ミクロマン以外のおもちゃ

ページ111


若い命が真紅に燃えて

ゲッターロボ/ゲッター1 ゲットマシン/イーグル リペイントバージョン
EX合金シリーズ ロボ師WORKS
ART STORM   定価 24800円(5%税込み)



メーカーサイトでの完全受注生産品で、一般玩具店などでは入手する事は出来ません。(現在では既に受注終了しています)
初版が発売された時には、雑誌の紹介記事から素晴らしい出来である事は分かっていたのですが、そのあまりの値段の高さに尻込みして購入は出来ませんでした。
しかしその後ネットで見た商品の素晴らしさに衝撃を受け、「あ〜無理してでも買っておけば良かったな〜」と激しく後悔したものの時既に遅く、ネットオークションでも価格が高騰、もう入手の機会は無いと完全に諦めていたのです。
しかし今回リペイントパージョン発売の知らせを受け、今度は絶対に後悔してはならないと、清水の舞台から飛び降りるつもりでゲッター1から3までを注文してしまいました。
何しろ1から3までの合計で7万5千円という代物なので、注文するにはちょっと覚悟が必要でした。(笑)
しかし今回届いたゲッター1を実際にいじってみて、改めて注文して良かったと感じました。
素晴らしいデザインアレンジ、満足感のある大きさとその重量など、ゲッター直撃世代にとってはたまらないものがあります。
菊池俊輔さんによる主題歌が、これをいじっている最中ずっと頭の中で鳴り続けていましたよ。(笑)






「パッケージ」
一番左の写真、輸送用のダンボールにも商品名がしっかりと記されている。
奥さんに内緒で購入したお父さんは、要注意。(笑)
左から二番目と真ん中の写真、外箱はスリーブに包まれている。
右から二番目の写真、外箱はスリーブとはまた別のデザインとなっている。
外箱はかなりしっかりとした化粧箱であり、高級感がある。
一番右の写真は、雑誌ホビージャパンとの大きさ比較。
かなり巨大な箱である事が分かると思う。
大きさに比例して重さもかなりの物であり、過剰とも言えるパッケージングと共に高額商品を入手した実感に浸れる事、請け合いである。






「内容物」
外箱のフタを開けると、発泡スチロールに美しく並べられた内容物が。
また発泡スチロールの裏側には、スタンド関係の物が収められている。






「取扱説明書」
モノクロ一枚で、表裏両面印刷。






「ブースターリキッド・シリンダー」
下腹部には、ブースターリキッド・シリンダー(精神注入棒)を挿入可能。
シリンダーは長短二種付属しており、本体に深く挿入してフタを閉める際には、短いタイプを使用する。
シリンダーのグリーンの部分はクリアパーツだが、透明度はあまり高くない。






「ゲッター炉心」
腹部のゲッター炉心は、取り外し可能。
腹部の炉心パーツの保持は、きつすぎず緩すぎず丁度良い感じ。
一番左の写真、フェイスマスクとの比較から、炉心の大きさが分かると思う。
またこの写真からは、フェイスマスクがクリアパーツ製なのが確認出来る。






「腹部・胸部装甲」
腹部と胸部の装甲は、取り外し可能。
どちらもダイキャスト製で、ズッシリと重い。
胸部の装甲の保持が、ちょっと今一つという感じなのが残念な点。






「フェイスマスク」
上段はフェイスマスク装着前、下段はフェイスマスク装着後。
フェイスマスク装着前の素顔は怪物じみたデザインで、かなりビビッと来る。
下段の写真からは、フェイスマスクが透けて下の素顔が一部透けて見えるのが分かる。






「ゲッター1 素立ち」
直立不動の体勢で撮影。
棒立ちでもこの格好良さというのは、いったいどうしたものかと。(笑)
この商品の原型師である故・佐藤 拓さん(ロボ師)のデザインアレンジの素晴らしさに、改めて痺れた。
全身のパーツは基本的に全塗装かつツヤがあるので、いじっていると指紋が残るのが注意点。
撮影時は布で指紋を拭き取りつつシャッターを切る必要がある。
今回の商品はリペイント版という事で、初版とはカラーが異なる点にも注目。
具体的には、赤がより濃い色に、下腹部はオレンジからイエローに、白い部分は少し青みがかった色に変更されている。
またダイキャストパーツがふんだんに使用されており、その大きさとも相まって相当の重量感があるのが素晴らしい点。
一番右の写真は、雑誌ホビージャパンとの大きさ比較。
身長は約23cmと、かなりの大きさがある。






