ミクロマン以外のおもちゃ

ページ35


聖戦士 ダンバイン
ロード オブ バイストン・ウェル Vol.1
バンダイ   定価 3800円


かなり独特のアレンジがなされており、まさに「S.I.C.のオーラバトラー版」といった感じです。
特に顔(というか額)のデザインは発売前から散々叩かれていたようで、私も気に入らないアレンジだったのですが、実物をいじくってみるとそれほど気にならなくなってきてしまいました。眼・あごパーツを取り外すことが可能ですが、取り外した状態の方がかっこいいかもしれません。
購入後は顔よりもむしろ、妙に昆虫っぽい拳の方が気になってしまいます。指が4本だし、どちらが右拳でどちらが左拳かも判断しづらいようなデザインなので。(笑)
本体各パーツは、やや黄色がかった透明に成型されたパーツの上から塗装されており、所々意図的に塗装を薄くしてあるなど、その透明感を活かした表現は大変興味深いです。
本体だけなら自立は可能ですが、羽根やオーラコンバーターを背中に付けると、付属のスタンドが必要不可欠になります。羽根はボールジョイントで自由に可動。オーラコンバーターも上下に可動可能ですが、かなり重量があり、自然にパタンと閉じてしまいます。
コクピットは、劇中同様の手順で開閉可能。丁寧に塗り分けられたショウ・ザマのフィギュアを搭乗させられます。
身体の各関節部は細かく分かれており、かなり自由に動かせます。特に足の爪を閉じた状態にできるのがすごい所。ただし後ろの爪が非常に取れやすいので、紛失に注意が必要です。
拳は通常の平手の他に、右は剣握り手、左は握り手が付属。それぞれ反対側用のものも付属させてもらいたかったですね。
腕の爪は伸縮可能ですが、劇中のようにオーラショットの引き金を引くというギミックはなし。そのオーラショットは、弾倉が脱着可能です。
TV版のデザインに準規したオーラショットの他に、玩具オリジナルデザインのものが付属。
また、金属製のオーラソードも通常のもの以外に、刀身がうねった黒魔術風のものが付属します。
さらに、巨大な貝のようなオリジナルデザインのシールドが左右一つずつ付属。このシールドの先端には短い刃が仕込まれており、スライドさせることができます。

私の結論としては、充分買う価値ありという感じです。2千円代で売られていたら、買っても損はないでしょう。




創聖合体 アクエリオン
DX超合金
バンダイ   定価 19800円



3機のベクターマシンが3通りのロボットに変形・合体する様は、やはり感動ものですねー。合体時はかなり大きく重量も相当あるので、いじっているときの充実感は大変なものです。
各ベクターマシンの形状はもちろん、各合体形態も大変かっこよく、さすが超合金化を前提にしてデザインされただけのことはあるなと実感。各ベクターマシンを見ると、これが合体して3種類の人型ロボットになるなど想像もできません。しかも差し替えパーツ・余剰パーツ一切なしで各ロボット形態に合体が可能というのは、やはりすごいことだと思います。(ソーラー時のかかとパーツについては後述)
写真からも分かる通り、機体の塗り分けや細かいマーキングなどは非常に美しいです。同じくバンダイの「エウレカセブンのトランスモデル」や「仮面ライダー龍騎の大人用Vバックル」などはかなり酷い物でしたが、この商品に関してはそんな心配は全くないようです。塗装やマーキングに関しては、文句なく値段相応の仕上がりであると言えるでしょう。特に、各ベクターマシンのコクピット部(?)にはクリスタル状の仕上げがされており、神秘的で不思議な色彩を放っているのが大変印象的です。
商品には太陽剣(ソーラーアクエリオン用)・星空剣(アクエリオンマーズ用)・月光剣(アクエリオンルナ用)が付属。剣を握らせるため、それぞれに左右の持ち手が用意されています。また、3本の矢とスパイラルアローも付属しますが、これは矢を射るポーズを取らせても拳の上に乗せることができるだけです。それ以外に展示用スタンド、ソーラー必殺モード用メッキパーツ、ベクターマーズ・ルナ用保持パーツ、ソーラーアクエリオン用かかとパーツなどが付属。このかかとパーツはソーラーアクエリオン時に安定のために付けるようになっていますが、付けたところで直立は困難なためそれほど意味はないように思います。

さて今も触れましたが、この商品の最大の問題はその重心バランスの悪さだと思います。大きくて重くて大迫力なのですが、逆にそのことが災いしている部分があるようです。
デザイン上バックパックが大変重くなってしまうため、スタンドの使用が前提となってしまうのは残念ですね。ポーズをつけようとあちこちいじっていると、バタッと倒れそうになったり腰がグルンと回転してしまうなど、とても遊びづらい印象を持ちました。某掲示板に「無重力状態で遊んだら最高の玩具」という書き込みがありましたが、まさにその通りだと思います。
また、立体パズルのような複雑な変形機構もいじるのが楽しい一方、位置決めが難しい場合があるなど、やはり遊びづらさを感じる場面があります。

多少遊びづらいということを事前に承知の上でなら、番組本編に思い入れのある人や合体玩具が好きな人には、この値段でもおすすめできるというのが私の結論です。




仮面ライダー カイザ&デルタ
S.I.C. VOL.30
バンダイ   定価 4500円


基本的には先に発売されたファイズと同じフォーマットなので、可動範囲はS.I.C.としては広いです。
ただしアーマーが干渉する部分が多いので、一般的なアクションフィギュアに比べれば可動範囲は狭めと言えるでしょう。
カイザ・デルタ共にツールボックスが付属し、各ギア(装備)を収納できます。
問題は、両者とも頭のマスク部が曲がって接着されている例が多いらしいという点でしょうか。
結論としては、この商品単体ではそれほど魅力を感じないというのが私の正直な感想です。
しかし、同ラインナップのファイズと共に3体並べて飾ると、グッと見栄えが良くなるのもまた事実。
ファイズを既に入手済みならば、やはりこちらも購入するのが吉でしょう。

カイザ
カイザフォンは劇中通り回転式で展開可能。
カイザポインターはたたんで(双眼鏡モード)、腰の後ろに付けることができます。
拳パーツが今一つで、カイザブレイガンが非常に持たせにくいのは問題です。
刀身はファイズと同じく金属製で透明パーツではないのが残念なところ。
また金属製なので重量があり、関節の弱さとも相まってポーズが付けにくいのも難点ですね。
しかし一番の問題点は、ポーズを付けているとカイザフォンや肩アーマーがポロポロと取れるという点です。
フォトンブラットは一部クリアーパーツで再現されており、これは非常に良い雰囲気です。

デルタ
胸アーマーがクリアーパーツで再現されており、中が透けて見えます。
また、このパーツは脱着が可能。
デルタフォンはデルタムーバーにセット可能。
ミッションメモリーを装着して、差し替え無しでポインターモードへ変形できます。
ミッションメモリーは非常に小さくて予備もないため、紛失には注意が必要です。(カイザも同様)
デルタは劇中でたくさんの人が変身しましたが、今回紹介の写真は最初の装着者である「木村沙耶」のイメージで撮影してみました。
胸の形状からも、何となく女性っぽく見えなくもないかも?






同ラインナップのファイズ(別売り)と





おまけ
S-RHFのカイザ&サイドバッシャーと絡めて
ジャストフィットとは言えませんが、搭乗可能です







戻る



TOPへ戻る