ミクロマン以外のおもちゃ

ページ58


リボルテック ガイキング
リボルテックヤマグチシリーズ 024
海洋堂   定価 1900円



かっこいいポーズがバシバシ決まるリボルテックシリーズから、ガイキングが発売されました。
1976年に放送された「大空魔竜ガイキング」ではなく、2005年放送の「ガイキング LEGEND OF DAIKU-MARYU」(LOD)に登場する方のガイキングの立体化です。
リボルテックはへたらない関節というのがセールスポイントなのですが、脚部に関してはラチェットにより逆に接地性が悪くなるという問題がありました。
そこで今回は、股間と足首の関節をイエローサブマリンの「関節技・球体ジョイント」に換装しています。
これはラチェットがないので、あらゆる状況で接地が非常に楽になり、ストレスを感じることがありません。
足首だけでも換装してみることをおすすめします。

まとめですが、私は大変気に入ってしまいました。
2千円を切る値段でこれだけの物が買えるのは、奇跡的だと言えるのではないでしょうか。
フォルム・可動範囲共に素晴らしく、様々なポーズを付けて遊んでいると、一向に飽きることがありません。
リボルテックシリーズの商品は私も色々と購入していますが、今回のガイキングに関しては特に高評価をあげたくなってしまいました。
これはおすすめです。




「全身をいろいろな角度から」
堂々としたフォルムが、実に素晴らしい。
購入前は胴体の大空魔竜の顔部分が薄いような印象だったが、実際はそうでもなかった。
また背中の噴射ノズルが、垂直ではなく少し斜めに設置されているのもポイント。




「上半身と顔のアップ」
胴体の大空魔竜の顔部分は、口が開閉可能。
ただし腰と干渉するため、それほど大きく開くことは出来ない。
顔の塗り分けは非常に細かいが、雑な個体もあるので購入時は店頭で要チェック。




「胴体部分の関節」
胴体の大空魔竜の顔部分は取り外し可能。
胸と腹を繋ぐリボルバージョイントが見える。
首関節はダブルリボルバージョイントになっている。




「腕部の関節」
左から2番目の写真、緑のラインが回転可能な一軸関節になっている。
この回転を組み合わせることで、腕を真上や真横に持っていくことが出来る。




「脚部の関節」
股間・ヒザ・足首がリボルバージョイント。
接地性向上のため、今回は股間と足首の関節をイエローサブマリンの「関節技・球体ジョイント」に換装している。




「付属のスタンド」
スタンドとフィギュア本体との接続部は、リボルバージョイントになっている。
本体との接続は、腰・背中の噴射ノズル・足の裏となっている。




「キックポーズ」
スタンドを使用すれば、このような空中でのポーズも思いのまま。




「付属の手首各種」
握り手、格闘用構え手、カウンタークロス用持ち手、開き手が付属。




「付属のオプションハンドで、格闘時の構えポーズを再現」
見得を切る姿が、実に決まっています。




「カウンタークロス」
脚部のカウンタークロスは取り外し可能。
剣として使用するために、長く伸びた状態の物が別に付属する。
先端部は簡単に曲がり癖が付くので、取り扱いには要注意。
一番左の写真、自然な立て膝が可能な点にも注目。




「真龍ハイドロブレイザー」
光の球のような状態のハイドロブレイザーが付属。
開き手と組み合わせることで、球を生成したり投げつけるポーズが可能。
開き手の中心には穴があり、球をガッチリと保持できる。








戻る



TOPへ戻る