ワンダーフェスティバル2013夏 レポート
(アッセンブルボーグ関連中心)


2013-07-28



※このページの画像はすべてクリックで拡大出来ます






毎年夏と冬に行われているワンダーフェスティバル(通称ワンフェス)ですが、今年の夏ももちろん行って参りました。
そこでいつものように、海洋堂ブースのアッセンブルボーグ関連を中心にレポートしてみたいと思います。

今回の海洋堂・アッセンブルボーグブースの目玉は、何と言っても新素体が色のついた状態で展示されている事。
前回の冬のワンフェスでは、まだ原型から複製したレジンキャストそのままの状態でした。
また事前にチラッと告知された謎の新素体も初公開。
さらにお試し台(試遊スペース)の机もいくつか用意されていました。

別卓にはアッセンブルマイスターの大津さんが常駐されており、
私がお邪魔した11時頃にはトイトライブの神宮司さんもいらっしゃいました。
そこでお二人に新素体や今後の展開についてお話を伺わせて頂きました。






まず大津さんに質問させて頂いたのは、今回初めて公開された謎の新素体の事です。
この日の数日前にweb番組「海洋堂でSHOW!?」にて神宮司さん・・・・もといアストロ犯罪者のザインさんがチラッと見せてくれた物ですね。
とにかく何の説明も無く突然出てきた物なので、その商品としての立ち位置からして分からなかったのです。

大津さんによると、既に発表されている新素体(ネクサス)は可動を重視した物で、
それに対してこちらは組み換えを重視した新素体だとの事。

デザインは神宮司さんで、原型は大津さんが製作。
なるほど、確かに一目で組み換えに使えそうなパーツの集合体だと分かりますね。
アッセンブルボーグ第四章である
ワイルダネスクローラー、ストラトフライヤー、アビスシーカーなどと同じような感覚で遊べそうです。
デザイン的にバレルズスピーダーなどとも共通する部分があるように感じました。
(第四章の3種とバレルズスピーダーのデザインは神宮司さんによるもの)

名称・価格・発売時期についてはまだ発表出来ないとの事でした。
しかし今までは新情報の発表はフィギュア王などの雑誌が一番早い状態でしたが、
今回の組み換え重視系新素体についてはweb(公式ページ)での発表が一番最初になるはずとおっしゃっていました。
また名称については、大津さんが会話中に「アーマロイド」とポロッとおっしゃっていたような気が・・・・?

さらに可動重視系新素体(ネクサス)よりも、実はこちらの方が先に完成していたという驚きの情報も。
ネクサスについて今まで語れなかったのは、その際にこの組み換え重視系新素体についても触れない訳にはいかないからだったとおっしゃっていました。
そのお言葉からも、可動重視系新素体と組み換え重視系新素体、この2種類で一つの新展開なのだというコンセプトがよく分かります。

また可動重視系新素体(ネクサス)について、シルバーの内部メカにクリアシャドーのカバーパーツという事で、
往年の名玩具アンドロイドAとのデザイン上の共通点についてお話した所、
可動重視系新素体をアンドロイドAの超人とするなら、組み換え重視系新素体はアンドロイドAのロボットに相当するとも言える、とのお言葉も。
「なるほど!」と思わずヒザを打ちました。
※アンドロイドAについてはこちらを参照 (ページの下の方で紹介しています)






次に可動重視系新素体(ネクサス)について質問させて頂きました。
A(ミスターアッセンブル)、B(バロン)、C(サイバー)、
そして今回は3人が1パックというラストランと同じ仕様という事で、
E(エッジ)、F(ファング)、G(ギャリバー)と来た訳ですが、
「D」は誰なのか?という疑問です。

神宮司さんによると、Dはトライストライカーの中の人こと透明ボディのあの人だそうです。
今までに何かで一度名前が正式に発表された事があったとの事でした。
(具体的な事は失念されておられました)

また可動重視系新素体(ネクサス)には、今までと同様シークレットノートが付属するとの事。
毎回素晴らしいストーリーCGや今後の予告にワクワクしていたので、これは大きな朗報でした。

※その後、アッセンブルボーグ公式ツイッターに内藤さんご本人から以下のようなツイートを頂きました。
「Dはドローン(Drone)でござる…!!」
ありがとうございます。






