ミクロマン以外のおもちゃ

ページ43


「信じてる、その日のことを」

ボルテスV

超合金魂 GX−31
バンダイ   定価 15800円


超合金魂コンバトラーVの発売から7年、ついにと言うかやっとと言うか、ボルテスVが超合金魂で発売されました。
さすがに7年間の技術の進歩はめざましく、コンバトラーと比較すると構造的なクオリティーアップが随所に見受けられます。

まず一番目立つのは、合体時のボリューム感あふれるそのフォルム。
コンバトラーは上から見るとヒラメのように前後に薄いのですが、ボルテスは実にしっかりと人間的なシルエットになっています。
二番目は、関節可動範囲の拡大。
ボルテスの脚は、股関節・足首共におよそ超合金とは思えないほどの可動範囲の広さです。
ただ、ヒジが二重関節ではないのが残念。

金属パーツを多様しているため重量感もかなりあり、これぞまさに超合金という感じ。

いやー、今まで生きてきて本当に良かったです。(涙)



パッケージはコンバトラーと同サイズだが、厚みはかなり増している
また今回は往年のDX超合金よろしく中ぶたが用意されており、高級感アップに一役買っている。



「ボルト・クルーザー」
各ボルトマシンのコクピットは全てクリアパーツだが、開閉式&パイロットがいるのはボルト・クルーザーのみ。
機首部両脇のクルーミサイル(白い突起)は伸縮するが、かなりゆるい。
また主翼両端にクルーカッターを装備できるが、主翼の塗装が剥がれるケースがあるらしい。
よって、私は試しませんでした。(ごめんなさい)



「ボルト・ボンバー」
ランディングギアは、アニメ設定仕様(左側)と旧ポピニカ仕様(右側)の2タイプ。



「ボルト・パンザー」
キャタピラはゴム製で可動。
パンザーアームは展開、伸縮・開閉可能。



「ボルト・フリゲート」
モモ裏の艦橋は伸縮式で、側面のボタンで飛び出す。



「ボルト・ランダー」
タイヤ部分にはサスペンションがあり、合体時には重量で底面が接地してタイヤが回転しなくなるのが芸が細かい。
正面のシャッターを回転させ、ドリルを展開可能。
アンテナは軟質樹脂製なので、折れにくい。



各機の大きさ比較。
「ブイ・トゥゲザー!」



「レッツ、ボルトイン!」



「ボールテース、ファァーイブッ!」



足の関節可動範囲が広いため、立ち姿もかっこよく決まる。
首がほんの少ししか左右に振れないのが残念な点。
また、マグネットによる首の合体ジョイントの保持が弱い。



ボルト・ボンバーの主翼は合体時に畳む必要がある。
肩パーツ内側の突起を主翼のくぼみに入れるのが正しい位置。
このことはなぜか説明書には書かれていない。
主翼は軟質樹脂製で、折れる心配はない。



足首はボールジョイントで、かなり自由な可動が可能。
ただかなりの重量を支えなければならないため、バランスの悪いポーズを取らせると保持しきれないことも。



形状優先の手首を装着した状態。
手首の接続はボールジョイントなので、若干の表情が付けられる。
形状優先の手首は、握り手・武器持ち手・平手がそれぞれ左右各1ずつ。



「天空剣」
折り畳み式で胸部に収納可能な物と、メッキ処理の形状優先タイプの物が付属。
折り畳み式のギミックはおもしろいが、いまひとつ実用性は低い感じ。
胸から天空剣を取り出した後は、ふたパーツを取り付ける。
大きく上段の構えをさせられるのが素晴らしい点。



「ボルテスバズーカ」
右手内にのみ装備。
肩のクリックが邪魔をして、今一つ構えさせにくい。
首の左右回転範囲が狭いのも問題。



「超電磁ストリング」
軟質樹脂製で自在に可動。
ただ柔らかすぎるので、まっすぐに伸ばすことは出来ない。



「超電磁ゴマ」
超電磁ストリングの先端に、上下分割されたコマを装着する。
コマを装着した分重くなり、さらにダラッとしてしまうのが難点。



「グランドファイヤー」
バックル部分には、グランドファイヤーらしきモールドが確認できる。



「チェーンナックル」
手首を外して装着する。
左右どちらの腕にも付けられるが、パーツは一つしか付属しない。



「ガトリングミサイル」
手首を外して装着する。
左右どちらの腕にも付けられるが、パーツは一つしか付属しない。



「鷹メカ」
機体下の超電磁ボールコントロール装置とそのキャリアーは分離可能。
キャリアーはボルトマシンの入っている箱にある。
中ぶたが閉まっているとパーツが見えないので、「欠品だ!」と騒がないように。(笑)



キャタピラを左右に開いてハッチを開け、鷹メカを合体。
超電磁ボールコントロール装置を収納できる。



というわけで、「超電磁ボォォール!」



二大超電磁ロボ揃い踏み。
このツーショットを、どれだけ待っていたことか。(涙)
念願叶って、感無量です。




戻る



TOPへ戻る