ミクロマン以外のおもちゃ

ページ123


若い希望が虹を描き

ゲッターロボ/ゲッター3 ゲットマシン/ベアー リペイントバージョン
EX合金シリーズ ロボ師WORKS
ART STORM   定価 24800円(5%税込み)



既に紹介済みのゲッター1、ゲッター2に続いて、ゲッター3のレビューです。
(ゲッター1についてはこちら、ゲッター2についてはこちらを参照)
こちらもメーカーサイトでの完全受注生産品で、一般玩具店などでは入手する事は出来ません。(現在では既に受注終了しています)

3機のゲッターの中では一番人気の無さそうなゲッター3ですが、私の場合はコンプリートのために仕方なく購入したという感じは全くありませんでした。
そして現物を目の前にした今では、むしろゲッター1よりも、そしてゲッター2よりも気に入ってしまったという感じです。
特にこの玩具オリジナルデザインとなる立ち型形態に、大変心を惹かれました。
このデザインアレンジは素晴らしいですよ。
まさにロボ師ならではの仕事と言えるでしょう。

今回遂にロボ師のゲッターを1〜3まで揃える事が出来た訳ですが、とても玩具とは言えないような金額がかかってしまいました。
しかし3機を並べた時の充実感はとてつもない物があり、やはり無理してでも買って良かったと思いました。
大きさや持ったときの重量感、そしてそのデザインなど、ゲッターロボ関係の立体物の中でも最高峰に位置しているアイテムである事は間違いないでしょう。
リアルタイムでゲッターロボを見ていた世代には、たまらないものがあります。






「パッケージ」
基本的なフォーマットは、ゲッター1・ゲッター2と同様。
一番左の写真、輸送用のダンボールにも商品名がしっかりと記されている。
左から二番目の写真、輸送用のダンボールはゲッター1・ゲッター2の物より少し大きくなっている。
(ギガンティックダブルトマホークの箱も同梱されるため)
右から二番目の写真は、スリーブに包まれた状態の外箱。
一番右の写真は、スリーブを外した状態の外箱。
外箱はかなりしっかりとした化粧箱で、高級感がある。






「内容物」
外箱のフタを開けると、発泡スチロールに美しく並べられた内容物が。
また発泡スチロールの裏側には、スタンド関係の物が収められている。
この辺りも、ゲッター1・ゲッター2と同様のフォーマット。






「取扱説明書」
モノクロ二枚で、表裏両面印刷。
(一枚は片面印刷のみ)






「スケルトン状態」
まずは、アーマーやゲッター炉心を着けていない状態で撮影。






「ゲッター炉心とブースターリキッド・シリンダー」
左から二番目の写真は、ゲッター炉心を装着した状態。
炉心パーツの腹部への保持は、きつすぎず緩すぎず丁度良い感じだった。
ブースターリキッド・シリンダー(精神注入棒)は、今回一本のみ付属。
(ゲッター1・ゲッター2は、長短二種が付属していた)
シリンダーはジャガー号の機首部を展開し、そこに挿入する。
シリンダー挿入部の前後二カ所にロックがあるのだが、
このロックが硬くて少し苦労した。
破損しないよう、慎重な作業をオススメする。






「フェイスガード」
フェイスガードは脱着が可能。
またマスク部分は別パーツになっており、独立して取り外す事も出来る。
耳のゲッターミサイル部分は可動しないが、別パーツになっているので改造は簡単そう。






「胸部装甲」
胸部の装甲は、取り外しが可能。
ダイキャスト製で、ズッシリと重い。






「ゲッター3 色々な角度から」
かなりアレンジが加えられているが、このシルエットはまさしくゲッター3。
この辺りのさじ加減が、実に素晴らしい。






「キャタピラ部分を色々な角度から」
履板はゴム製で、手動で転がし走行が可能。
経年劣化が少し心配である。
エキゾーストパイプは、上下に回転可動が可能。
この取り付けがかなり硬くて苦労したが、ソフビ製なので暖めてから行えば大丈夫。
下段の二枚の写真は、回転可動式シールドの様子。
右側の写真が、上に跳ね上げた状態。






「機体を下から見て」
下から見ると、こんな感じ。
今回、ロボ師の刻印である「TAKU」のマーキングは、ジャガー号機首部の裏にある。
その下に見える黒い丸穴は、ブースターリキッド・シリンダーの先端。






