ミクロマン以外のおもちゃ

ページ85


S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー キックホッパー、パンチホッパー
バンダイ   定価 各2500円



劇中では極めて特異な存在だったキックホッパーとパンチホッパーが、他のライダーたちを差し置いてまさかのS.H.フィギュアーツ化という点に、まず驚きました。
正直あまり売れないのでは?と思っていたのですが、そこそこ売れているようでさらにビックリ。
玩具としてはこれまでの同シリーズの仕様を踏襲しており、安価ながら広い可動範囲や適度な固さの関節、美しい塗装など、安心して購入出来るレベルの物となっています。

せっかくの地獄兄弟二人揃ってのリリースなので、購入時はどちらか片方ではなく、両方セットでの購入をおすすめしたいですね。
やはり二体を絡めてディスプレイすると、非常に絵になります。






「キックホッパー パッケージ」
相変わらず地味なカラーリングのパッケージ。
初回特典を示す帯の存在が、かろうじて目を引くという感じ。






「キックホッパー 素立ち」
四肢のバランスが絶妙で、実に格好いい。
ベルトのホッパーゼクターが非可動で取り外しも出来ないのが残念な点。






「頭部アップ」
Cアイにはクリアパーツが使用されており、裏側に複眼状のモールドがある。
よく見るとCアイ表面にパーティングラインが確認出来るが、普通に遊んでいる分には気が付かないだろう。






「金属パーツ」
ヒジから先・太もも・スネ・ヒザの各アーマーには、メッキ処理された金属パーツを使用。
このメッキが適度なアクセントになっており、高級感をアップさせている。
この点は個人的にはとても気に入っており、この商品の購入を決めた要素の一つとなった。
また足首から先も金属パーツとなっており、重量アップ及びポージング時のバランス保持に一役買っている。






「上半身の可動」
首はダブルボールジョイント。
肩アーマーは上下に軸可動するので、腕の可動を妨げない。
肩はボールジョイント+上下・前後の軸可動。
二の腕上部に横ロール軸。
ヒジは二重関節。
手首にも軸可動あり。






「腹部の可動」
胸と腹、腹と腰の接続はボールジョイント。






「股関節の可動」
股関節はボールジョイントだが、引き出す事で可動範囲を広げられる。
太もも付け根に横ロール軸。






「ヒザの可動」
ヒザは二重関節。
メッキ処理されたアーマーの美しさにも注目。






「足首の可動」
足首根本はボールジョイント。
その先に、上下・左右の軸可動。
つま先も上下に可動する。
前述したが、足首全体が金属パーツで構成されているのがポイント。






「アンカージャッキの可動」
左脚部のアンカージャッキは、劇中同様に可動する。






「手首各種とおまけ」
手首は、握り手・開き手・平手がそれぞれ左右付属。
また、おまけとして兄弟ラーメンの兄貴・塩が付属するのが嬉しいポイント。






「アクションポーズ」
上段左の2枚のように、少しうつむき加減のやさぐれたポーズが、やはりよく似合う。






「地獄兄弟の言霊スタンド」
ネガティブキャンペーンと題して、初回版には地獄兄弟の言霊スタンドが付属する。
台座には劇中での印象的な名(迷)台詞がプリントされている。
プリントされる台詞は全部で4つのパターンがあるが、どれが商品に封入されているかは開封するまで分からない。
ちなみに、台詞は以下の4つ。
「俺と一緒に地獄に落ちるか?・・・俺の弟になれ。」
「俺たちは闇の世界の住人だ。光を求めるな!」
「今、誰か俺を笑ったか?」
「おまえはいいよなぁ・・・どうせ俺なんか・・・」
スタンドは上下に軸可動があり、角度を付けられる。
またスタンド上部を交換する事で、ジャンプ中のポーズなどにも対応可能。
ただし、身体をホールドする先端部分が一対しか付属しないので、いちいち組み替えなければならないのが残念な点。






「パンチホッパー パッケージ」
キックホッパーと同様。






「パンチホッパー 素立ち」
基本的にキックホッパーの色替え商品なので、フォーマットは同様。






「アンカージャッキの可動」
右腕部のアンカージャッキは、劇中同様に可動する。






「おまけの兄弟ラーメン」
パンチホッパーには、兄弟ラーメンの弟・味噌が付属する。
写真は、キックホッパーに付属する兄貴・塩との比較。






「アクションポーズ」
キックホッパー同様、猫背でうつむいたようなポーズが似合う。






「地獄兄弟の言霊スタンド」
パンチホッパーにも初回版にはスタンドが付属するが、プリントされる台詞はキックホッパーの物とは異なる。
「最悪は最高なんだよ」
「いいなぁ あの犬 褒められてる・・・」
「それは俺だ・・・ 俺も粉々に砕けてしまった・・・」
「汚してやる 太陽なんて!」
以上4つのうちのどれか一つがプリントされており、開封するまでは分からない仕組み。






「二人を絡めて」
地獄兄弟という事で、やはり二体を並べてディスプレイしてあげたい。








おまけ その1
「バトルホッパーに乗せて」
同じホッパーつながりという事で、キックホッパーをバトルホッパーに乗せてみた。
使用したのは、「装着変身SERIES EX バトルホッパー&アクロバッター」。
ライディングポーズを取らせると、ちょっとバイクが小さい印象。






おまけ その2
「加工CG集」
左と真ん中は、劇中のシーンの再現。
右は、オリジナル撮影の背景に合成した物。
いずれも共通しているのは、暗い場所で目がぼんやりと光っている、ちょっと不気味な画像という点。
やはり地獄兄弟は、私の中ではそういう印象なのだなーと。(笑)











戻る



TOPへ戻る