ミクロマン以外のおもちゃ

ページ126


アーマープラス テッカマンブレード
バンダイ   定価 7500円



アーマープラスのカテゴリーから、EX-ギア・早乙女アルト Ver.(マクロスF)、 烈火のリョウ(鎧伝サムライトルーパー) に続く3つ目のアイテムとして発売されました。

写真から分かるように、スタイリングやシルエットはほぼ完璧とも言える再現度です。
しかし股間部などにアーマーが干渉する部分があり、可動が若干制限されてしまうのが残念な点。
設計の段階でアーマーを装着式にしなければ、もっと大胆に動かせる仕様に出来そうだと感じました。
また各部のアーマーには金属パーツを多用しており重いので、ポーズの固定がしにくくていじりづらいという印象もありました。
特にヒザ関節が緩めなのが問題点。
アーマープラスの本来なら「売り」である部分が、逆に足を引っ張っているという感じでした。
アーマープラスではなく、ROBBOT魂のカテゴリーで発売した方が良かったのでは?などとも思ったり。
そもそもテッカマンブレードでアーマーを装着式にする必要性は、それほど感じないという気もします。
(しかし装着式にして素体を共有出来るおかげで、同カテゴリーからテッカマンエビルの発売も決定したようです)

・・・・とまあいろいろと問題点を挙げた訳ですが、現状ではテッカマンブレードの立体物としては最高レベルの物である事は間違いありません。
最初に述べたようにスタイリングは素晴らしいので、それほど大きな不満を感じていないのもまた事実です。
本放送当時、熱心に番組を見ていた人ならば、購入の価値ありです。






「パッケージ」
なかなか凝ったデザインのパッケージ。
扉を上に開くと、中身を確認出来る。






「取扱説明書」
遊び方以外に、作品解説も収録されている。
真ん中の写真から、商品のパーツ構成やテックセット(アーマー装着)の方法が分かると思う。
右から二番目の写真は、素体の可動部位を示した物。
基本的にアーマーを装着しても、この可動は維持される。(一部、可動範囲が狭くなる所もあり)






「内容物」
左の写真は、ブリスターの一段目。
右の写真は、ブリスターの二段目。






「オプションの手首各種」
素体にあらかじめセットされている握り手以外に、左の写真の手首(4種×左右)が付属する。
中央の写真は、武器持ち手2種。
指をしっかり握った物と、少し開いた物が用意されている。
右の写真は、開き手2種。
手刀と、自然に開いた物が用意されている。






「素体テッカマン」
劇中の設定にも登場する、素体テッカマン。
しかし、その姿が結構アレンジされているのは仕方のない事だろう。
一番右の写真は、頭部のアップ。
バイザー部クリアパーツの上から、中の目が確認出来る。






「テッカマンブレード、素立ちを色々な角度から」
太すぎず細すぎず、絶妙のプロポーション。
肩アーマーを含めた逆三角っぽいシルエットを、見事に再現している。
また各部アーマーは基本的に全塗装で、質感が高いのもポイント。






「上半身アップ」
非常にカッコイイ。
頭部の複雑な形状の角も、しっかりと再現されている。
またバイザー部クリアパーツの下の目も、写真から確認出来る。






「雑誌・ホビージャパンとの大きさ比較」
手頃な大きさである事が分かる。
しかし各部に金属パーツを多用しているため、手に持つと結構な重量感がある。






「テックランサーを構えて」
手首を交換し、テックランサーを構えさせた。
素晴らしくカッコイイ姿に、痺れる。
しかし手首の交換が非常にやっかいなのが問題点。
手首の可動部と腕アーマーのおかげで、元々はめづらい手首がさらにはめづらくなってしまっている。
非常にストレスを感じるので、この商品全体に対する印象も悪くなってしまう。
この点は、もう少し何とかしてもらいたかった。






「ボルテッカ」
肩アーマーを展開させる事で、ボルテッカ時の姿も再現可能。
中のレンズ部分には、クリアパーツが使用されている。






「脇腹のフィン」
脇腹のフィンは、写真のように展開可能。






「テックシールド」
腰部後ろに接続されているアーマーは、手に装着する事でシールドとして使用可能。
右の写真のように、パーツ差し替えでテックワイヤー射出状態も再現出来る。
テックワイヤーは中に金属線が仕込んであるので、自由に曲げる事が可能。






「テックランサーを持ってポーズ その1」
太ももアーマーの上端が腰後ろのアーマー(テックシールド)と干渉するため、
踏ん張ったポーズをさせるのが難しいのが問題点。
写真ではテックシールドを手に装着する事で、この問題を回避している。
テックシールドと腰を接続するパーツに、もう少し軸の長い物もあれば良かったのだが・・・・。






「テックランサー分離状態」
左右に分離した状態のテックランサーも付属している。
二刀流的に使用する事が可能。






「テックランサーを持ってポーズ その2」
実際にいじっていると、可動に関して「ここがもう少しこうだったら・・・・」と感じる事が多い。
スタイリングは非常に素晴らしいので、とても惜しいという印象。









戻る



TOPへ戻る