ミクロマン以外のおもちゃ

ページ140


figma ブラック★ロックシューター
マックスファクトリー   定価 2800円 (5%税込み)




原作を全く知らず、そのデザインに非常に強く惹かれて予約しました。
露出部分が多いながらも、お色気過剰になっていない絶妙のバランス感覚がいいですねー。
実際に現物をいじってみたら、さらに気に入ってしまいました。
綺麗なフラットの肌色とツヤのある衣装との対比が、実に素晴らしいです。
またファスナーや白いラインなど、衣装の細かい部分の塗装も丁寧ですね。
フィギュアと言えば高価で無塗装のガレージキットしかなかった時代を思うと、
これが実質2000円程度で手に入るというのは、全く驚異的だと思います。
いやー、ホントに良い時代になりました。(涙)






「パッケージ」
他のfigmaと同様のフォーマットだが、本編でもお馴染みのタイル状のテクスチャがポイントとなっている。






「内容物」
フィギュア本体に、付属物やスタンド、手首など。
もちろん、いつものfigma袋も付属している。
ここで開封時の注意をひとつ。
フィギュア本体の胸と腹の関節に癒着防止のためのビニールが挟まれているが、
これを取る時にはビニールに切れ目を入れるなどして引きちぎるように。
ビニールを抜くために関節を外そうとして破損させてしまう報告が相次いでいる。






「付属品」
figmaスタンドが2つ付属。
これは大きな「★Rock Cannon」の保持を考慮しての事である。
またそのためのグラップユニット(開閉可能な先端用アタッチメント)も付属している。
さらに金属製の長いチェーンが2本付属。






「頭部のオプション」
下段左から、叫び顔、目閉じ顔、通常顔。
また前髪パーツは上段左から、左目に青い炎が灯った状態の物、通常状態の物となっている。






「各種手首」
あらかじめフィギュアにセットされている物も含め、全5種×左右の手首が付属。
握り手、持ち手(関節可動)、持ち手(関節固定)、大きく開いた手、少し開いた手。






「付属の武器」
「★Rock Cannon」と「Black Blade」が付属。
★Rock Cannonはフィギュア本体よりも大きいが、オールプラ製なのでそこそこ軽い。
Black Bladeは刀身や柄の部分など、細かい塗り分けが見事。






「台紙」
ボックス内部の台紙は、切り取ることで別売りのdi:stage(スタンド)に使用する事が出来る。






「D・V・D!」
何と50分収録のDVD本編がまるまる付属。
といってもこのDVD自体は既にホビージャパンなどに付属していた物と同じで、
事実上無料で配布されている物である。
ただしDVDのジャケットは、配布された媒体によって異なっているようだ。
袋の裏に「開封はミシン目に沿って」との注意書きがあるが、
そのミシン目がそもそも見あたらなかったりするなど、ちょっと残念な点も。(笑)
本編の内容については、いささか冗長な印象。
半分の25分程度にまとめた方が面白かったと思う。






「素立ちで色々な角度から」
ぐるっと一回りさせて撮影。
コートやブーツなどはツヤがあり、非常に美しい仕上がり。
コートや大きなツインテールの影響で、バランス取りはやや難しい。
スタンドは必須という印象。
(ただしツインテールやコートそのものをスタンドとして使用するという裏技もあり)






「上半身アップ」
お腹と胸の傷跡がリアル。
また、クールな表情が実にカッコイイ。
かなりの貧乳だが、その事で高い露出度にも関わらずお色気過剰にならずにすんでいるという点も。(笑)
実は個人的には、その部分が非常に気に入っています。






「脚部アップ」
ブーツのファスナーや白いラインなど、細かい部分の塗装が素晴らしい精度。






「アクションポーズ」
ツインテールとコートの裾には共に左右にfigma関節が仕込まれていて、自由に可動。
ポージング時に躍動感が出るので、これは非常に嬉しい。
また中央の写真のように座りポーズも可能など、脚部の可動範囲はかなりのものと言える。






「通常顔+炎付きの前髪」
青い炎の透明感が素晴らしく綺麗。
また顔パーツとの隙間がある事で青い影が顔に当たり、
ボーッと発光しているようにも見えるのが面白い。






「叫び顔」
上段は通常の前髪。
下段は炎付きの前髪を装着した状態。






「目閉じ顔」
上段は通常の前髪。
下段は炎付きの前髪を装着した状態。






「Black Bladeを持ってアクションポーズ」
クールな格好良さに満ちています!






「★Rock Cannonを持ってアクションポーズ」
オールプラ製とは言え、フィギュアの手首のみで保持する事はさすがに不可能。
しかしスタンドが2つ付属しているので、困るような事はなかった。
またこの写真では★Rock Cannonを左手で持っているが、
これはDVD本編内では左手で使っているシーンが多かったからである。






「固定フィギュアのポージングで」
同社から発売中の1/8PVC製固定フィギュアを真似てポージング。
★Rock Cannonは付属の金属製チェーンで腕に固定して保持している。






「目閉じ顔でポージング」
一見すると戦闘的な衣装に見えるが、こういう表情とポージングも似合っている。






「付属のチェーンを使用して」
なかなか使い所が難しい付属のチェーンだが、やはりこういうシーンに使うのがデフォルトだろうか。






おまけ その1
「バンドの人ですか?」
figma 初音ミクのマイクと、figma 平沢唯 制服ver.のギターを使用してみた。
こうすると、ステージ衣装のようにも見える。






おまけ その2
「キャラクターチャームを持たせて」
ホビージャパン8月号に付属していた、「ブラック★ロックシューター キャラクターチャーム」を持たせてみた。
なんだか妙にカワイイ。(笑)









戻る



TOPへ戻る