ミクロマン以外のおもちゃ

ページ160


超合金 一撃殺虫!! ホイホイさん (初回特典付)
バンダイ   定価 8800円



当サイトでも過去にレビューしましたが、コトブキヤによるホイホイさんのプラキット化は大きな驚きと共に大反響を呼びました。
※コトブキヤ ホイホイさん(プラキット)のレビューはこちら
そしてその興奮も覚めやらぬ中、今度はバンダイによる超合金化という信じられないようなニュースが。
しかしネットでの前評判は、おおむね否定的なものでした。
コトブキヤが新しく開拓しスマッシュヒットを飛ばした市場に、大企業であるバンダイがまるで後追いで割り込むかのように参入してきたという印象を与えられたからです。
私も正直、最初はあまり良い印象は持てませんでした。
しかしホイホイさん好きとしては、それだけいろいろなメーカー製のホイホイさんが手に入るという事であり、これはむしろありがたい事なのでは?と思うようになったのです。
実際に発売された物を手にしてみたら、その感謝の念はより強く強固なものとなりました。
これはとてつもなく良い物ですっ!
ホイホイさんの立体物としては、おそらくこれ以上の物は望めないでしょう。
それもそのはず、原型はなんと超高品質なガレージキットなどでも有名な、あの「リキッドストーン」さんが担当。
実は発売前にはその事は全く知らなかったのですが、バンダイもその点をもっと強調していればさらに売り上げが伸びたのではないでしょうか。
これはホイホイさんファンならずとも、可愛いフィギュア好きの人ならば必携の玩具と言えるでしょう。
塗装済み完成品なので、買ってきたらすぐに遊べるという点が実にありがたいですね。
金属パーツも意外と多く使用されていますが、これは重量感だけでなくポージングの際にも役に立ちました。
さらに複数の武器やクレイドル(充電器型スタンド)までも付属して、この出来の良さで8800円という定価はボーナスプライスとさえ言えると思います。
超オススメという事で、今回レビューの写真も久々に200枚を超えてしまいました。(笑)
私は予約して2つ買ったのですが、もうひとつ位買っておこうかと思っております。
「一家に一台」とは言わず、二台でも三台でも欲しくなってしまう逸品ですね。






「パッケージ」
高さがかなりあり正立方体に近いので、どこがフタ部分なのかが分かりにくい。(笑)
左の写真、超合金のロゴがある面がフタ部分である。






「フタを開けて」
フタを開けると、綺麗なイラストの描かれた中ブタが出てきてビックリ。
かなり凝った作りになっているが、これは非常に嬉しいポイントだった。
中ブタを左右に開いて、やっと商品を取り出すことが出来る。
パッケージ下方、黄色と黒のラインに注目。
ちょうどこの部分に初回版のみに付属する「笑って!ホイホイさん3種セット」が収められている。
という事は、再販分からはこの黄色と黒のラインの部分が無い状態となるのだろう。






「内容物」
商品に同梱される物はこのような内容となる。
(笑って!ホイホイさん3種セットは初回限定版にのみ付属)






「フィギュア本体」
服などは既に着せられた状態だが、頭部のアホ毛は前髪を外してからセットする必要がある。






「武装などのブリスター」
アームマシンガン、ハンドガン、アンテナユニット、十六夜(日本刀)。






「それぞれを見てみる」
上段、ハンドガン。
先端部のグレネードランチャーは取り外し可能。
さらに本体上部のマガジンも取り外し可能となっている。

中段、アームマシンガン。
つや消し塗装が大変美しく、これはかなり驚いた。
マガジンは脱着可能。

下段、十六夜。
刀身のメッキが美しい。
赤丸内はメッキが無く塗装されているが、これは仕様らしい。
おそらくゲート位置の関係だと思われるが、ちょっと残念な点だった。

下段右端、後頭部に接続するカチューシャ状のアンテナユニット。
後頭部との接続部分はピンジャックをリアルに再現している。
左右のアンテナ基部はボールジョイントで自在に可動。