「雑誌ホビージャパンとの大きさ比較」
かなりの大きさがある事が分かると思う。
金属パーツもふんだんに使用されているので、重量感もバッチリ。






「頭部の可動」
首の上側はボールジョイント、下側は横ロール。






「腕部の可動」
肩と胸の接続部に横ロール。
ただしこれはそれほど広く可動はせず、また保持力もあまり無い。
肩と腕の接続部にクリック入り上下軸関節。
肩にクリック入り横軸関節。
肩と腕の接続部に回転軸。
・・・・と書かれてもたぶん全然分からないと思うが、とにかく肩の部分は結構動くという事。
中央の写真は、バズソーアームの曲がり具合を示した物。
蛇腹の中にワイヤーが仕込んであるらしく、フレキシブルに可動させられるが、この程度が限界。
一番右の写真、肩関節とバズソーアームの可動で、両腕を大きく交差させる事も可能。






「デモリションクロー」
手首はボールジョイントで、そこそこ良く動く。
4本の爪は全て基部が回転可能。
また、爪の根本が上下に可動する。
ただし最初は、爪の各可動部がかなり硬くて苦労した。
無理をせずにお湯や温風で暖めてから動かすように注意。






「腹と腰の可動」
胸と腹の接続は実はボールジョイントだが、上半身の重量がかなりあるため、実質横ロール軸となってしまっている。
腰は前後のクリック入り軸関節。






「キャタピラ部の可動」
キャタピラ部分は、基部から上下のクリック入り軸可動が可能。






「アクションポーズ」
キャタピラ部が上下に可動するので、見た目よりも意外と良く動く印象。






「交換用手首」
デモリションクロー以外に、グラップルフィスト(握り手)とグラップルハンド(開き手)が付属。
ちなみに、手首カバーは一対しか付属していない。
(一番左の写真では、グラップルフィストに装着させている)
一番右の写真、やはりこの開き手が最もゲッター3のイメージに合っていると思う。






「大雪山おろし」
グラップルハンド(開き手)を使用して、それっぽいポーズを。






「二種のコイル」
リペイント版オリジナルであるアラビア数字のコイルとは別に、初版に付属した漢字のコイルも同梱される。
ちなみにコイルの3と参が二つあるのは、ゲットマシン用の物が含まれているからである。
ゲッター1・ゲッター2同様にコイルの取り付けはかなり固く、あまり奥までしっかりと装着しない方が良いかもしれない。
また取り外す時は、マイナスドライバーなどの硬い物ではなく、爪楊枝(つまようじ)などの軟らかい物を使用した方が良い。
(パーツに傷を付けないため)






「ゲッターロボ、揃い踏み」
現実にはゲッターロボが1〜3まで同時に並ぶのはあり得ない光景だが、
玩具のディスプレイとしてはやはりこれこそ正しい姿と言えると思う。
遂に3機揃いました!
この充実感は、本当に感動モノです。(涙)






「立ち型形態」
キャタピラ部分を展開し、戦車型形態から立ち型形態へ変形が可能。
これは原作にはないこの玩具オリジナルの物だが、
素晴らしいデザインアレンジに心底痺れた。
この立ち型形態の追加によって、プレイバリューが大幅にアップしているのがロボ師ゲッター3のポイント。
3機の中でも最も人気の無さそうなゲッター3だが、
これによって他の2機と比較しても決して見劣りしない物になっている。






「立ち型形態のキャタピラ部アップ」
展開するつま先や伸縮するシリンダーなど、建設機械っぽい雰囲気がたまらない。
一番右の写真は、ヒザ部分のアップ。
ここを軸にしてキャタピラ部を展開させるのだが、ここのロックが異常に硬くて大変苦労した。
写真の赤丸部分に右手の人差し指を当ててしっかりと包み込むように持ち、
青丸部分に左手の親指を当てて、黄色矢印の方向に押すと良い。
(逆の場合は、青丸の反対側を黄色矢印の反対方向に押す)






「股間部のアップ」
立ち型形態では、ジャガー号の機首部を畳んでおくのがデフォルトのスタイルらしい。
この機首部はロック機構があるので、畳んだ状態でもしっかりと保持が可能。
しかし、ブースターリキッド・シリンダーが露出していても安全なのだろうか?(設定的に)






「股間を展開(笑)」
もちろん立ち型形態で、ジャガー号の機首部を伸ばしておく事も可能。
この姿もカッコイイ。






「立ち型形態で、ゲッターロボ揃い踏み」
思わず溜息の出るようなこの構図。
タマラン、タマランです!(うっとり)
ロボ師ゲッターを1〜3までディスプレイする際には、3はこのように立ち型形態にしておく方が見栄えが良いようです。






