ミクロマン以外のおもちゃ

ページ31


宇宙戦艦ヤマト
ポピニカ魂 BPX−01
バンダイ  定価 19800円



発売後数年が経過し店頭ではめっきり見かけなくなって、一時はかなりのプレミア価格で取り引きされていた本品ですが、この度めでたく再販されました。
そこで当ホームページでももう一度、前回紹介の時よりも大きくたくさんの画像で紹介してみたいと思います。
少し心配だったのですが、再販分は塗装が汚くなったなどということもなく、初版と変わらぬ出来映えでした。ただし、煙突後ろの3方向に伸びる樹脂製の尾翼(?)は初版同様かなり曲がっており、ここはプラ製に修正して欲しかったところです。
第1・第2主砲および第1副砲は、右舷展望室のダイヤルで連動して旋回させることが可能。右舷側には他にもギミック用のボタンが目立たないように配置されていますが、ちょっと気になる人はいるかもしれません。
艦首ハッチを開いて内部メカを見ることができ、波動砲発射時の突入ボトルの移動を手動で楽しむことが可能。また、バルバスバウを外して艦首レーダーを見ることが出来ます。
金属製のチェーンが付いた発射状態のロケットアンカーが付属し、通常時の物と取り替える事が可能。
艦の主翼は艦底部のレドーム(?)を移動させることにより、「シュパッ」と気持ちよく展開させることができます。
艦橋下のパルスレーザー砲塔は、手動で連動して旋回が可能。ただし、このギミックは左舷側のみです。
第三艦橋底部や艦載機発進口のハッチが開閉可能。艦載機発進口は側面を開くことにより、中を見ることが出来ます。
艦後部のパネルを開いて波動エンジンを見ることが可能。さらに右舷側の艦載機用カタパルトを動かして、フライホイールを回転させられます。
波動砲発射やメインエンジン点火などのライト&サウンドギミックも豊富に搭載。
同スケールの艦載機5機、それに組み立て式のコスモクリーナーDも付属。
価格は確かに高いですが、購入後の満足感はそれに見合うだけのものがあると思います。
前回買い逃した方、または購入を迷っている方がいたら、早めの入手をおすすめします。




仮面ライダー ファイズ
S.I.C. VOL.28
バンダイ   定価 3500円



発売前に雑誌などに載った写真を見たときは正直微妙だと思ったのですが、実際に手にとってみて印象がガラリと変わりました。実物はかなりかっこいいです。
胸アーマーは左右非対称に細かくメカっぽいモールドがびっしり造形されているなど、「工業製品的ライダー(?)」という劇中のファイズの特徴を見事に表現しています。足裏にもしっかりとモールドがあるのがなかなかすごいところ。
関節の可動範囲は同ラインナップの龍騎系よりも広く、かなり自由なポーズが取れます。クリムゾン・スマッシュ前の溜めポーズも可能なのが感動ものです。ただ、関節保持力がちょっとゆるめという印象があるので、各自で調整の必要があるかもしれません。
ファイズショットやファイズポインターなどのファイズギアが付属し、それらを劇中よろしくツールボックスに収納できるのが嬉しいところ。ファイズフォンはファイズドライバーから取り外すことができ、フォンプラスターへの変形が可能。アタッチメントパーツを使用してファイズポインターを装着することもできます。ミッションメモリーも脱着でき、ポインターやショットに付けることが可能。これらの小さいパーツはポロポロと取れやすいので、紛失に注意が必要です。特にファイズフォンやポインターの先の方などが取れやすいようです。ファイズエッジの刀身部分がクリアパーツではなく金属製なのが残念なところでしょうか。
パーツの差し替えで、ウルフオルフェノクへの換装も可能。全身がトゲトゲしたアレンジで造形されています。一部のツメが金属製なのも高ポイント。ただし、デザイン上の制限と重量バランスからか、あまりいろいろなポーズをつけて遊ぶのには向いていません。これは仕方のないところでしょう。


メカっぽいデザインや広い可動範囲など、今回の商品は私のツボを突きまくりという感じでした。
かなりのおすすめです。


おまけ
発光をCG加工で再現(かなりダメっぽい感じ・・・・)





マスターピースコンボイ用トレーラー
JUST TOYS(香港)   定価 4980円(?)


タカラのマスターピースコンボイは大変素晴らしい商品なのですが、ただひとつ問題点がありました。トレーラー(コンテナ)部が付属せず、パッケージを利用したペーパークラフトでお茶を濁している点です。今回紹介する商品は、まさにその点を突いた「隙間商法」とも言うべきものでしょう。香港のJUST TOYSというメーカーから発売されたこのトレーラーは、タカラのマスターピースコンボイの足りなかった部分を完全に補ってくれます。
パッケージからして、既にマスターピースを意識していると思われるところがニヤリとさせられます。パッケージには日本語による説明も書いてあるのですが、誤字はないもののニュアンスが微妙に異なっているのがおもしろい点ですね(笑)。箱のバーコード部分を見ると、定価は4980円なのでしょうか。
商品本体に目をやると、コンテナ側面のサイバトロンマークや青のラインはシールなどではなく、キッチリとしたモールドに塗装が施されています。
タイヤはゴム製で、マスターピースコンボイのタイヤに極めて近い物になっています。
後部の扉は開閉し、同じくタカラのバイナルテックシリーズの車を収納可能。コンテナ内部はただの空洞ではなく、車止めや床のモールドも再現されている点に好感が持てます。
トレーラー単体で飾るときのために、支柱のパーツが付属。マスターピースコンボイと接続するときは支柱を外し、コンボイに付属していたジョイントパーツを使用します。
残念な点は、コンボイとの接続がかなりゆるく、ほとんど上から穴に刺さっているだけという感じの点。また、運転席部分とコンテナ部分との間がかなり広いデザインになっているのも、ちょっと気になる点です。コンテナ前部の正面と上方にある正方形の窓(というか穴)も、ただポッカリと空いているだけなのが寂しいですね。内側から薄い透明プラ板でも貼ってやると良いかもしれません。

この商品は、本来ならばタカラ自身が出すべき商品のはずです。香港のメーカーということで無版権ものなのかもしれませんが、パチもの特有の安っぽい感じはなく、カッチリとした仕上がりです。ぶっちゃけ「ただの箱」なので値段はちょっと高いと感じるかもしれませんが、しかしやはりこのトレーラー部があってはじめてマスターピースコンボイが完全な物になったという気がします。
マスターピースコンボイを持っている方ならば、買っておくべきだと思います。






戻る



TOPへ戻る