「手首・足首・スタンドなど」
各パーツは遊んだ後、再びブリスター及び箱にキチンと収納出来るのが嬉しい点。






「手首各種」
あらかじめフィギュア本体にセットされている物も含めて、全部で6種10個。
握り手(左右)、開き手(左右)、ハンドガン持ち手(左右)、十六夜持ち手(左右)、
アームマシンガン持ち手(右のみ)、ウイルス感染時ポーズ用手(左のみ)。
軟質樹脂製だが割と固めなので、武器を持たせる時にはしっかりと保持出来るのが良い点。






「素足」
足首の関節は金属製で意外と重量感がある。
(足首自体は金属製ではない)
足の裏には設定通り、充電用の端子がちゃんとあるのが実に素晴らしい。






「ホイホイさん、本体をいろいろな角度から」
頭部にアホ毛とアンテナユニットをセットし、グルッと回して撮影してみた。
等身バランスなども含め、抜群の再現度。
カワイイですっ!






「上半身アップ」
浅井版、コトブキヤ版、そして今回の超合金版といろいろなホイホイさんがあるが、
超合金版はかなりの可愛らしさだと思う。
特に一番右の写真、ほっぺたや鼻のラインに注目。
中ブタに描かれていたイラストとぜひ見比べてみて欲しい。






「頭部の構造」
頭部はかなりのパーツ数で構成されている。






「顔パーツ」
写真は顔パーツを裏から撮影したもの。
中央の凹部に注目。
これを移動させる事により、左右の眼球を連動して動かす事が出来る。






「後頭部」
後ろ髪を取り外すと、顔パーツ裏の凹部が露出。
顔パーツを取り外す事なく視線をいじる事が出来る。
その際、取扱説明書ではアンテナユニットのピンジャック部分を使用するように説明されているが、
別に細いマイナスドライバー等を用意しておく方が良いだろう。






「視線変更」
写真は上下左右だが、もちろん斜めにも自由自在に視線を変更出来る。
これは非常に楽しい、そして有益なギミックだと思った。
後頭部の穴からいじるのではなく、一度顔パーツを外して視線をいじった上で顔パーツをはめ直せば、
さらにきつく視線を動かす事も出来る。
また私が購入した物は2つとも異常は無かったが、
ネットでは左右の視線が上下に少しズレている個体があるという報告がいくつかあった。






「前髪」
前髪はまっすぐ上に引き抜いて取り外す。
(左の写真、額上の凸部に注目)
前髪は軟質樹脂製なので、多少斜めから外そうとしても問題無いのが良い点。






「首関節」
頭部と首の接続部に軸関節。
また首自体も前後に可動する。
首自体には横ロール軸が無いので要注意。






「背中」
USB端子のフタが取り外し可能。
フィギュア本体から服を脱がせる時は、ここのネジを取り外す必要がある。






「股下から」
かぼちゃズロースとペチコートも完全再現。
ペチコートはコトブキヤのプラキットでは省略されていたので、これは嬉しい。






「リボン」
腰との接続はダブルボールジョイント。
さらに左右の部分もボールジョイントで若干の可動が可能など、実は意外と凝った作りになっている。






「素体をいろいろな角度から」
頭部を外し服を脱がせて素体を見てみた。
服の脱着については特に難しい部分は無いが、慎重に作業して欲しい。
関節部にシャドー吹きが施されている点にも注目。






「胸部アップ」
胴体の白い部分は前後共に金属パーツ。
肩と胴体の接続はボールジョイント。
肩関節は縦と横の軸関節の組み合わせ。
右の写真を見ると、首関節自体には横ロールが無い構造である事が良く分かる。






「ヒジと手首の可動」
ヒジは縦と横の軸関節の組み合わせで、縦に90度以上曲げることが可能。
手首も縦と横の軸関節の組み合わせとなっている。






「股関節と腰関節の可動」
股関節はボールジョイントで、太ももの付け根に横ロール軸もあり。
右の写真、股関節自体も左右で独立して上下に可動する。
腰は前後の軸関節で、胸との接続部にのみ横ロール軸がある。
(腰との接続部は横ロール出来ない)






「脚部の可動」
ヒザは二重関節。
足首は縦と横の軸関節の組み合わせ。
つま先は上下に軸可動する。
ヒザ関節と足首関節、つま先部分が金属パーツで出来ており、手に持った時にかなりの重量感を感じる。






