ミクロマン以外のおもちゃ

ページ166


スーパー戦隊 レンジャーメカニクス
コスモフリートコレクションEX

メガハウス   定価  各1500円



スーパー戦隊シリーズの母艦、しかも戦隊初期の作品からのラインナップという事で、見事にオッサンホイホイの商品です。
母艦本体はオールプラ製でカッチリとした仕上がり。
ロボなどはPVC製となっています。
母艦もロボも全塗装で、成型色のままの部分が全く無いのがポイント。
母艦の白い部分もちゃんと塗装されています。

ただ大きさから考えると、これでひとつ1500円は高いというのが正直な印象ですね。
本当は超合金魂として合体・変形可能なロボと共に商品化して欲しかったのですが、今回はそのためのお布施として買ったという感じです。
本放送当時を懐かしむ世代にはオススメしたいと思います。







「1BOXパッケージ」
1BOXに4個入り。
1BOXで全4種が揃うようだ。(ダブリ無し)







「パッケージ」
ブラインドボックスなので、開封するまでは全4種中何が入っているか分からない。







「ボックスの側面と裏面」
商品内容の説明が分かりやすかったので載せてみた。









「バトルシャーク商品内容」
塗装済みのランナーパーツが含まれる。
パーツとランナーの接合部は非常に面積が小さい(タッチゲート仕様?)ので、
パーツを切り取っても未塗装になる部分はそれほど気にならない。
ちなみにこのランナーパーツの仕様は全3種とも共通。
(ジャガーバルカンにはランナーパーツが付属しない)







「バトルフィーバーロボとバトルシャーク」
百円硬貨との比較から大きさが分かると思う。
結構小さい手のひらサイズ。







「バトルシャーク」
バトルフィーバーJに登場する母艦。
全体にウォッシングが施されているが、仕上がりはちょっと雑な印象。
この大きさならむしろウォッシングは必要なかったような気もする。







「安定翼展開」
艦首安定翼が展開可能。







「バトルフィーバーロボ収納」
付属のバトルフィーバーロボを母艦内に収納可能。







「バトルフィーバーロボ」
写真で見ると塗装が雑な印象だが、
現物はとても小さいのでむしろ非常に細かい塗り分けだと思う。







「腕部交換」
腕は電光剣やその鞘、バトルシールドを持った物と交換可能。









「デンジタイガー商品内容」
塗装済みのランナーパーツが2枚含まれる。
ランナーの仕様については前述の通り。







「ダイデンジンとデンジファイター、デンジタイガー」
百円硬貨との比較から大きさが分かると思う。







「デンジタイガー」
電子戦隊デンジマンに登場する母艦。
艦橋部のアンテナは折れやすいので組み立て時には要注意。







「飛行形態に変形」
主翼を展開しキャタピラを収納して飛行形態に変形可能。
キャタピラはいったん取り外し、カバーパーツを付けてから角度を変えて付け直す。







「キャタピラとカバーパーツ」
カバーパーツの左右が分かりにくいのが難点。
(R・Lの表記がランナーにしかなくパーツ単体では分からない)
写真上方中央部に注目。
カバーパーツ裏の小さい穴が前方になるように付けるのが正解のようだ。







「クレーン」
別パーツのクレーンを艦尾に装備可能。







「ハッチ展開」
ハッチを展開して付属のデンジファイターを格納可能。







「ダイデンジン」
細かい塗り分けに注目。







「デンジファイター」
ダイデンジンがデンジタイガーから発進する時の飛行形態。
この塗り分けに関しては必要最小限という感じ。









「ジャガーバルカン商品内容」
全4種中、この商品にだけ塗装済みのランナーパーツが含まれない。







「サンバルカンロボとコズモバルカン・ブルバルカン、ジャガーバルカン」
百円硬貨との比較から大きさが分かると思う。







「ジャガーバルカン」
太陽戦隊サンバルカンに登場する母艦。
今回の商品では、全4種中最も細かい塗り分けが必要とされる。
左下、艦底の形状もリアルに再現。
(艦底がこういう形状だという事を今回初めて知った)







「ハッチ展開」
ハッチを展開して付属のコズモバルカンを格納可能。
ブルバルカンは左右に分離出来ないので収納不可となっている。
艦首ハッチが開けにくい場合は右の写真を参考にロックの位置を確認すると良い。
(赤丸内に注目、左右の同じ位置にロックがある)







「サンバルカンロボ」
太陽剣にもしっかりとそのモールドがある点に注目。







「コズモバルカンとブルバルカン」
この2つのメカがジャガーバルカンから発進後、変形合体してサンバルカンロボになる。
ちなみにこれが戦隊シリーズ初の合体ロボ。









「バイオドラゴン商品内容」
塗装済みのランナーパーツが含まれる。
ランナーの仕様については前述の通り。







「バイオロボとバイオジェット1号・バイオジェット2号、バイオドラゴン」
百円硬貨との比較から大きさが分かると思う。







「バイオドラゴン」
超電子バイオマンに登場する母艦。
写真左下、艦底部のウェザリングはもうちょっとなんとかならなかったのかと。(汗)







「空母形態に変形」
ハッチを展開して別パーツの艦橋をセットし、戦艦形態から空母形態に変形可能。
付属のバイオジェット1号とバイオジェット2号を搭載可能。







「変形途中」
ハッチを開いたら中に厚紙が入っていて驚いた。(汗)
これがなくても戦艦形態の維持は可能だが、あった方が安定する。







「バイオロボ」
これまた塗り分けが非常に細かい。







「バイオジェット1号とバイオジェット2号」
小さいながらも的確な形状把握と細かい塗装が素晴らしい。









「全4種を並べて」
こうして見ると全4種中ジャガーバルカンが最もボリューム感がある。







「ディスプレイ背景用絵葉書」
全4種入りボックスに封入されていた絵葉書。
この事は事前にアナウンスされていなかったので、開封時に非常に驚いた。







「絵葉書を使ってディスプレイ」
写真のように雰囲気のあるディスプレイを手軽に出来るのが嬉しい。











戻る



TOPへ戻る