ミクロマン以外のおもちゃ

ページ89


武装神姫ライトアーマー ヴァローナ (悪魔夢魔型MMS)
コナミ   定価 2900円



「武装神姫ライトアーマー」という事で、従来の武装神姫シリーズよりも装備などを少なめにし、他の神姫との組み合わせや素体遊びを重視しています。
まず第一弾として発売されたのが、天使コマンド型MMSの「ウェルクストラ(以下・軽白子)」と、悪魔夢魔型の「ヴァローナ(以下・夢魔子)」。
デザインは、武装神姫第一弾の天使型MMS「アーンヴァル(以下・白子)」や悪魔型MMS「ストラーフ(以下・黒子)」の流れをくんでおり、第一弾同様に島田フミカネさんによる物となっています。
同時に発売された軽白子も良い物なのですが、夢魔子の魅力の前にはいささか霞んで見えてしまうという訳で、今回は夢魔子のみを紹介する事にしました。

遊んでみると良く分かるのですが、組み替え可能な装備や別表情が同梱されるなど、ライトアーマーという事ながら遊び応えは従来の神姫に決して劣っていません。

ヒジがピンとまっすぐに伸ばせたり、股関節の開脚角度が広がっていたりするなど、何気に素体が改良されている点もポイント。

まとめですが、今回いろいろなポーズを付けて撮影していくうちに、どんどん夢魔子の魅力に魅せられていったという次第。(笑)
最近の武装神姫の中でも、これはかなりのおすすめです。
量販店では実売価格が2400円程度という事もあり、気軽に購入出来るのも良い点ですね。







「パッケージと内容物」
パッケージは今までとは全く違うタイプだが、ウィンドウから中身を確認出来る。
ブリスターは上下二段になっており、フィギュア本体・別表情顔パーツ・武装関係・拡張スペーサー・拡張クランク・スタンドなどが同梱される。
写真にはないが、オンラインサービス用のアクセスコードが付属するのもポイント。
面白いのは、フィギュア本体のパッケージ内のポーズ。
ドリフのヒゲダンスかと思いました。(笑)






「ヴァローナ(夢魔子)、素立ちを全身からアップまで」
アイペイントは良好で、武装神姫シリーズの中ではかなりかわいいと思う。
腰の素肌露出部分は塗装による処理だが、いささか浮いた感じになってしまっているのが残念。






「髪型のバリエーション」
ツインテールは取り外し可能で、その一つを後頭部に接続することでポニーテールにする事が出来る。
ちなみにツインテールのパーツは、左右とも同じ物。






「夢魔子、素体状態でアクションポーズ」
口にうかべた微笑みが、小生意気そうで非常に良い。(笑)






「別表情でアクションポーズ」
頭部は別表情パーツ(デレ顔?)に換装可能。
ノーマル顔が小生意気そうなので、このデレ顔の破壊力がさらに増すというニクイ演出。
もう、かわいいったらありゃしない。(笑)






「基本装備装着状態」
しっぽや頭部の羽などで、悪魔っぽさがグッとアップしている。

胸部アーマーは、下乳が露出しているスゴいデザイン。(汗)

後頭部の羽「センサーブレード」は軟質樹脂製なので、折れる心配はなし。
タンポ印刷によるFRONT LINEのマーキングも美しい仕上がり。

しっぽ「ヴァルナー・アームドテイル」は針金が仕込んであるので、自由に可動。
ホームセンターなどで同仕様の針金を買えば、もっと長くする事も出来る。

ボコッとしたデザインの靴はちょっとどうかと思っていたが、実際にいじってみると思いの外かわいかった。






「基本装備でアクションポーズ」
ちょっと妖艶な外見ながら、元気いっぱいのポーズも良く似合う。
「イタズラ好きの困った小悪魔ちゃん」という印象。(笑)






「基本装備でデレ顔のアクションポーズ」
あ〜もう、ホントにかわいいったらありゃしない。(笑)






「しっぽを鞭に」
しっぽ「ヴァルナー・アームドテイル」は、鞭としても使用可能。
しかし叩くというより、突き刺すというイメージか。






「フル装備状態」
かわいさと格好良さを兼ね備えた、非常に良いデザインだと思う。






「アクションポーズなど」
背中のウイングは基部が自由に可動するので、飛行ポーズも思いのまま。
またハサミが開くので、身体の前に展開して武器としても使用可能。
ハサミ部分は、フィギュアの腕に直接装着する事も出来る。






「バトルスタッフ」
主武装のバトルスタッフは三分割されており、各所にジョイント部分がある。
ウイングのハサミ部分を装着する事で、巨大な切断武器として使用可能。
また前後にハサミ部分を接続し、さらに長大な武器にする事も出来る。
その状態でハサミを展開させると、ものすごいボリュームの武器に。






「スタンド」
可動部は一つだが、パーツの組み替えで長さを調節可能。
また、フィギュアのスタンド接続時もしっぽの基部と干渉しないのが良い点。






「拡張クランク」
今回の商品に同梱される拡張クランクパーツは、かなり使い勝手が良さそう。
こういう基本的なジョイントパーツは、いくつあっても困らない。






「ストラーフ(黒子)との比較」
黒子と比較すると、ボディの塗装パターンなどがかなり複雑になっており、技術の進歩を感じさせる。
同じデザイナー、同じ悪魔型という事もあり、類似性を感じさせる外見。
うちでは姉妹という扱いだが、しっかり者の姉(黒子)とイタズラ好きの妹(夢魔子)というイメージか。






「ストラーフ(黒子)の装備と絡めて」
黒子とは基本的に同系列のデザインなので、装備を絡めて遊べば楽しさ倍増。
夢魔子のウイング基部パーツを使用すれば、黒子のアームの可動範囲も拡大出来る。






「ストラーフ(黒子)の頭部パーツを使用して」
黒子の頭部パーツは、夢魔子にも装着可能。
ただし、接続はかなり緩い。
黒子のロングツインテールは、緩すぎて接続出来なかった。
また、夢魔子のツインテールは、黒子の頭部にはきつすぎて装着不可能だった。













戻る



TOPへ戻る