「素体でポージング その1」
素体でファイティングポーズを取らせてみた。
右の写真、赤い2本のラインに注目。
ボールジョイントのおかげで肩関節の位置が左右でかなり違う点にぜひ着目して欲しい。
こうしてまず素体状態で関節の構造や可動範囲を把握しておく事は、
ポージングの際に非常に有益な経験となる。






「素体でポージング その2」
今度は立て膝ポーズ。
股関節や脚部の可動はもちろんだが、
こちらも肩のボールジョイントによりごく自然な感じで立て膝が決まっている。






「アクションポーズ」
可動部分が多いので、可愛いポーズがバシバシ決まる。
視線変更が可能なのも、ポージングに際して非常に有効だった。
また脚部の金属パーツのおかげで重量バランスが安定しているのもポイント。
コトブキヤのプラキットではつま先におもりを入れるのが流行ったが、
今回はそれを活かす形で玩具化されているのが何気に嬉しい点。
「超合金」カテゴリーとして発売された事にちゃんと意味があるのが素晴らしい部分だ。






「片足立ちも可能」
スタンドによる支え無しでも写真のように片足キックポーズで安定しているのがスゴイ。
これも脚部に金属パーツを使用している恩恵と言えるだろう。






「お座りポーズ」
スカートとエプロン、及びペチコートは軟質樹脂製。
スカートとペチコートは前後に二分割されているので、
写真のようにお座りポーズも可能。






「ウイルス感染時のポーズ」
この商品がまだ発売される前、サンプル写真のこのポーズを見て購入を決意した人はたぶん多いと思う。
それほど超合金ホイホイさんのこのポージングの可愛らしさは際立っていた。
腰をクイッとやっているこの姿、この再現度は尋常ではない。
ただしウイルス感染時と言われても、原作を知らない人には何の事だかさっぱり分からないと思う。(笑)






「ハンドガン」
トリガーにキチンと指がかかり、しっかりと保持出来る点が実に素晴らしい。
こういった所は非常に地味な点だが、完成度が格段に違ってくる部分でもある。
先端のグレネードランチャーが取り外し可能なので、プレイバリューが高いのも良い点。
またハンドガン持ち手は左右分付属しているので、
商品を2つ買えば下段の写真のように二丁拳銃も可能となっている。






「アームマシンガンを持たせて」
そこそこの大きさがあるが、オールプラ製なので保持に問題はない。
商品にはこのアームマシンガンとハンドガンが同梱されているので、
下段の写真のようにメインウェポンはアームマシンガン、サブウェポンはハンドガン
というように持たせられるのが嬉しい。






「十六夜」
刀身が根本から折れたという報告がいくつかあるので、手に持たせる際には慎重に。
また柄の部分の赤い色が手の中に若干色移りしてしまうが、
これはしっかりと保持出来る事と二律背反なので仕方がないかもしれない。
十六夜持ち手は左右分付属しているので、
商品を2つ買えば下段一番右の写真のように二刀流も可能となっている。






「クレイドル(充電器型スタンド)」
コトブキヤのプラキットでは別売りだったクレイドルも、本商品では最初から付属している。
右から2番目の写真、スイッチの下の溝はUSB端子接続用の物だが、
もちろん実際に端子を接続する事は出来ない。
一番右の写真、クレイドル裏の中央の刻印に注目。
まるで現実のクレイドルであるかのような文字が刻まれている。
ホントに芸が細かい。






「ライトギミック」
クレイドルの金色の端子部分がスイッチとなっており、
ホイホイさんを上に乗せる事でLEDが赤く発光。
電池はボタン電池LR44を2個使用。
残念ながら充電完了状態を示す緑には発光しない。
電池はあらかじめクレイドルにセットされており、別売りではない点が嬉しい。






「クレイドルに乗せていろいろな角度から」
素足でちょこんと乗っている姿が、なんとも愛らしい。






「武器ラック」
クレイドルの右に武器ラックを接続する事が可能。
同梱されている武器をディスプレイする事が出来る。
クレイドルの左にも武器ラック接続用の穴があるが、
魂ウェブ限定で今後発売される武器セットにはラックは付属していないようだ。






「笑って!ホイホイさん3種セット」
劇中での設定通りホイホイさんは自分では表情を変える事は出来ないので、
顔面自体を交換する。
右の写真、左から照れフェイス、笑フェイス、ペロッとフェイス。
(名称は取扱説明書より)
パッケージが劇中に登場した本物を忠実に再現している点が、何ともニクイ。
ただ、視線変更ギミックが搭載されていないのが少し残念だ。






