ミクロマン以外のおもちゃ

ページ45


ガイキング
超合金 GE-10
バンダイ   定価 6800円


2006年7月現在、テレビ朝日で放送中のアニメーション、「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」に登場するスーパーロボットです。
この番組は1976年に放送された「大空魔竜ガイキング」のリメイク作品で、世界設定やストーリー展開は異なるものの、ガイキングと大空魔竜のデザインはほぼそのまま引き継がれています。
かつてのガイキングは既に超合金魂として商品化されていますが、今回の商品(以下LOD版)は超合金魂ブランドではなく、あくまでも通常の超合金です。
しかし超合金魂版の金型を一部流用しているということもあり、実質超合金魂シリーズと同等の内容と言えるでしょう。
超合金魂版はとても出来が良く、今回のLOD版はそれに比べて全身のシルエットのバランスが悪いのではないかと思っていました。
しかし実際にいじってみると、ボディと四肢・頭の大きさのバランスが大変素晴らしく、非常にかっこよく見えます。

昔のガイキングは知らず現在の物のみ知っているという今の子供たちにも、ぜひこの超合金で遊んでもらいたいですね。
ただし、不意にパンチが発射されてしまったり口の装甲パーツをなくしやすかったりするなど、あまり小さい子供にはおすすめできません。(商品の対象年齢は15才以上となっています)
大きなお友達には、もちろんかなりのおすすめです。(笑)




パッケージは一部がオープンタイプで、パート1・パート2・大空魔竜ヘッドが外から確認できる。
この辺りは、現在放送中の番組を見ている子供たちに強くアピールするのではないだろうか。
一番右の写真の内容物以外に、専用の台座(組み立て式)が付属。
また説明書は超合金魂のような豪華な物とは違い、白黒一枚なのが残念。




「パート1・パート2・大空魔竜ヘッド」
それぞれ劇中での大空魔竜からの射出時の形状へ変形可能。
今回の商品は超合金魂版の金型流用商品ということだが、特にパート1の劇中同様の変形(肩幅の伸縮)は大変素晴らしい。
ただ、二の腕から先に当たる部分は合体時に差し替えとなる。
一方大空魔竜ヘッドの方は、超合金魂版と同様に合体後の形状を重視している。




身体各部の大きさのバランスが絶妙。
太過ぎず細過ぎず、とてもかっこよく見えます。
最後の写真、首の前を少し削りわずかにあごを引けるようにしてみました。




「カウンタークロス」
ヒザのカウンタークロスは、武器用手首に持たせることが出来る。




「パンチャーグラインド」
いわゆるロケットパンチ。
スプリングにより、実際に発射が可能。
超合金魂シリーズなどでは、パンチ発射用のヒジと関節可動用のヒジはそれぞれ別に用意されていた。
しかしこの商品では、その二つが一つにまとめられている。




「ゼクターフック」
劇中では、飛んでいったパンチに自動帰還能力はない。
そのため、このゼクターフックにパンチを引っかけて戻すという設定。
玩具では肩の黒い部分を下にスライドさせて、そこに取り付ける。
黒いコードはくにゃくにゃと曲がるので、支えがなければ好みの位置に固定する事は出来ない。




「ガイキングランス」
ガイキングの身長よりも大きな槍。
先端部は軟質樹脂製。




「カウンターランス」
アタッチメントパーツを介し、カウンタークロスをガイキングランスの後端に装着した状態。
ガイキングランスの先端部は軟質樹脂製のため、左の写真のように持たせるときは曲がり癖が付かないように注意。




「ガイキングシールド」&「ガイキングアックス」
アックスはシールド内に収納出来る。
この状態ではパーツの重量でヒジから腕が取れてしまうことが多く、かなりイライラする。
やはりパンチ発射用のヒジと関節可動用のヒジは、分けて用意してくれた方が良かったようだ。
アックスの柄は伸縮可能。
ところでこのシールドのマークですが、ムンクの「叫び」のように見えませんか?(笑)




「フェイスオープン」
頭部の口と胴体部分のパネルを外すことで再現。
胴体のパネルは4分割と劇中より少ない構成だが、遊び安さを考慮すれば妥当な選択だろう。
口のパネルは上下の判別が難しいが、前に突き出ている方が下だろうと思われる。
また非常に小さいパーツなので、紛失に注意。




超合金魂ガイキングとの比較
左はノーマル型との比較、右は強化型との比較。
LOD版で特徴的なのは、角以外の頭部の小ささ。
こうして見ると、今回の商品の全身のフォルムのバランスが絶妙であることが分かる。
胴体や角の金色にも注目。
超合金魂版とLOD版では、色調にかなりの差がある。




LOD版には平手が付属しない。(握り手と武器持ち手のみ)
しかし、超合金魂版のノーマルガイキングの平手が無改造で使用可能。
強化型の平手も装着可能だが、かなりオーバースケール気味。
また、超合金魂版のミラクルドリルも無改造で装着可能。







おまけ、その1
ガイキングに似合いそうな武器を探してみました。
左は「ドラゴンクエスト・レジェンドアイテムギャラリー」(メタルキングの装備編)から、「らいめいの剣」。
右は「ドラゴンクエスト・レジェンドアイテムギャラリー」(天空の装備編)から、「魔人の金槌」。
スマートな物よりゴツくて凶悪なフォルムの武器の方が、ガイキングには似合う?




おまけ、その2
CGでフェイスオープンを再現。










戻る



TOPへ戻る