ミクロマン以外のおもちゃ

ページ139


パンツァーパンチャー
アッセンブルボーグ シリーズ
海洋堂   定価 2500円(5%税込み)


アッセンブルボーグ第三章、第三弾は「パンツァーパンチャー」です。
前にレビューした「ゴーストガンナー」と同じく、変身システムというカテゴリーのアイテムになります。

格闘戦に特化した装備という事で、ゴロンと大きなパーツが多いのが特徴。
しかしパーツ接続用の穴が多いため、使いづらいという印象はありませんでした。
普通にアクションフィギュアとして遊ぶも良し、組み換え用にパーツを使うのも良し、一家に2つは欲しいアイテムです。




※過去のアッセンブル関連のレビュー
アッセンブルボーグ、モニター品についてはこちら
ミスターアッセンブル、バレルズスピーダーの製品版についてはこちら
バロン、サイバーの製品版についてはこちら
エグゾ、モニター品については、こちら
イーグ、モニター品については、こちら
ザイン、モニター品については、こちら
ドゥームダイバー、モニター品については、こちら
ゴーストガンナー製品版については、こちら
トライストライカー製品版については、こちら






「パッケージ」
基本的にゴーストガンナーと同じフォーマット。






「内容物」
左の写真は、箱から中身を出した状態。
中央の写真は、リボジョイントやスタンドなど、その他の付属品。
右の写真は、着地の衝撃のようなエフェクトのついたスタンド。
ゴーストガンナーに付属の物はグリーンだったが、こちらはブルーのグラデーションとなっている。






「素体状態をいろいろな角度から」
各部のメタリックブルーが非常に美しい。
基本的にはゴーストガンナーと一部のパーツが違うだけだが、見た目の印象はかなり異なっている。






「上半身をいろいろな角度から」
胸アーマーに大きな襟があるせいで、頭が胴体に埋まっているように見える。
そのおかげで見る者にどっしりとしたイメージを与えている辺り、まさにデザインの勝利という感じ。






「肩部武装ユニット群」
デフォルトの状態で肩に接続するパーツたち。
巨大なブースター状のパーツと半球状のパーツで構成されている。
どちらも接続穴が豊富にあるので、組み換え時の使い勝手は良い印象。






「フル装備状態をいろいろな角度から」
肩部武装ユニットを装着した状態。
素体状態でもどっしりとした印象だったが、さらに重厚さが増した感じ。
ただ肩に大きなパーツを装着するせいで、かなりバランスが取りづらくなるのが難点。






「手首各種」
あらかじめフィギュアにセットされている握り手以外に、
開き手、銃持ち手、手刀がそれぞれ左右付属。






「ポーズをつけて」
パワータイプ独特の力強いシルエットがタマラナイ。
実際にはちょっとした装備と色の変更だが、ゴーストガンナーとは全く別の魅力を感じる。






「飛行ブースター」
肩部武装ユニットを組み換えて、飛行ブースターに。
このように単体でもいろいろと遊べるので、プレイバリューは高い。






「ボール爆弾?」
肩部武装ユニットの半球状のパーツは、2つを接続して球体にする事が可能。
ゴレンジャーストーム?






「バロンに装着して」
パンツァーパンチャーは主にバロンが使用するという事で、サッソク装着。
ゴーストガンナーをミスターに装着した時ほどではないが、なかなか似合っていると思う。






「肩部武装ユニットを装着して」
肩部武装ユニットがあると、格好良さがグッとアップする。






「立て膝でポージング」
ハンマーの片方は手に持ち、もう片方は肩に接続して、立て膝ポーズ。
力強いシルエットが、実にいい!






「単体で組み換え」
○○モズーや○○ヅノーなど、戦隊ものに出てくるような怪人っぽいモノが出来た。
腹にある水洗トイレのノブっぽい部分がチャームポイントなのですよ。(笑)










戻る



TOPへ戻る