ミクロマン以外のおもちゃ

ページ164


デビルズブラッド
アッセンブルボーグ シリーズ

海洋堂   定価 2500円(5%税込み)



アッセンブルボーグ第5章が遂にスタート!
第5章はジャークノイド側の変身システムですが、まず第一弾としてデビルズブラッドとアシッドワームが発売されました。
順番からいうと本来は第4章として発売されると思っていたので、まさに待ってました!という感じですね。
今回はそのデビルズブラッドのレビューです。

とにかくラメ入り素体が素晴らしいっ!
シンプルな素体にラメが入る事によってここまで格好良くなるとは、実際驚きました。
今回はそのラメ素体がまるまる一体分付属するというのもスゴイ点です。
しかもそれでお値段は据え置き2500円とか、そんなにサービスしちゃってホントに大丈夫なんですか?と。(汗)

装着状態のデザインも惚れ惚れするほどカッコイイですね。
まさに悪にしかない、悪独特の魅力に満ち満ちています。








「パッケージ」
従来通り章ごとに共通のデザインを使用。
ナンバーと商品名の部分はシールにより差別化を図っている。







「内容物」
左上の水色の袋はリボジョイント一式。
左下にはリボコンテナも見える。
またサービス終了に伴い、今回はリボチップは付属していない。







「スタンドなど」
スタンド類は別袋で梱包されている。
スタンドの模様が新たにジャークノイド仕様になっている点にも注目。







「シークレットノート」
第5章にはシークレットノートVol.5が付属。
毎回裏表紙では次に発売予定のアイテムが載っていたのだが、
今回は代わりに黄金の無限連鎖の遺跡らしきものが。
とにかくこれで一段落ついたという事がここからも分かる。







「ラメ素体をいろいろな角度から」
アンドロイドAの敵・宇宙人を彷彿とさせるラメ入り素体。
往年のタカラオリジナルSF玩具好きにはタマランです・・・・。
今回の第5章はその素体部分がまるまる一体分付属するという超豪華仕様。
それでいて素体が一部しか付属していなかった正義側変身システム(第三章)
と同じ価格というのがスゴイ。
写真は頭部に小パーツを装着してみたが、別にこれが公式設定という訳ではない。







「素体用手首各種」
素体用手首も各種付属している。
手首にもキチンとラメが入っている点に注目。







「エグゾパーツを装着して」
ラメ素体にエグゾの頭部とブレストパーツを装着してみた。
なんでしょう、このハマリ具体・・・・。(汗)
というか、これこそがエグゾ本来の姿だと思ってしまいましたよ。
この姿を見たら、もう元の普通のボディには戻せない感じですね。







「デビルズブラッド、通常形態をいろいろな角度から」
最も基本となるであろう形態をグルッと回して撮影してみた。
紫部分のメタリック感が実に素晴らしい。







「上半身アップ」
赤や金の細かい部分の塗装も綺麗。
各パーツにスミイレが施されているのが分かると思う。







「手首パーツ」
手首は左右で共通となっており、1パッケージに2個入っている。







「逆光で撮影」
ラメ入りのクリア素体を活かすべく逆光で撮影してみた。
怪しい感じが強調されてなかなか良いですねー。







「アクションポーズ」
やはり大きな羽根が実に素晴らしいシルエット上のアクセントとなっている。
ただしポーズによっては頭部の角と干渉しがちなので要注意。







「腕部を左右とも手首パーツにして」
刃物よりも手首の方がやはり表情をつけやすい。
それにしても、なんてデモーニッシュなスタイルなんだ・・・・。







「両手刃物で」
1パッケージのみで写真の姿にする事も可能。
代えパーツが豊富に付属しているので遊びがワイドだっ!







「組み換え その1」
羽根を背中に装着し腕パーツを別に用意してみた。
素体パーツがフルに入っている利点を実感した。







「組み換え その2」
頭部を弓に見立ててみた。
矢のようなパーツも付属しているのがポイント。







「組み換え その3」
謎の飛行生物に組み換えてみた。
嫌な羽音を立てて飛んできそうなイメージ。(笑)







「組み換え その4」
2セット使用して4枚羽根にしてみた。
実にハッタリの効いたシルエット。







おまけ
「CGと合成」









戻る



TOPへ戻る