ミクロマン以外のおもちゃ

ページ75


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー1号(仮面ライダーTHE NEXT)
バンダイ   定価 2200円



バンダイの装着変身シリーズと同サイズで、装着関係のギミックを削り、代わりに可動を優先させるというコンセプトで開発された商品です。
実際にいじると、かなり自由に動かせるという事が良く分かります。
全身のシルエットも、スラリとしていて格好いいですね。

ただ、ヒジやヒザの関節部が軟質樹脂製なので、ポーズを付ける時にちょっとクニッと柔らかい感触があるのが、新鮮な驚きです。(笑)

カメラ量販店などでは実質1600円程度で販売されていますが、商品内容から考えるとこれは驚くべき安さと言えるでしょう。
今日日、食玩程度の物でも500円くらいはしますからねー。
安価ということもあり、気軽にいじれるという点は素晴らしいと思います。

結論ですが、私はこの商品を大変気に入りました。
既に装着変身で発売されている歴代ライダーたちも、ぜひこのフォーマットで新しく作り直してもらいたいです。
またライダー以外のヒーローたち、ウルトラマンや戦隊ヒーローも、このシリーズでどんどん発売していって欲しいですね。





「パッケージ」
正面から見た時、とにかく色が乏しくて目立たない。
帯で何とか救われているという感じだろうか。
大人の渋さを狙ったのかコストダウンを図ったのかは分からないが、玩具のパッケージとしてはちょっとつまらないですね。





「パッケージ内」
内容物はこれだけ。
スタンドなどは付属していない。





「全身をいろいろな角度から」
スマートすぎる(脚が長い)という印象もあるが、かっこいいのは確か。





「風にたなびくマフラーを付けて」
襟のところでクイッと折れた状態を再現。
これ以外に、完全に首の後ろでバタバタとたなびく様子の物も付属していたりしたら素晴らしかったのだが。





「付属する手首全種」
物を掴んでいる状態の手首も付属させて欲しかったところ。
そうすれば、フィギュアに大きさの合うバイクに乗せた時などに使えたのだが。





「上半身をいろいろな角度から」
胴体部分のパーツ分割ラインがいささか不自然な印象を受けるが、玩具としてはこのアレンジは正解だと思う。





「頭部をいろいろな角度から」
目はクリアパーツで、内側に複眼状のモールドあり。
触覚がちょっと安っぽい印象なのが残念。
ヘルメットの傷や色の剥げも再現しているのは好印象。
劇中での設定に準じて、後頭部からは後ろ髪が見える。





「首関節部」
胴体側はボールジョイント、頭側は軸移動。
頭側もボールジョイントになっていれば、もっと色々なポーズに対応出来たのだが。
(身体が斜めになっていても、頭はまっすぐにしたい場合など)
また、襟が干渉するため、頭の可動範囲はそこそこといったところ。





「腕の可動」
肩はボールジョイントと軸可動で、肩アーマーも可動。
上腕部には横ロール軸があり、ヒジは二重関節。
手首はボールジョイントと軸可動。
この手首関節はなかなかの優れ物で、右から2枚目の写真のような力の入ったポーズも出来るのが素晴らしい。





「肩の可動を上から見て」
腕を前後にスイングさせることが可能なのが良く分かる。





「胸と腰の可動」
胸、腹、腰と細かく分割されており、それぞれがボールジョイントで自由に可動。





「脚部の可動」
股関節はボールジョイントで、軸が上下に可動する構造。
また、股関節すぐ下の脚側に横ロール軸。
ヒザは二重関節。
ヒザ下に横ロール軸。
足首部分は可動軸が密集しており、非常に高い接地性を実現。
また、足首がダイキャスト製なので、ポーズを付けてもバランスを取りやすい。





「立て膝ポーズ」
股関節とつま先の可動で、立て膝もきれいに決まる。
また、胸や腹の可動がきれいな立て膝に一役買っていることも見逃せない。





「様々なアクションポーズ」
上段右2枚の写真から、足首の接地性の高さが良く分かる。






戻る



TOPへ戻る