ミクロマン以外のおもちゃ

ページ144


S.H.フィギュアーツ ナスカ・ドーパント
魂ウェブ限定商品
バンダイ   定価 3500円


仮面ライダーW(ダブル)に登場した敵役のナスカ・ドーパントが、S.H.フィギュアーツとして製品化されました。
事前に予約が必要という魂ウェブ商店(ネット通販)限定商品ではありますが、敵キャラクターの製品化は非常に稀な事で、さすがにダブルの人気はスゴイと改めて実感しました。
このナスカ・ドーパントの一部仕様変更品である「S.H.フィギュアーツ Rナスカ・ドーパント」が現在東映ヒーローネット限定で期間限定受注中、さらに「S.H.フィギュアーツ ウェザー・ドーパント」も現在魂ウェブ商店で期間限定受注中という事で、まだまだダブルの人気は衰えを知らないようです。

さて今回レビューのこのナスカ・ドーパントですが、私は大変気に入りました。
受注生産の通販限定商品という事で定価売りのみであり、確かに割高感はありますが、細かい各部のディテールや塗装が素晴らしく、この値段で買ってもその価値はあるというのが実際に手にした感想です。

問題点としては足首の接続がボールジョイントのみで、従来のS.H.フィギュアーツと比較すると可動範囲が狭い点。
また、足首部分が金属製ではなくプラ製で、足首の可動範囲とも相まってポージング時にバランスが取りづらいという点が挙げられます。
ヒザアーマーが外れやすいのも若干気になりました。
とはいえ、それらは全て些細な問題。
マイナーとも言えるキャラを立体物として手に出来る喜びを阻害するものではありませんでした。






「パッケージ」
左の写真は外箱。
魂ウェブ商店限定商品は、全てこのような箱の中にパッケージが収められている。
パッケージ自体は他のS.H.フィギュアーツと同様のフォーマットだが、店頭販売品に比べて色づかいが豊富な印象。
また、「魂ウェブ商店限定」の文字にも注目。






「内容物」
パッケージから中のトレーを引き出した状態。






「付属品」
左の写真は専用の剣。
モールドに合わせた塗装が丁寧で、非常に好感が持てる。
右の写真は、手首各種。
あらかじめフィギュアにセットされている握り手以外に、武器持ち手・開き手二種が付属する。






「素立ちでいろいろな角度から」
グルッと一周させて撮影。
ナスカの地上絵をモチーフとした各部の意匠がカッコイイ。
怪人というよりヒーローにも見えるそのデザインは、個人的に非常に気に入っている。
背中の2本のマフラー(?)のグラデーションの美しさにも注目。






「上半身をいろいろな角度から」
各部のディテールや塗装が素晴らしい。






「武器なしでポージング」
上段の4枚は、いかにも霧彦さんっぽいポージングで。






「剣を持ってポージング」
背中の2本のマフラー(?)は根本がボールジョイント接続なので、可動が可能。
ポージングに躍動感が出るので、これは嬉しい点。






「ダブルと並べて」
風都を愛した男二人(いや三人か)、という構図で。
こうして並べると、S.H.フィギュアーツ・ダブルがいかにスリムな体型で立体化されたかが良く分かる。









戻る



TOPへ戻る