ミクロマン以外のおもちゃ

ページ72


武装神姫 アーク (ハイスピードトライク型MMS)
コナミ   定価 4500円



赤いツヤツヤのパーツや綺麗なタンポ印刷によるマーキングなど、非常に見所の多い商品です。
デザインも各形態共に格好良く、特にトライクモードが個人的には好みですね。
そしてトライクモード時に、顔がきちんと前を向けるというのがポイント。
こういう当たり前の事をちゃんと再現しているという辺りで、コナミに対する好感度が大幅にアップしました。
(タカラのミクロマンのマァルやエリスが前を向けなかったので特に)
(マァルやエリスについては、こちらを参照)

残念な点としては、パーツが傷だらけだったり塗装が雑だったという事例がいくつか報告されており、品質に個体差があるという事。
ヘルメットのバイザーの可動軸がつぶれているという個体もあるようで、品質管理が低下しているようです。
購入時は、見える範囲については十分チェックが必要です。

今までのシリーズに比べてかなり値段が上がってしまいましたが、その分の価値はあるだろうというのが、実際にいじってみた私の感想です。





「パッケージ」
従来のシリーズ同様、扉を開けて中の商品を確認出来る。
取扱説明書だけではいまひとつ完成形が分かりづらいため、パッケージの綺麗なイラストや写真が大変参考になる。





「内容物一覧」
中身は上下二段に梱包。
写真以外に、取扱説明書とアクセスコード(オンラインサービス用)が付属している。





「アーク素体」
くっきりとした赤とダークグレイのコントラストが素晴らしい。
アイプリントも高レベル。
アホ毛がトップをねらえ2!のノノ風?





「頭部の構造」
後頭部・首接続部の隙間が広く、アゴを大きく上に上げる事が可能。
後ろ髪は上下二カ所に接続穴があるが、通常は下を使用。
ライディング時などアゴを大きく上げる場合に、上の接続穴を使用する。
また頭部を分解して、二種類の表情を楽しむ事が出来る。





「表情変えパーツを装着して」
凛々しい叫び顔は、武装神姫にふさわしい。
欲を言えば、ニッコリ笑顔など他のいろいろな表情も同梱してほしかった。





「アーマー装着状態」
アーマーを装着することで、スタイリッシュなイメージがさらにアップ。
足首の形状が特殊で、単体での直立はかなり難しい。
タンポ印刷によるアーマー各所のマーキングは、大変細かく美しい。
胸アーマーにダメ!と描かれている辺りが、ニヤリとさせられるポイント。





「アーマー+ヘルメット装着状態」
ヘルメットを被ると、さすがにちょっと頭でっかちな印象。
後ろ髪用の接続穴が上下二カ所にあるが、通常は下を使用。
ライディング時などアゴを大きく上げる場合に、上の接続穴を使用する。





「ヂェリカン」
設定では神姫用のドリンク剤で、ニトロ・オイル・クーラントの三種類がある。
クリアパープルが美しい。





「各種装備」
上から、2mmSRCスピア(マガジン)、エクステンドバレル、アサルトライフル、ダブルアームフォールディングナイフ。
アサルトライフルにはヂェリカンを装着するなと描かれているなど、マーキングが細かい。





「アサルトライフル」
2mmSRCスピア(マガジン)は、ライフルの左右に重ねて装着可能。
口径2mmの弾丸が、1マガジンに32発装填されているという設定らしい。
エクステンドバレルは、アサルトライフルの銃口に装着する事が可能。
バレルにはアツイ!という注意書きと共に湯気のマークが。(笑)





「ダブルアームフォールディングナイフ」
ビローンと展開出来るが、いまひとつ使いどころが分からない。(笑)
ナイフは分離して手に持たせる事が可能。





「武装パーツ装着状態」
重心が後ろに偏るため、単体での直立は不可能。
3つのタイヤにはすべてゴムパーツが使用されている。
また、サスペンションのスプリングはライブで可動。





「シルバーストーン(レーザーライフル)」
トライクモード時に先端になる部分に、グリップを組み合わせる。





「スーパーシルバーストーン(パワード・レーザーライフル)」
結構な重量があるため、そのままで手に構える事は非常に困難。
しかし接続パーツを介して背中のフレームに装着することで、しっかりと保持出来る。
ただし、右手のグリップが大変難しい。





「トライクモード(ヘルメットなし)」
重心が非常に低く、スピードと直進性を重視した機体であることが分かる。
ボディがマシンの一部になっているかのような印象があり、往年の名玩具・変身サイボーグのサイボーグライダーを連想させる。
胸と首の可動が大変効果的で、ライディングポーズでもキッチリと前を向けるのは素晴らしい。





「各部のマーキング」
各所に大変細かいマーキングが施されており、素晴らしく見栄えが良い。
カタカナによる注意書きも、おもしろいポイント。





「トライクモード(ヘルメットあり)」
ヘルメット装着状態でも、キッチリと前を向く事が出来る。





「トライクモード(ヘルメットシールドオン)」
バイザーを下ろすと、グッとクールさが増す。
バイザー部分はクリアパーツだが、紫のスモークが強すぎて中が見えないのが少し残念。
また、バイザーを可動させるためのヘルメット側の軸がつぶれている個体もあるようなので注意。
真鍮線などで軸を新造してやりたい。





「パッセンジャーモード」
トライク形態時に、他の神姫を乗せる事が可能。
その際は赤い突起状のパーツで、神姫の脚の付け根を挟み込んで固定する。
また、ヘルメットから横に伸びる部分をグリップに見立てて握らせる事が可能。
しかし、ヘルメットを持たれるアークの方はかなり不快なのではないかと。(笑)





「パトロクロス」
ダミーフレームを使用する事で、もう一つのトライク形態に組み替えが可能。
この形態でも、もちろん神姫を搭乗させられる。
しかし、いまひとつマシンとのフィット感が低いように思われる。










戻る



TOPへ戻る