「照れフェイス」
困惑しているかのような眉毛の形がポイント。






「笑フェイス」
無表情な笑顔が怖い。(笑)
だがそれこそがホイホイさんの魅力だと思う。






「ペロッとフェイス」
やはり不二家のペコちゃんっぽいイメージ。






「プラキットとの比較」
コトブキヤのプラキットと比較してみた。
(2枚とも右がプラキット)
発売当初はあれほど傑作だと思っていたプラキットだが、
こうして超合金版と比べるとなにやら少し微妙に思えてきてしまうから不思議だ。(汗)
ただ全体のバランスなどはプラキットに酷似しており、
いかにその設計が優秀であったかを示している。
※コトブキヤ ホイホイさん(プラキット)のレビューはこちら






「実景と合わせて」
1/1スケールという事で、合成無しで実景と合わせてみた。
プラキット版をレビューした時にもやってみたが、
どこに置いても似合ってしまうのはやはりホイホイさんならではだと思う。






「ホイホイ兎・コンバット狐」
コトブキヤから発売されている、着ぐるみホイホイ兎と着ぐるみコンバット狐。
(各3360円 5%税込み)
一番右の写真、表記からも分かる通り、安心・高品質の日本製。
コトブキヤ通販、及び直営店限定品で、一般の店では売っていない。
本来はプラキット用に販売されている物だが、超合金にも流用可能かと思って買ってみた。
まだ超合金版が発売される前、初版は瞬く間に完売してしまったのだが、
今回の超合金発売に合わせるかのように立川のコトブキヤ店頭で発見。
値段も高く、また超合金版に流用可能かどうかも分からなかったのでかなり迷ったのだが、
「えぇい、ままよっ!」と買ってしまった。
その結果は・・・・






「着ぐるみホイホイ兎、超合金ホイホイさんにもジャストフィット!」
当サイト的には久々に出たこの言葉、声を大にしてもう一度叫びたい。
まさに「ジャァァァストフィィィィットッ!」
着せる際には分解して服を脱がせたり手足をボールジョイントから外したりする必要があるが、
しかしそれにしてもこんなにピッタリと合うとは思わなかった。
カワイイ、カワイイですっ!






「頭部と脚部のアップ」
このモコモコ具合が何ともタマラン!
実際に着せてみるまでは、ここまで可愛らしくなるとは全く予想出来なかった。
もう無理をしてでも買ったその時の自分を、全力で褒めてあげたくなりましたよ、えぇ。






「お座りポーズ」
モコモコ感と等身バランスにより、さらに幼女っぽいイメージが強調されている。
こうなるともう、ぬいぐるみのようにしか見えない・・・・。(汗)






「スタコラポーズ」
スタコラサッサと歩く様子をイメージしてみた。
着ぐるみはモコモコしているが関節はちゃんと生きているので、このようにポージングも可能。
ただし関節の状態が見えなくなるため、無理な角度に曲げたりしないように注意が必要。






「着ぐるみコンバット狐、超合金ホイホイさんにもジャストフィット!」
本来はコンバットさんのプラキット用の着ぐるみだが、
超合金ホイホイさんにも着せる事が出来た。
ただホイホイ兎に比べると、可愛さは若干劣るイメージ。
これはやはり超合金コンバットさんの発売に期待するしかないようだ。






「頭部と脚部のアップ」
可愛いが、あまり狐っぽくは見えない。(笑)
一番右の写真、大きなしっぽが非常に印象的。






「お座りポーズ」
もちろん写真のようにお座りポーズも可能。






「アクションポーズ」
やはり素立ちよりもポージングさせた方が可愛らしさが増す印象だ。






「アリス服を着せて」
アゾン1/12デスクトップコスチュームシリーズのアリス服・水色(1800円)を着せてみた。
カワイイッ!
プラキット版のレビューでも着せてみたが、やはり「カラフルホイホイさんアリスVer.」の布服版といった趣がある。
プラキットに着せた時は肩関節が外れた状態だったが、
この超合金版では肩もしっかりと接続した状態で着せる事が可能。
大変良く似合っているので、ずっとこのままで飾っておきたいと思ってしまった。






「ドレスワンピを着せて」
HoneySnowさんのピンキーストリート用ドレスワンピ・黄(800円)を着せてみた。
プラキット版のレビューの際には、これの青タイプを着せている。
こちらもジャストフィット!