「ゲットマシン ベアー」
ゲッター3と同スケールのベアー号も付属。
ダイキャストパーツが多用されており、ズッシリとした重量感が素晴らしい。
過剰なほどのエキゾーストパイプが、とてつもないパワーを感じさせてくれる。
ちなみにこのエキゾーストパイプは、ゲッター3本体に装着する物と全く同じ物である。
取り付けはゲッター3本体部分の時と同じくかなり硬くて苦労したが、
ソフビ製なので暖めてから行うと良いだろう。






「ゲットマシンのコイル」
ゲットマシン上部にも、コイルを装着可能。
アラビア数字と漢字の物を、どちらか選択出来る。
イーグル号・ジャガー号と違い、コイル装着部分が機体上部にあるのがポイント。






「ギミック」
ゲッターミサイル部分(コクピット装甲部)は、取り外し可能。
中にはシートらしきモールドが確認出来る。
また推進噴射口部分は、右の写真のように可動可能。






「機体を裏から見て」
パワーで無理矢理飛ばしているという感じなのが良い所。






「ベアー用スタンド」
初版には付属していなかったゲットマシン用スタンドが、今回の商品には同梱されている。
スタンドは二カ所が回転可能で、ベアー号の位置と方向を自由に変える事が出来る。






「ゲットマシン、揃い踏み」
3機のゲットマシンを並べてディスプレイ。
どれもおまけとは思えないような出来の良さ。
ゲットマシンだけを単品発売しても良いような気がする。






「スタンド」
非常にしっかりとしたスタンドが付属。
ゲッター1・ゲッター2とは違い、本体との固定にはドライバーは必要無い。
一番右の写真のように、ベアー用のスタンドと組み合わせてディスプレイする事も可能。






「ギガンティックダブルトマホーク」
EX合金シリーズ・ロボ師WORKSのゲッターロボ1〜3(リペイントバージョン)をまとめて予約した場合に貰える特典。
通常版には同様の特典として「ミサイルマシンガン」が用意されていたが、
こちらはリペイントバージョン用の特典として今回新たに作り起こされた物となる。






「取扱説明書」
モノクロ一枚で、片面印刷。






「内容物」
こちらが全パーツとなっている。






「ギガンティックダブルトマホークの組み立て」
上段の写真、各パーツの接続部には切り欠きがあり、装着の方向が決まっている点に注意。
下段の写真は完成した様子。
下段一番右の写真、雑誌ホビージャパンとの比較から、とてつもなく巨大な物だという事が分かると思う。






「専用の握り手」
ゲッター1にギガンティックダブルトマホークを持たせるため、専用の握り手が付属。
手首根本がボールジョイントになっており、表情付けに役に立つ。
ただ開封直後はこのボールジョイントが非常に硬く、折らないように注意が必要。






「ギガンティックダブルトマホークを持たせて」
ギガンティックダブルトマホークをゲッター1に持たせてみた。
大きなゲッター1よりもさらに大きく、異常な程の迫力。
一番右の写真、トマホーク部分とギロチンクロー部分は可動するので、このように姿を変える事も可能。






「補助用ミニベース」
大きなギガンティックダブルトマホークを安定してディスプレイ出来るように、専用の補助パーツも付属している。
一番右の写真のように、上に柄の後端を置いて使用する。
中央の写真、パーツ裏側がゴムシートで滑らないようになっている点が良い。






「ギガンティックダブルトマホークでアクションポーズ」
とにかくとてつもないボリューム感で、その堂々とした佇まいには凄味さえ感じる。
しかしこれを持たせると上半身の重量が大幅に増加するため、
ただでさえ力不足な腰のボールジョイントの非力さを実感してしまうのが残念な点。






「ウイング仕様への変換と準備」
トマホーク中心部分のキャップをどちらか片方外し、ウイング用ジョイントを介してゲッター1の背中に接続する。






「ウイング仕様」
トマホーク部分をゲッター1の背中に装着し、ウイングとして使用可能。






「ウイングの角度変更」
ウイング部分は可動するので、写真のように角度を変える事が出来る。
まっすぐよりも、この方がカッコイイ。






「ウイングを逆に装着」
勝手に上下を逆に装着してみた。
なにやら悪魔っぽいシルエットになり、これもまたカッコイイ。










戻る



TOPへ戻る