ワンフェスカフェ プレオープン レポート

2011-09-15



10月1日の正式オープンに先駆けてワンフェスカフェが本日プレオープン!
という事でサッソク様子を見に行ってきました。
「そもそもワンフェスカフェとはなんぞや?」
という方はこちらの公式サイトをご覧になって下さい。







場所は秋葉原の旧ラオックス ザ・コンピュータ館(通称ザ・コン)の地下一階です。
地下に降りると脇にこのメニューが。
まだ今日は用意されていない物もあるようでした。
またこのメニューが提供される飲食品の全てという訳でもありません。







入ってすぐ、右には巨大なオブジェがお出迎え。







入ってすぐ左の方はアッセンブルボーグ関係のスペースとなっています。
巨大で美しいタペストリーが目を惹きますね。
タペストリー両脇、ロゴのバックのイラストは、
もしかしたら「黄金の無限連鎖」の遺跡の一部でしょうか?
スペース内にはお試し台も用意されていましたが、
まだパーツは少ないようです。
また正式オープン時にはアッセンブルボーグ商品の販売もされるそうです。







アッセンブルコーナーの隅から客席の方を見て。
中央奥はユニオンクリエイティブ(リボルテックヤマグチシリーズ)のショップ。
左にはステージが見えます。
また左手前はケンエレファント(特撮リボルテック)のショップになっています。







客席の中からステージを見て。
客席とステージとの距離感が分かるでしょうか。






ステージアップ。
かなり狭いですね。







客席全景。
これでキャパシティがだいたい分かると思います。






机と椅子のアップ。
机は手作りらしいですね。
脚の先端が尖っているのがオシャレですが、単に一番安い材料だったから使ったとか。(汗)
椅子はいわゆる教室椅子。
もっと座りにくいかと思っていましたが、意外と快適でした。
さすが教室椅子だぜっ!(謎)







肝心のメニューです。
この日はプレオープン初日という事で値段が安かったりまだ用意出来ない物があったり。
スイーツがメインでドリンクと食事関係はあまり充実していないという印象でした。
個人的に英国風パブチェーン店のHUBのようなメニューを想像していたのですが、
実際は遊園地のフードコーナーのようなメニューでしたね。
また全体的に値段が高い傾向で、これはちょっとどうかな・・・・と心配になってしまいます。
正式オープン後は夕方からお酒の提供も考えているとの事で、
お酒類とそれに合う食事・おつまみ類の充実に大いに期待したいですね。

※この日にもらったチラシを見た所、新横浜の居酒屋「温か家」が出店するようです。
串カツやどて焼きが売り物のようですね。
新横浜の店のメニューを確認した所、
串カツが1本100円から、生ビール(アサヒスーパードライ)が390円など、
リーズナブルな価格で楽しめそうです。
これは期待できそうですね。
(「秋葉原価格」で値段が上がっていない事を望みます・・・・)






厨房部分を三方向から。
ここで注文・商品を受け取って客席で食べるという、いわゆるフードコート形式でしょうか。






苺雪ミルクと苺雪チョコが本日限り半額という事で、苺雪チョコを食べてみました。
アイスをかき氷機で削って重ねたような感じで、
フワフワと食べやすい反面、食べ応えがありません。
正直、これで定価550円はちょっと厳しいかと。(汗)
食べ応えという点においては、
コンビニなどにある明治エッセル・スーパーカップ(126円)の方が勝っていると感じました。
(ゴメンナサイ)






「プレオープン記念、500円以上フード関係お買いあげで海洋堂プレミアムフィギュアプレゼント」
というキャンペーンを実施していました。
前述の通り、私は苺雪チョコの半額275円しか払っていませんが、
社員さんの粋な計らいでこのフィギュアを頂いてしまいました。
ありがとうございますっ!
これは「2005夏ワンフェス限定 ワンダちゃんとリセットちゃん ボトルキャップ」ですね。





ケンエレファント(特撮リボルテック)の販売ブースの様子。
本日発売となった、
「特撮リボルテック シリーズ No.030 トランスフォーマー オプティマスプライム」
の商品とサンプル、そして10月1日発売となる
「特撮リボルテック シリーズ No.031 アイアンマン ウォーマシーン」
のサンプルを発見!
どちらのサンプルも自由にいじれる状態になっていましたが、
ウォーマシーンの試遊サンプルは今日が初の一般公開とか。
いじってみましたが、頭をグイッと上に向かせる事が出来るのがスゴイ点。
股関節の独特の処理も、「なるほどそう来たか」という感じです。
マズル・フラッシュのエフェクトパーツも非常に良いですね。



また、抽選会も行われていたのでそれに参加。
特撮リボルテックの商品タグを持っていくと、一人3回までクジを引けるというものです。
結果、3回ともハズレ・・・・。
しかし社員さんの「あと2回引いて良いです」との粋な計らいで、
リボプライヤーとLED付きミニ三脚台が当たりました。
そしてさらに「ワンダちゃん綾波コスプレver.のミニフィギュア」(WF2006夏)
なども付けて下さって、大サービスという感じでした。
(ありがとうございます!)

特撮リボルテックといえば、最初期にリストアップされながらいまだに商品化されていない
宇宙の戦士のパワードスーツについて尋ねてみました。
商品化が断たれたという訳ではないが、海洋堂からのアクションが今の所無い、との事。
商品化は海洋堂次第という事のようです。
とりあえず「期待していますっ!」と推しておきました。(笑)






まとめ

今日はプレオープンという事で、まだ稼働していない部分がありましたが、
正式オープン後はさらにどんどん充実した施設になっていくと思われます。
個人的にはこのワンフェスカフェでアッセンブルボーグのオフ会をやりたいと思っているので、
お酒関係と食事やおつまみ関係の充実をお願いしたい所です。
秋葉原でオフ会というとカラオケ屋か居酒屋というのが一般的だと思いますが、
「オフ会需要」というのは結構あるのではないでしょうか。
仲間と秋葉原を回った後、ワンフェスカフェで一杯やる。
また一人で秋葉原を回った後にワンフェスカフェにフラッと行ったら、知った顔をみつけたので一緒に飲む。
個人的にはそんな店になってくれたらいいなーと願っています。
秋葉原の新名所になるといいですね。











TOPへ戻る