ミクロマン以外のおもちゃ

ページ150


ストラトフライヤー
アッセンブルボーグ シリーズ

海洋堂   定価 3300円(5%税込み)



アッセンブルボーグ第四章、その第二弾はこのストラトフライヤーです。

夏のワンフェスで試作を見せて頂いた際、どのパーツも組み換えに非常に向いていそうだという印象を受けたのですが、実際にいじってみてまさにその通りだと実感しました。
※2010夏のワンフェス アッセンブル関係のレポートはこちら

ポイントは、バルカン砲塔のパーツが2つ付属しているという事。
実はこのパーツ、デフォルトの状態では1つしか使用しません。
つまりもう1つは完全におまけパーツという扱いなのですが、組み換えで重宝する事は確実なので、このサービスは非常に嬉しいですねー。

さて第四章も来月発売のアビスシーカーで終了ですが、その後の展開も気になる所です。
そろそろジャーク勢の戦力増強をお願いしたいのですが・・・・。



過去のアッセンブル関連のレビュー
アッセンブルボーグ、モニター品についてはこちら
Mr.アッセンブル、バレルズスピーダーの製品版についてはこちら
バロン、サイバーの製品版についてはこちら
エグゾ、モニター品については、こちら
イーグ、モニター品については、こちら
ザイン、モニター品については、こちら
ドゥームダイバー、モニター品については、こちら
ゴーストガンナーについては、こちら
通常版のトライストライカーについては、こちら
パンツァーパンチャーについては、こちら
ソニックスラッシャーについては、こちら
トライストライカー、LSCについては、こちら
ワイルダネスクローラーについては、こちら






「パッケージ」
デザインのフォーマットは第三章、そして第四章のワイルダネスクローラーと同じ。






「内容物」
箱から中身を出した状態。
各パーツがトレイに綺麗に並べられている。
リボコインやリボコンテナも付属しているのが写真から分かる。
写真にはないが、これ以外にシークレットノートVol.4や組み立て説明書なども付属している。






「スタンド関係」
今回はソラモノ(空物)という事で、スタンドが付属しているありがたみはひとしおだった。






「ストラトフライヤー、基本形態をいろいろな角度から」
基本となる飛行機形態をいろいろな角度から撮影。
前進翼というのが未来的でカッコイイ。
先端の黒いパーツは本来ならばピッタリと閉じるはずなのだが、写真では少し隙間が空いてしまっている。
これはリボ球の位置を微調整すれば回避出来るはずだ。






「アッセンブル装着!」
別売りの素体と組み合わせる事で、ロボ形態に。
公式サイトなどではトライストライカーに付属の透明素体が使用されているが、
ここではサイバーの素体を使用してみた。
(シークレットノートVol.4のフォトストーリー中では、サイバーがストラトフライヤーをアッセンブル装着しているので)






「バイザーオフ!」
頭部を通常のサイバーにしてみた。
それだけで無機質なイメージからキャラクター性がグッとアップするのが面白い。
また右側2枚の写真のようにアクションポーズも自在にこなせるので、こうした装着遊びも非常に楽しい。






おまけ 
ここからはストラトフライヤーを使用したオリジナルの組み換え例を紹介

「ドラゴンパピィ」
ストラトフライヤー1個縛りで全パーツ使用、さらに変形可能な物を作ってみました。
上段はロボ形態で、ドラゴンの幼生体を意識したフォルム。
下段は巡航形態です。
使用アイテム:ストラトフライヤー×1(全パーツ使用)







戻る



TOPへ戻る