ミクロマン以外のおもちゃ

ページ04



DXサンダーバード2号
バンダイ  定価8800円

1992年に発売されたものです。当時すごく欲しかったのですが、お金がなくて買えませんでした。それを先日、某ネットオークションで新品を入手。例によって、シールはパソコンで複製したものを使用しています。
とにかく、でかい!子供には過ぎたる大きさです。(笑)
プロポーションは、実物はもう少し寸胴かな?という気もしますが、まあこれは個人の主観によって様々な意見があると思います。
そういえば、ハリウッドでサンダーバードを映画化するという噂はどうなったのでしょうか?「謎の円盤UFO」のように、人形ではなく人間が登場人物を演じるとのことでしたが。
見たい!
※その後、日本では2004年8月に公開が決定しました。

おまけ  「大型トランスポーター大集結」




ビッグポーター
セガ  定価4980円位だったような気がします



「赤い光弾ジリオン」に登場した、ホワイトナッツ専用大型輸送機のおもちゃ。放映当時に買ったものです。
劇中同様、3機のキャリッドマシンをドッキング可能。キャリッドマシン側の溝を削り、より深く本体に接続できるように改造してあります。
スミイレなどを行えば、かなり見栄えが良くなるのではないでしょうか。







ウルトラマンコスモス「テックサンダーセット」
バンダイ  定価3300円


大変気に入りました。
まず、パーツの付け替えでシルエットが大きく変わるというプレイバリューの高さ。そしてそのそれぞれのデザインのかっこよさ。金属部品を多用した重量感と適度な大きさ。ドッキング部のメカニカルなスジボリ。収納可能なランディングギアなど、これまでの平成ウルトラメカに比べてかなりの満足感です。
ただ、これまで同様軟質樹脂製のパーツがあり、それが印象を少し悪くしています。まあこれは対象年齢の関係上、どうしようもないことなのだと思います。
なお最後のミクロマンとの画像は、大きさの比較のために用意したものです。







地球防衛艦隊旗艦「沖田艦」
タイムハウス   定価7500円
(注 イベント・通販限定品)


ソフビ製なので細かい歪みや曲がりはありますが、あの沖田艦をこの大きさで手にできるというのは、ヤマト直撃世代にとっては大変感動的なことです。
艦全体のウェザリングは適度で、巨大感をうまく演出していると思います。
下部の砲塔をはめ込む際には、ドライヤーを使用して部品を柔らかくした方がいいようです。
先着1200個には水中モーターがおまけで付くということでしたが、私はかなり遅くなってから申し込んだにもかかわらず、ばっちり付いていました。
もしかして、あまり売れていない?
しかし、本当にこれで風呂で遊ぶ人っているのだろうか・・・
遊んでみたい気もするけど・・・







地球防衛艦隊司令「沖田十三」
タイムハウス   定価5500円
(注 イベント・通販限定品)


沖田艦長です。
イスカンダルから地球に帰ってきたときの、あの艦長室のシーンには、本当に泣きました。
「実は脳死していなかった」なんていうのは、私の中では完全になかったことになっています。(笑)
塗装は非常に丁寧で、大変結構です。
また首は、ほんの少しですが左右に曲げることができます。
やはりポピニカ魂のヤマトのそばに置いておきたい逸品です。
それとも、神棚に置く?










戻る


TOPへ戻る