ミクロマン以外のおもちゃ

ページ92


1/12 フィアナ (ウド編仕様、宇宙戦仕様)
やまと   定価 各4800円



ウド編仕様と宇宙戦仕様の2タイプがありますが、基本的には色が違うだけです。
(細かいパーツの違いはあり)
女性らしいボディのラインが再現されていますが、一般的なアクションフィギュアと比較すると、可動範囲は狭い印象。
髪型のせいでほとんど可動しない頭部や、インストとは違う宇宙戦仕様の酸素チューブなど、細部に詰めの甘さを感じます。
良い点は、同社から発売されている1/12キリコのディテールアップパーツが付属している事。
これを使用する事で、キリコとフィアナを並べた時の違和感を解消出来るようになっています。
現在あちこちのネットショップで半額程度で売られていますが、やはり定価での購入はちょっと厳しい感じ。
私も55%オフで入手しましたが、その金額ならば満足というのが正直な感想です。







「パッケージ」
パッケージは同シリーズのキリコと同じサイズ。
扉を開けて、中の商品を確認出来る。






「フィアナ(ウド編仕様)」
似ているような、似ていないような・・・・。
とりあえず、胸の造形がスゴイ。(笑)






「アクションポーズ」
可動範囲は、アクションフィギュアとしては広い方ではない。
特に頭は、長い髪が干渉してほとんど動かない。
写真のようにちょっとしたポーズをつけると、素立ちの時より身体の女性らしいラインが目立ってくる。






「目を閉じた表情」
顔は目を閉じた物と交換が可能。
あまり使い道はないと思う。(ED再現用?)






「ヘルメット装着」
頭部のパーツを組み替えて、ヘルメット装着状態にする事が可能。
バイザー部分にはクリアパーツが使用されている。






「ヘルメットのゴーグルを上げた状態」
パーツを組み替える事で、ヘルメットのゴーグルを上げた状態にする事も可能。
バイザー部分はクリアパーツが使用されているので、中の顔が良く見える。






「スコープドッグに乗せて」
同社から発売されている1/12ATシリーズに搭乗可能。






「パッケージ」
こちらは、宇宙戦仕様の商品のパッケージ。
ウド編仕様とは、微妙に商品の中身が違う。






「フィアナ(宇宙戦仕様)」
基本的に、ウド編仕様のピンクの部分が紫に変わっただけ。






「ヘルメット装着」
ウド編仕様と違うのは、ヘルメットの後ろから背中に伸びた2本の酸素チューブ。
このチューブのせいで、頭部の可動範囲は狭くなってしまった。
上段4枚の写真は、ゴーグルを下げた状態。
下段の2枚は、ゴーグルを上げた状態。






「酸素ボンベを装着」
番組本編のサンサ編で印象的だった酸素ボンベを装着可能。
しかし、インストの説明写真に従うと、上手く装着できなかった。
そこで逆にしてみた所、ピッタリと合致。
明らかに説明写真とは逆に造形されている事が分かる。
酸素チューブと酸素タンクの接続部はボールジョイントで、角度の調節が出来るのは良い点。






「ウド編仕様と宇宙戦仕様」
ほぼ色違いと言って良い。






「キリコ用オプションパーツ」
ウド編仕様にも宇宙戦仕様にも、キリコ用のオプションパーツが同梱される。






「オプションパーツを使用したキリコ」
通常版より目が大きくなった事で、少しアニメチックな感じに。
オプションパーツの首のボールジョイントは折れやすいので、要注意。
(私は2つとも折ってしまった)






「各種比較」
ノーマルのキリコと比較すると、背が少し高くなっている事が分かる。
これにより、フィアナと並べた時にフィアナよりも背が高くなる訳だ。
通常版のキリコについては、こちらを参照。
(ページの下の方で紹介しています)






「ヘルメットのゴーグルを上げた状態」
キリコ用のオプションパーツには、ヘルメットのゴーグルを上げた状態も含まれる。
バイザー部分はクリアパーツが使用されているので、中の顔が良く見える。
ゴーグルのレンズの緑の塗装が雑なのが残念。






「同社の同スケールのAT用武器とのサイズ比較」
別売りの同スケールの武器と比較。
AT用の武器がいかに巨大かが分かる。








戻る



TOPへ戻る