ミクロマン以外のおもちゃ

ページ07


ゴッドフェニックス
超真合金
ユニファイブ   定価9800円


問題は、各所の様々なハッチ類だと思います。バードミサイルのハッチは隙間が大きく、かなり目立ちます。また、G3号とG4号を収納する主翼のドッキングベイのハッチはロックが甘く、中の両メカを遊んでいるうちになくしてしまいそうです。初回版に同梱される火の鳥パーツも下部にハッチがあってそこから機体を入れるのですが、カッターで加工しないとうまくフタができませんでした。さらに、気を付けて出し入れしないと、垂直尾翼を折ってしまいそうで怖いです。
しかしスタイリングに関しては、劇中のイメージそのままという印象です。もしも放送当時に子供だった私がこのおもちゃを持っていたら、おそらく一番の宝物になっていたでしょう。
事実このおもちゃを手にしたとたん、「シュパー、シュパシュパシュパー」という歌と、白煙をあげて上昇するこの機体の姿が脳裏に蘇りました。
9800円という値段は微妙ですが、当時熱心に番組を見ていた人にはおすすめできます。






ガンダムMk−U
パーフェクトグレードシリーズ(プラモデル)
バンダイ   定価15000円



完成させるまでに、24時間弱かかりました。といっても別に難しいことはなく、時間さえあれば誰でもこの写真のように完成させることができると思います。まあ、多少のガンプラ経験は必要かもしれませんが。
完成品を見てまず思ったのは、「立派だなぁー」ということです。大きいということはもちろんですが、その大きさに見合った情報量が各パーツに付加されています。大きいからといって、間延びした感じは全然ないんですよね。また、手に持ったときの重量感にしてもズッシリと重く、いかにも中身が詰まっているなという感じがします。
プラモデルで15000円という値段は確かに高価ですが、私はその値段分の価値は充分あると思いました。

えー、問題点を挙げるとすると、コクピット内部のLEDの輝度が低いらしく、発光しているのかがわかりにくいという点でしょうか。
また、右手首・手のひら側の人差し指の脇の部分がポッキリと折れ、人差し指が保持できなくなってしまいました。特別乱暴に扱った覚えはないのですが・・・・・。ここはメタルパーツにするなどの配慮がほしかったですね。

さて、こうなると同スケールのGディフェンサーが欲しくなるのが人情というものですが、果たして商品化は?






ガンダムGP02
MS・イン・アクション DX
バンダイ   定価3980円



この商品は今までのMS・イン・アクションとは縮尺が違うため、まずその大きさに圧倒されます。
箱からして、すでにアメリカンサイズです。
さすが、DXと銘打っているだけのことはありますね。
大きさに比例して、重さもかなりのものです。
そしてあのドシッとしたプロポーションも、見事に再現されていますよ。
この大きさ、このプロポーションで3980円は、かなり安いと思いますね。
両肩の大型スラスターがボタンでバシャッと展開するギミックもおもしろいです。
ただ、その背面についているスラスターは手で方向を変えなければならないなど、中途半端なところも感じます。
さて、この商品の一番の問題は、胴体と肩の接合部に可動軸がないということです。
つまり、腕を大きく振り上げることができないんですね。
肩アーマー内部(上腕の付け根)がボールジョイントになっているため、一応細かい動きはできますが。
もしも購入を検討されている方がいたら、その点も考慮にいれるべきでしょう。






戻る


TOPへ戻る