今回の新素体で初めてアッセンブルボーグを知ったという人が意外に多いという話の流れから、
現在品切れになっている商品の再販についての話題になりました。
原材料費が上がっているという事はもちろんですが、
なによりも工場での人件費が高騰しているとの事。
再販したとしても、当時のままの値段で出す事は不可能に近いとのお話でした。
では値上げすれば良いかというと、果たして値上げしても買ってくれる人がいるのか?という事で、
再販については非常に判断が難しいとおっしゃっていました。
という訳で現在まだ在庫がある物に関しても、可能な限り早い段階で入手しておいた方が良さそうです。






今後の展開については、神宮司さんにお話を伺いました。
まず神宮司さんが「女性素体はですね・・・・」と口火を切られたので、
その場に集まっていたアッセンクラスタの面々が思わず身を乗り出した所、
「当分出ません」とのお言葉に一斉にコケるという一場面も(笑)。
しかしむしろこれはチャンスで、ワンフェスのディーラーさんにはアッセンに関しては版権料を取っていないので、
オリジナル女性素体をガンガン作って欲しいと熱く語っておられました。

またこの数日前にアメリカ・サンディエゴで開催されたコミコンでの新素体の出品など新たな米国展開についても、
ぜひ成功して欲しいとおっしゃっていました。

アメリカ人にとってはアッセンブルボーグの値段設定は少し高いと思われているとの事。
基本的に向こうの玩具は、ホットトイズのアクションフィギュアなどに代表される2万円位の凄く高い物(いわゆるホビー)と、
1000円程度のいかにもちゃちな子供向け玩具との2種類しかなく、日本の玩具はそのちょうど中間に位置しており、
それが普及を妨げている要因のひとつにもなっていると分析しておられました。
しかし爆発的にヒットしなくてもアメリカで受け入れられてそこそこ売れれば、
人口が日本よりも遥かに多い分、かなりの売り上げになるのではないかと。
そしてアメリカで売れれば、さらに新しい商品をどんどん出していけると希望を語っておられました。
そのためにファンの皆さんは個人でweb上にてどんどん海外にも宣伝して欲しいとおっしゃっていました。






今回チラッと内藤さんもブースの方にいらっしゃったのですが、ご挨拶程度しか出来なかったのが残念な点でした。
大津さんとお話して、それじゃあ今度は内藤さんにお話を・・・・と思ったらもう姿が無かったという(涙)。






さて、それではアッセンブルボーグ関連のブースを実際に見て行きましょう。






まずはイントロダクションとして大きなボードにて新素体が遂に完成した事を告知。
内藤さんと大津さんのタッグによる仕事である事が大きく示されています。






ブースの壁際各所にあった等身大の立て看板。
しっかりと3形態分が用意されていました。






お試し台(試遊スペース)の様子。
常に数人が座ってカチカチしているという盛況ぶりでした。






アッセンガチャ。
4×2のベンダーが、午前11時半頃には全て売り切れ状態になっていました。
私は大津さんとひとしきりお話させて頂いて、さてそれじゃ回そうかと思ったらこのありさまで・・・・(涙)。
正直、まさかこんなに早く無くなるとは全く思ってもいませんでした。
「売切れみたいです」と大津さんに報告した所、やはり全く予想していなかったのか非常に驚いておられました。
この人気ぶりからすると、正式に商品として展開してもイケルのではないかと思います。
その際、ガチャでしか入手出来ないスペシャルパーツをレアとして混入するのもアリかと。







フィギュア王限定版「クリムゾン・ギア」
新素体アッセンブルボーグネクサスのいわゆるカラバリ(カラーバリエーション)ですが、
赤やダークグレーの色合いが落ち着いた感じで実に格好良いですね。
なお大津さんによると、このカラバリは通常版とセットで生産したからこそコスト的に可能だったとのお話。
つまりカラバリのみの再生産はおそらく無いという事です。
ただしもしも通常版が凄く売れて再生産するという事になれば、またカラバリをセットで作るという可能性はあるそうです。
しかしその場合はまた違ったカラバリになるケースも・・・・との事。
自分はクリアパーツが通常版のようなシャドーではなく完全に透明な物をリクエストしました。
透明ならそのままでも変身サイボーグ的な格好良さがあるばかりか、
ユーザーが各自で好きなクリアカラーに塗ったり染めたり出来る訳で・・・・。
夢が広がります。