして実際に間近で見られるというのは、非常に嬉しいですね。
また写真撮影も可なのがありがたいです。
こうしたイベントはぜひこれからも定期的に行って欲しいと思いました。













TOPへ戻る