「手足に少し角度をつけて」
直立不動ではなく、手足を少し踏ん張った体勢で撮影。
か、格好良すぎる・・・・。
現物を目の前にして、思わず「クゥーッ!」と謎の声を出してしまいましたよ。(笑)
ただし関節の可動に関しては、それほどでもないというのが正直な意見。
特に、股関節に左右ロール軸が無いのと、足首に上下軸が無いのが問題点だと思う。
しかし脚部に関してはヒザに左右ロール軸があるし、足首に関してはつま先部分に上下軸があるので、まったくダメという訳でもない。
そもそもアクションフィギュアのような可動を期待するべき商品では無いので、これだけ動けば十分というのが個人的な感想。
また各関節にはクリックが多用されており、ダラ〜ンとしないようになっているのもポイント。






「上半身アップ」
頭部のフェイスマスクや耳の部分は軟質樹脂製で、塗装の関係からかちょっとベタベタした印象なのが残念な点。
しかし、この格好良さ・・・・。
もう言葉も出ません。(ウットリ)






「二種のコイル」
リペイント版オリジナルであるアラビア数字のコイルとは別に、初版に付属した漢字のコイルも同梱される。
当初は漢字のコイルは付属しないと発表されたが、発表直後からネット上でそれを望む声があがり、急遽付属が決定した。
そのメーカーの素早い対応には、非常に感心させられた。
私の場合は、それが今回の購入の大きな動機にもなっている。
やはり漢字のコイルの方が、このロボ師デザインのゲッターにはマッチしていると思う。
背中の上から二つ目のコイルの横、「TAKU」のマーキングにも、要注目。
あと、ここで一つ注意点を。
コイルの取り付けはかなり固く、あまり奥までしっかりと装着しない方が良いかもしれない。
また取り外す時は、マイナスドライバーなどの硬い物ではなく、爪楊枝(つまようじ)などの軟らかい物を使用した方が良い。
(パーツに傷を付けないため)
ちなみにコイルの1と壱が二つあるのは、ゲットマシン用の物が含まれているからである。






「アイアンカッター」
腕部のアイアンカッターは、取り外し可能。
取り外した時のフタパーツも付属しているはずだったが、欠品していた。
メーカーによると、市場に出回ったほとんどのパッケージでこのフタパーツが欠品しているとの事。
このフタパーツは、後日商品を購入した全てのユーザーに対して郵送された。






「腰のボールジョイント」
腰関節はボールジョイント接続だが、かなりゆるい個体が多いらしい。
小さく切ったビニール片などを挟み込む事で、適度な固さに調節可能。






「ゲッター・トマホーク」
トマホークは二つ付属。
かなり軟らかい素材で出来ており、少し驚いた。
グリップ部の球は、手のひらにしっかりと保持させるためのジョイントパーツ。
右の写真を見ると、右手用のトマホークが二つあるように見えるが、
手のひら用のジョイントパーツは穴の反対側に持って行く事が出来る仕様。
(つまり、トマホークに左右の違いは無い)






「トマホークを持って」
手のひら用のジョイントパーツのおかげで、トマホークをしっかりと保持する事が出来る。
また、親指以外の4本の指が一緒に可動させられるのも、しっかりとした保持に役立っている。






「ゲッターウイング」
ウイングの取り付けは、上から二番目のコイルを取り外して行う。
(その後、ウイングパーツに二番目のコイルを装着する)
ウイングはプラ製で、大きさの割には重量が軽い。
ウイングの裏側(内側)が塗装されておらず、成形色のままなのが少し残念な点。






「開き手」
初版には付属していなかった開き手が、今回の商品には同梱されている。
一番左の写真から分かるように手首部分はボールジョイントなので、微妙な表情付けに非常に有効。






「開き手でゲッター炉心を掴んで」
開き手が付属する事で、有名なこのシーンの再限度も若干アップ。






「スタンド」
非常にしっかりとしたスタンドが付属。
本体との固定は三点支持で、セットにはドライバーが必要となる。
高さの調節も可能なので、空中でのポージングにも対応。
取扱説明書では支柱先端基部が左右回転するように書かれてあるが、これは多分間違いだと思われる。
力任せにひねって、破損させないように注意。






「ゲットマシン イーグル」
ゲッター1と同スケールのイーグルも付属。
ダイキャストパーツが多用されており、抜群の重量感。
このリデザインが、また痺れるほどの素晴らしさである。






「ゲットマシンのコイル」
ゲットマシン下部にも、コイルを装着可能。
アラビア数字と漢字の物を、どちらか選択出来る。






「ギミック」
胸部装甲パーツ(コクピット装甲部)は、取り外し可能。
中にはシートらしきモールドが確認出来る。
また前腕部は、右の写真のように可動可能。
胸部装甲パーツと前腕部(アイアンカッター含む)はゲッター1と同一パーツが使用されており、両者の統一感を高めている。






「イーグル用スタンド」
初版には付属していなかったゲットマシン用スタンドが、今回の商品には同梱されている。
スタンドは二カ所が回転可能で、イーグルの位置と方向を自由に変える事が出来る。
また、ゲッター1用のスタンドと合わせてディスプレイする事も可能。








戻る



TOPへ戻る