ミクロマン以外のおもちゃ

ページ22


サンダーバード1号
サンダーバード・スーパーメカニクスシリーズ
タイトー   定価 なし



本来はゲームセンターなどにあるクレーンゲームの景品なので定価はありませんが、あちこちの店で1つ千円程度で買うことができます。
同じラインナップで2号・3号・4号・5号・ジェットモグラがありますが、どれもかなりの出来です。

さて、この1号ですが、まずなんと言ってもその大きさに驚きます。
そして写真からも分かる通り、スタイル・塗装・ウェザリングも感動レベルです。
これが千円程度で買えるというのは、本当に凄いことですよ。
サンダーバードのテレビシリーズに胸をときめかせた人なら、絶対に入手しておくべきだと断言できます。
値段と出来のバランスを考えても、久々に心の底からおすすめできる一品です。




1/100 MG フリーダムガンダム
バンダイ   定価 3800円



これは完成品のおもちゃではなくプラモデルなのですが、パーツ分割や色分けがよく考えられているので、ストレートに組み上げるだけでもかなりいい感じに仕上がります。
今回紹介の写真の物も、パーツカット後にゲート処理・合わせ目処理をして付属のデカールやシールを貼り、つや消しのトップコートを吹いただけの物です。
いわゆる「簡単フィニッシュ」という方法ですね。(笑)

背中の大きな翼のために、自立させるのは結構大変です。
しかし、付属する専用の飾り台を使用すれば空中でのポーズにも対応するため、ストレスを感じることはないでしょう。
通常はこの飾り台を使用して展示するのが良いと思います。
キットの箱が妙に大きいため、それに比べると本体が大変小さく感じたのですが、ウイングをフルに広げるとかなりのボリューム感があり、大満足です。
最近のガンダム系のキットの中でも、組み立てやすさや仕上がりを考えると、これはおすすめですよ。




ガンタンク
ハイコンプロ(HCM Pro)
バンダイ   定価 1500円



主人公機の引き立て役でしかないにもかかわらず、いままで結構立体化の機会には恵まれてきたガンタンクですが、今回紹介したハイコンプロは今までの物の中でもかなり良く劇中のイメージを捉えていると思います。
キャタピラは無可動ですが、ちゃんと「たるみ」が再現されているのが凝っています。
機体底部には4つのバーニアらしきモールドもあり、好印象。
ちょっとした問題は、腰の可動範囲が狭いことと肩キャノンが取れやすいことですが、それ以外は特に問題はありません。
なんと言ってもハイコンプロシリーズ展開早々から、V作戦の3機のMSが揃えられるというのが一番嬉しいポイントだったりします。




サンダーバード2号、3号、4号、5号、ジェットモグラ
サンダーバード・スーパーメカニクスシリーズ
タイトー   定価 なし


このページの上の方で紹介しているサンダーバード1号と、同じラインナップの商品です。
やはりそれぞれ千円程度で入手できると思います。
まずはそれぞれの解説を。

2号:塗装のタレなど、表面に雑な部分がある。コクピット部の厚みというかふくらみが足りない印象。コンテナ脱着可能、伸びた状態の脚が付属。
3号:同シリーズの5号とドッキング可能。しかしそのため、他のラインナップに比べて小さい。
4号:前部アームが可動。コクピット内部の作り込みがすごい。
5号:3号とドッキング可能。飾り台付属。窓の「逆さ文字」も再現。塗装はかなり雑。
ジェットモグラ:キャタピラは固定。ガントリーが可動。

今回紹介した中では、4号が素晴らしいですね。
その他は、前に紹介した1号ほどのすごさはありませんが、値段から考えると充分な内容ではないかと思います。



戻る



TOPへ戻る