ミクロマン以外のおもちゃ

ページ86


武装神姫ライトアーマー ポモック(プロトタイプ)、パーティオ(プロトタイプ)
※数量・販売方法限定商品
コナミ   定価 各2500円



2008年8月30、31日に開催されたイベント、キャラホビ2008で先行販売された物で、その後ネット通販にて数量限定で販売されました。
昨年の凛・まおと同様の販売形態ですが、その時はネット通販で地獄を見る人が多数発生したため、私は今年も始発電車で会場である幕張メッセに行って入手しました。
(凛・まおについてはこちらを参照)

フィギュア専門誌・フィギュアマニアックス乙女組に連載中の「武装神姫Light!」に登場する二人の主人公、リス型MMS「ポモック・モック」とフェレット型MMS「パーテォ・テール」の立体化です。
いやーそれにしても、期待通りのかわいさですね。
ボディの塗装や、頭部の造形・アイプリントも素晴らしい出来で、特に頭部は昨年の凛・まおに続いて神姫最高傑作ではないかと。
デザインはBLADEさんなので、同じくBLADEさんデザインの凛・まおと共通する部分があるのもポイント。
4人でディスプレイするのも良いですね。

問題は他の武装神姫に比べて装備が少ない割に値段が高めな点ですが、この頭部のクオリティーの前には些細な事ではないかと。
特殊な販売形態のために、今買い逃すと入手困難になる事が予想されるため、確実に購入しておく事をおすすめします。

今回の製品はお試し版という事で素体にはMMS1stを使用していますが、いずれ発売される(発売時期未定)正式版では、背の低いMMS3rd素体(通称ロリ素体)を使用する事が決定しています。
という訳で今回は買い控えをする人もいるかと思いますが、私は正式版発売の際にはこのお試し版と並べて姉妹にする予定なので、問答無用で購入しました。(笑)
なお、今回のお試し版にそれぞれ付属する武器、アックス・ホークとデリンジャー・イーグルは、今後発売予定の正式版には付属しないとの事です。






「ポモック(プロトタイプ)パッケージ」
パッケージは、同社のスカイガールズonMMSと同じサイズ。(厚みは半分程度)
オンラインサービス用のアクセスコードも付属している。
スタンドの類は付属していない。






「ポモック(プロトタイプ)」
リス型MMSという事だが、どことなくタヌキのようにも見える。(笑)
胸のPROTOのマーキングにも注目。






「ポモックの顔アップ」
ペヤングソース焼きそばのCMの桂小益(現・桂文楽)さんクラスの、凄く四角い顔(汗)。
しかし、劇的にプリティーである事は間違いない。
とりあえず、うちでのポモックのあだ名は「ペヤング」に決定しました。(笑)
髪に耳状の突起が造形されているのがデザイン上のポイント。
結わえた後ろ髪は別パーツで、神姫共通の軸で接続されているため、他の神姫パーツを付ける事も出来る。
オレンジの首輪は、はめる時ちょっときつい印象。






「しっぽ」
尻尾の形状は、確かにリスのそれを髣髴とさせる。
先端には、Kemotech(獣型神姫の大手メーカーという設定)の文字。
手に持たせて、棍棒状の武器としても使用可能。
ただしこれは、電撃ホビーマガジンにお遊びとして紹介された使用方法で、デフォルトの用途ではないらしい。






「しっぽとポニーテールを入れ替えて」
しっぽと頭のポニーテールは両方とも同じ径の軸で接続されているため、写真のように入れ替える事も可能。
また軸は神姫パーツ共通の直径なので、他のパーツを接続する事も出来る。






「アックス・ホーク」
かなり柔らかな素材で出来ている。
猫の頭のような部分は取り外し可能なので、顔の向きを変えたりも出来る。
また、既発売のマオチャオ(別売り)のプチマスィーンズ頭部と交換も可能。
(詳細は下を参照)






「マオチャオのプチマスィーンズ頭部パーツと交換」
マオチャオに付属しているプチマスィーンズの頭部5種は、Aホークの頭部と全くの同型のため、違和感なく交換可能。
表情が格段に増えるので、遊びの幅が大きく広がる。
ちなみにハウリンのプチマスィーンズ頭部パーツは、その形状のためにしっかりと接続することは出来ないため、写真は撮影しなかった。
(少し浮いたような状態になってしまう)






「ポモック、アクションポーズ」
やはり、元気なポーズが良く似合う。
本当にプリティー。
ちょっとおバカで、落ち着きなくちょこちょこ動き回るというイメージだろうか。






「パーティオ(プロトタイプ)パッケージ」
ポモックのパッケージと同じフォーマット。
オンラインサービス用のアクセスコードも付属している。
スタンドの類が付属していないのも同様。






「パーティオ(プロトタイプ)」
フェレット型MMSという事で、ポモックに比べてスラッとした印象がある。
実はポモックの方に大いに期待しており、こちらはそれほどなかったのだが・・・・
実際に買っていじってみたら、こちらも負けず劣らずかわいいという事に気が付いた。
冷たい表情が、逆に凄くかわいいのですよ。(笑)






「バーティオの顔アップ」
後ろからの写真を見ると良く分かるが、左右で髪のボリュームが違う。
もみあげ部分の、白から紫へのグラデーションが美しい。
首輪もポイントなので注目。
つまらなさそうな、ムスッとした表情が特徴的。(口の形がポイント)
機動戦艦ナデシコのルリルリのような、クール美少女・毒舌ツッコミ派か?(笑)






「しっぽ」
長い尻尾は2パーツで構成されており、先の部分はダガーとして使用可能。






「デリンジャー・イーグル」
猫の頭のような部分は取り外し可能なので、顔の向きを変えたりも出来る。
また、既発売のマオチャオ(別売り)やハウリン(別売り)のプチマスィーンズ頭部と交換も可能。
(詳細は下を参照)






「マオチャオやハウリンのプチマスィーンズ頭部パーツと交換」
ポモックのAホークの時と同様、表情が増えるのは楽しい。
ハウリンのプチマスィーンズ頭部も、若干隙間が出来るが接続可能。






「パーティオ、アクションポーズ」
やはり、ちょっと控えめなポーズが似合う。
しかしぶりっ子ポーズも、なんだかムリをしてやっているようで、それはそれで劇的にプリティーな感じに。(汗)






「ポモックとパーティオを絡めて」
全然個性の違う二人なので、絡めてポージングさせるとその魅力は倍増。
購入時は、ぜひ二人とも一緒にお迎えしてあげたい。










おまけ
「Kemotech社製神姫、集結!」
2007年のキャラホビで販売された凛・まおと絡めて。
4人ともKemotech社製という設定、そしてデザインが同じBLADEさんだけに、非常に統一感がある。
左の写真は、盛り上がるまおとポモック・それをにこやかに見る凛・あきれるパーティオというイメージ。
右の写真は、4人のしっぽ比べ(笑)というイメージ。










戻る



TOPへ戻る