ミクロマン以外のおもちゃ

ページ130


特撮リボルテック エイリアン
特撮リボルテック No.001
海洋堂   定価 2850円 (5%税込み)



リボルテックから新しいカテゴリーのシリーズ、特撮リボルテックがスタートしました。
その第一弾が、このエイリアンです。
昨年の秋に開催されたリボルテックエキスポ'09の会場で試作を見たりいじったりしたのですが、そこから全く劣化する事なく商品化されているのは、まさに驚嘆に値します。

※リボルテックエキスポ'09については、こちらを参照

とにかく素晴らしいの一言。
ディテール、塗装共に一級品です。
これは確実に値段以上のクオリティーですね。
パッケージの帯にアカデミー賞メイクアップ賞受賞作家・クリスウェイラス氏の「信じられない!これは過去最高のエイリアンフィギュアだ」という言葉が書かれていますが、決してオーバーではありません。

今後の特撮リボルテックシリーズにも、大いに期待できそうです。






「パッケージ」
リニューアル後の他のリボルテックシリーズと同じ大きさ。
扉を開くと中の商品を確認出来る。
扉の内側には作品解説も記されており、少し高級感がある。






「小冊子」
小冊子が2冊付属。






「特撮リボメンコ」
購入時に店頭で手渡しされた景品。
メンコとは懐かしいです。






「フィギュア本体を色々な角度から」
各部の大きさのバランスや全身のシルエット、細部のディテールや塗装など、まさに完璧。
とても実売2000円ちょっとのおもちゃとは思えない。






「付属品」
フェイスハガー、エイリアンエッグ、ディスプレイスタンド、ネームプレート。
他に、リボコインとリボコンテナが付属。
交換用の手首などは無いのがポイント。






「フェイスハガー」
とてもおまけとは思えないほどの出来の良さ。
陰影や血管の筋などが書き込まれているので、のっぺりした印象がない。
テラテラしたツヤも素晴らしい点。
右の写真、モザイクが必要なくらいのディテールの細かさにも注目。(笑)






「エイリアンエッグ」
本体にはクリアパーツを使用しているので、中がいい感じに透けて見える。
右の写真はそれを強調するため、ライティングを調節してみた。
開いた口の内側、網目状のモールドがきちんと白く塗られている点に注目。






「フェイスハガーとエイリアンエッグ」
フェイスハガーとエイリアンエッグは、組み合わせる事で飛び出す瞬間を再現可能。
しっぽの硬さがちょうど良いので、エイリアンエッグの穴に差すとフェイスハガーを空中で固定出来る。
映画本編でのこのシーン、ホントに腰を抜かすほどビックリしました。
たぶん来るだろうなーとは思いつつも・・・・。(笑)






「内容物一式」
フィギュア本体を、ネームプレートを設置したディスプレイスタンドに配置。
横にフェイスハガー+エイリアンエッグを置いてみた。
なにやら、花とおじさんという雰囲気も。(笑)






「頭部パーツ構成」
頭部カバーにはクリアパーツが使用されており、取り外す事が可能。
首は6mmのダブルジョイントになっている。






「胸部パーツ構成」
肩は6mmリボ球。
この6mmは新設計の物との事で、カッチリとしたクリック感があった。
腹との接続は8mmリボ球。
肋骨部分がちゃんと抜けている点に注目。






「腕部パーツ構成」
ヒジは6mmリボ球。
手首はリボ球ではなく、軸関節が採用されている。






「腹部・腰部パーツ構成」
腹部と腰部の接続は8mmリボ球。
しかしかなりピッタリと接続されてしまうため、ここにリボ球を使う必要性はあまり感じなかった。
股関節は8mmリボ球。
ちなみに、しっぽを腰パーツから取り外す事は出来ない。






「脚部パーツ構成」
ヒザと足首は8mmリボ球。






「頭部ギミック」
口の中からインナーマウスを露出させる事が可能。






「頭部カバーを外して」
頭部カバーを外すと、ドクロのようなディテールが確認出来る。






「アクションポーズ」
映画本編ではほとんど全身が見られなかったので、ポージングを考えるのはなかなか難しい。
という訳で、これはエイリアンの活躍想像図です。 (byアオシマじゃよ)
しっぽは中に針金が仕込んであるベンダブル構造なので、ある程度自由に可動させられる。







おまけ
「レッツ・アッセンブル!」
同じリボルテックシリーズという訳で、アッセンブルボーグともジャストフィット。
特にデザイン上、ジャークノイド勢との親和性は非常に高い。
写真は、スタンダードな組み換え例。






「エイリアンビークル」
辺境の惑星で発見した生物を、イーグが改造したという設定。
強靱な肉体と強い闘争本能をそのまま利用した機械生命体。














戻る



TOPへ戻る