ミクロマン以外のおもちゃ

ページ147


トライストライカー ルナスティングレイカスタム
アッセンブルボーグ シリーズ
(フィギュア王限定 完全受注生産 通販限定商品)
海洋堂   定価 7800円(5%税込み)



ホビー雑誌「フィギュア王」が企画した限定商品です。
期間限定で予約した人のみが通販で購入出来るという形態での販売でした。
(現在では既に入手不可能)

トライストライカーの単なる色換え商品ですが、その印象は大きく変わっており、これはちょっとした驚きでした。
そのカラーリングについては主に宇宙空間での活躍シーンを想定しており、NASAのスペースシャトルなどがイメージソースにあったそうです。
パーツは全塗装されており、非常に美しい仕上がり。
白い部分は真っ白ではなく、ほんの少しグレー寄りのオフホワイトとなっています。
また通常のトライストライカーでは透明だったクリアパーツも今回はスモークがかかっており、これも印象を大きく変える一つの要因となっています。

ここでひとつ注意を。
前述のように全塗装されているので、各接続穴は通常版よりもさらに狭くなっている部分があります。
各自で調整の必要、ありです。


※通常版のトライストライカーについては、こちら

その他、過去のアッセンブル関連のレビュー
アッセンブルボーグ、モニター品についてはこちら
Mr.アッセンブル、バレルズスピーダーの製品版についてはこちら
バロン、サイバーの製品版についてはこちら
エグゾ、モニター品については、こちら
イーグ、モニター品については、こちら
ザイン、モニター品については、こちら
ドゥームダイバー、モニター品については、こちら
ゴーストガンナーについては、こちら
パンツァーパンチャーについては、こちら
ソニックスラッシャーについては、こちら






「パッケージ」
パッケージは通常版と同じ物。
ただし正面に限定版である事を示すシールが貼られている。
このシールのデザインは、往年の名海外SFドラマ「謎の円盤UFO」に登場する秘密組織SHADOを連想させる。
(右の写真がそのシールのアップ)






「内容物」
箱からトレーを出した状態。
各パーツがトレーに綺麗に並べられているのが分かる。
写真以外に取扱説明書なども付属するが、シークレットノートは付属していない。






「細かいパーツ群」
左の写真は、中の人用の手足。
右の写真は、リボジョイントとリボチップ。






「中の人」
公式に名前が発表されていないので、中の人と呼称します。(笑)
通常版ではクリアだったボディはシルバーに。
また頭部や胸部の配色も通常版とは異なっている。






「ドゥームダイバーとアッセンブル」
別売りのドゥームダイバーと組み合わせれば、全身シルバーのドゥームダイバーにする事が可能。
これは非常に見栄えが良く、むしろこの状態こそが本来の姿なのではとさえ思ってしまう。






「トライクドロイドモード」
通常版も格好いいと思ったが、こちらも非常にクール!
しっとりと落ち着いた色づかいが、実に決まっている。






「通常版との比較」
色が違うだけだが、全く別の機体のようにも見える。






「ワンフェス限定トライストライカーのクリアパーツを使用して」
今年の夏に開催されたワンダーフェスティバル会場にて300個限定で販売された物のクリアパーツを移植してみた。
これがやりたかったんですよ!
きっとオレンジパーツとの相性はいいだろうなーと、ずっと思い続けておりました。(涙)

※ワンダーフェスティバル2010夏 アッセンブルボーグ関係レポートについては、こちら






「通常版トライストライカーのクリアパーツを使用して」
これはこれで清潔感があるが、今一つ面白味に欠ける感じ。






「通常版トライストライカーにルナスティングレイカスタムのクリアパーツを使用して」
これはカッコイイ!
トライストライカーのクールさが、一層増したような気がする。
オススメです。






「サーフェイスミサイルモード」
通常版よりもカラーリングにメリハリが付いたため、やはり印象が大きく異なっている。






「ワンフェス限定トライストライカーのクリアパーツを使用して」
サーフェイスミサイルモードでもワンフェス限定版のクリアパーツを使用してみた。
アニメに出てきそうなキャッチーなイメージへと変化。






「通常版トライストライカーのクリアパーツを使用して」
この組み合わせは、やはり面白味に欠ける感じがする。






「グラップルフレームモード」
ホワイト基調のカラーリングで、作業機械っぽいイメージになった。






「ワンフェス限定トライストライカーのクリアパーツを使用して」
オレンジが自己主張しすぎていて、このモードには合わないような感じ。






「通常版トライストライカーのクリアパーツを使用して」
通常版トライストライカーのクリアパーツとの組み合わせは面白みに欠けるとずっと書いてきたが、これはいい感じ。
むしろ本来のスモーククリアパーツよりも見栄えがいいような気もする。












戻る



TOPへ戻る