「ハロウィン服を着せて」
HoneySnowさんのピンキーストリート用ハロウィン・パーティー・オレンジ(1200円)を着せてみた。
帽子は被せにくいが、なかなかキュート。





「ミニ丈巫女服を着せて」
アゾン1/12デスクトップコスチュームシリーズのミニ丈巫女服(2000円)を着せてみた。
ホイホイさんと巫女さん・・・・意外と合うんです。(笑)






「オビツボディ11」
秋葉原のコトブキヤで偶然発見した素体。
ホイホイさんに合うかも・・・・と思ってとりあえず買ってみた。
色はホワイティとナチュラルの2色が存在。
また足の裏にマグネットがあるタイプ(定価1785円 5%税込み)と
無いタイプ(定価1575円 5%税込み)が存在している。
今回購入したのはホワイティのマグネット付きの物。
一番右の写真、パッケージ裏の商品特徴の説明に注目。
各関節を自由にばらせるのがポイントとなっている。






「内容物」
フィギュア本体、交換用手首、頭部ジョイント用アタッチメント、スチール盤。
各手首は軟質樹脂製となっている。






「ホイホイさんの頭を接続」
上段左、胴体のパーツを前後にばらして背中側から見た状態。
上段右、首のジョイントを外し代わりに6mmリボ球を入れる。
下段左、ホイホイさんの頭部の可動軸を外しリボ球に接続。
下段右、作業が完了した状態の全身。
リボ球の移植は全くの無加工で可能なのがポイント。
まるで計ったかのように軸の径がピッタリと合う。






「超合金ホイホイさんの頭部+オビツボディ11」
顔と身体の色味が若干合っていないが、それほど気にならない程度。
色がホワイティではなくナチュラルの方を購入していればもっと合ったのかもしれない。
ホイホイさんの頭部はかなり重く、重量バランスが背中側に行きがちなのだが、
足裏のマグネットによりしっかりと自立している。
ボディはマグネットのあるタイプと無いタイプが存在しているが、
ぜひマグネットのあるタイプの購入をオススメしたい。






「お座りポーズ」
可動素体だけあってさすがに良く動く。
こうして見ると、なんだか妖精さんのような雰囲気。(笑)






「ミニ丈メイド服を着せて」
アゾン1/12デスクトップコスチュームシリーズのミニ丈メイド服(1600円)を着せてみた。
超合金ホイホイさんの素体にも着せてみようと思ったのだが、腕が袖を通らなかった。
しかしオビツボディ11ならば着せる事が可能。(下段の写真)
コトブキヤの プラキットに着せた時は肩関節が外れた状態だったが、
この超合金版では肩もしっかりと接続した状態で着せる事が出来た。
だがウエストが太く、エプロンが腰回りに足りないのが問題点。(上段の写真)






「腹パーツを外して」
分解して腹パーツを外し、また組み直してみた。
このように分解・組み立てが容易に出来るのがこの素体の特徴となっている。






「腹パーツを外してミニ丈メイド服を着せて」
今度はエプロンがしっかりと背中まで回っている。
ただウエストがギューッと絞られているようなシルエットになり、なんだか苦しそう。






「フレンチメイド・ピンクを着せて」
アゾン1/12デスクトップコスチュームシリーズのフレンチメイド・ピンク(1700円)を着せてみた。
こちらも腹パーツを外して着せている。
リボンがキチンと背中まで回っている点に注目。






「シフォンワンピースを着せて」
アゾン1/12デスクトップコスチュームシリーズのシフォンワンピース・黒(900円)を着せてみた。
いちおう腹パーツを外して着せているが、腹パーツがあっても問題無く着せられそう。
下の肌色が透けて見えるのがセクシーな感じ。(汗)






「ドレスワンピを着せて」
HoneySnowさんのピンキーストリート用ドレスワンピ・青(800円)を着せてみた。
こうなるともう、ホイホイさんとは全く別のフィギュアのように見えてしまう。













戻る



TOPへ戻る