ワンダーフェスティバル2017夏 レポート
(アッセンブルボーグ関連中心)


2017-07-30






毎年夏と冬に行われているワンダーフェスティバル(通称ワンフェス・WF)ですが、今年の夏ももちろん行って参りました。
そこでいつものように、海洋堂ブースのアッセンブルボーグ関連を中心にレポートしてみたいと思います。
今回は久々にアッセンブルボーグ関連で試遊コーナーが復活。
ただしこれはアッセンブルボーグだけではなく、他の海洋堂商品も手にとっていじれるというものでした。
またアッセンブルボーグの試遊については、I.O姉妹がメインでした。
当日は試遊コーナーにて海洋堂のスタッフKさんからかなり詳しくお話を聞くことが出来ました。
さらに神宮司さんと箕輪さんにもお会い出来たので、その時に聞かせて頂いた情報を各項目で紹介していきます。

なおこのページの写真は全てクリックで拡大出来ます。






アッセンブルボーグ関連展示コーナーの全景
中央にドーンと試遊コーナー。
その左右に展示ショーケースが1つずつという配置でした。
試遊コーナーの入り口には大きな「のれん」がかけられ、中にはなぜか赤提灯も。
スタッフさんにその意図を尋ねたところ、「自分にも良く分からない。気が付いたらあった」とのことです(汗)。






展示ショーケース その1
8月発売予定の新製品、I.OインテグラとI.Oインタニヤの展示です。
通常形態の他に、アッセンブルマイスター・大津さんの手による組み換え作例も展示されていました。
また製品のパッケージも初披露。
今回はインテグラとインタニヤそれぞれに専用のパッケージデザインが用意されているのがポイントですね。
パッケージ内容から、顔面と胸はクリアパーツも同梱されることが分かります。






展示ショーケース その2
いよいよ発売される際の色が決定したアーモロイドのカラバリ、そして今回が初公開となるI.O姉妹のカラバリが展示されていました。
I.O姉妹のカラバリは予想(というか希望)通りのシルバー&ブラック。
さらにシルバーとブラックのパーツが姉妹で反転している点がポイント。
まさに組み換えに最適な構成となっています。
アーモロイドのカラバリは単なるカラバリではなく、前回のワンフェスに試作が展示されていた追加武装などがセットになるようです。
「コマンドブルー」はフェイスパーツが不気味な形状ですが、背中にも謎のパーツが着いている点に注目。
もしかしたら悪側に鹵獲されたという設定なのかもしれません。






試遊コーナー
試遊コーナー内は3面ありましたが、そのうち1面がI.O姉妹専用のスペースとなっていました。
ノーマルカラー版だけではなく、早くもシルバー&ブラックのカラバリも実際に手にとって遊べる状態になっていました。
またI.O姉妹以外の既発売のアッセンブルボーグ商品パーツもある程度用意されており、簡単な組み換えを試せるようになっていました。
ここでは海洋堂スタッフのKさんからいろいろとお話を聞くことが出来ましたのでまとめてみます。

I.O姉妹について
試遊コーナーにある物はほぼ製品版と同じだがまだ若干の調整が必要。
柔らかすぎるパーツがあるのでその改善をする。
また細部が設定デザインと違うので修正の予定。
拳パーツもバランスを調整するかもとのことで、逆に見た時の印象などを質問されました。

I.O姉妹のカラバリについて
通常版と同時に発売。
(現在の所8月26日の予定)
販売は海洋堂直営店限定(ホビーロビー東京とホビーロビー門真の2店舗)だが、ネット販売の予定あり。
付属するクリアパーツは、それぞれ通常版の色が反転した物。
(インテグラにはクリアレッドのフェイスパーツ、インタニヤにはクリアパープルのフェイスパーツ)

アーモロイドのカラバリについて
各色に同梱される武装やフェイスパーツ・ブレストパーツは、今回展示されている物と同じ状態になりそう。
(各色に全てのパーツが同梱される訳では無い)
ただしこれはまだ予定であり決定事項ではないとのことでした。






謎の3枚のパネル
トイトライブの神宮司さんと箕輪さんにもお話を聞けましたので早速このパネルについてお尋ねした所、
これがそのまま商品になるという訳ではないとのことでした。
そしてこれ以外にも複数の企画が現在進行中だそうです。
また今回のワンフェスではお休みとなったアッセンブルボーグ公式同人誌の件ですが、
今後は出さないという訳ではなく1回仕切りなおして内容や頒布形式を練り直すとのこと。
逆にどのような物を見たいかをどんどんリクエストして欲しいとおっしゃっていました。

またアッセンブルボーグ関連の新しい情報は、フリーのホビーライター・島田康治さん(@Koji_Shimada)のツイートにもぜひ注目して欲しいとのことでした。
島田さんは前回の2017冬ワンフェスで頒布されたアッセンブルボーグ公式同人誌の発起人の方です。
今回の2017夏ワンフェスの前日にはI.O姉妹のサンプルを使ってその見所などをたっぷりの画像でツイートして下さいました。
神宮司さんによると、島田さんは今回正式にアッセンブルボーグ宣伝部長に就任されたとか?
アッセンブルボーグファンはフォロー必須です。


















さてここからは個人のディーラーさんで気になった所を見てみましょう。
なお紹介は卓番号の順番です。
※ディーラーさんによっては売り物ではない展示のみのアイテムも写っている場合がありますのでご注意下さい








「4-09-10 ぬのまる堂VSパンダ屋本店」








「4-12-16 玩楽屋」








「4-13-10 工房Beowulf」








「6-06-07 はっぴーベル」








「6-16-07 SCISSORS REBIRTH」








「6-29-07 大帝國ビルト」








「6-35-08 MJSガレージキット」








「7-10-03 鶏頭出張所」








「7-21-08 FGeW」








「7-25-01 宮武神信奉団」








「7-25-04 FAT BULLET」












以上、簡単ではありますが2017年夏のワンフェスでのアッセンブルボーグ関係中心のレポートを終了します。
お忙しい中お話を聞かせて頂きました海洋堂スタッフのKさん、個人ディーラーの皆さん、そして神宮司さん、箕輪さん、本当にありがとうございました。
今回は久々にアッセンブルボーグの試遊コーナーが復活ということで、
発売目前のI.O姉妹を実際にいじることが出来たのが非常に大きな収穫でした。
やはり自分の手であれこれ動かしてみると、その可動性やスタイリングの素晴らしさがストレートに実感出来ます。
ワンフェス前日にフリーのホビーライター・島田康治さんによるI.O姉妹のサンプル紹介ツイートがあったことも、
当日試遊コーナーでどの部分に注目していじれば良いかという点でとても大きなプラス要素になったと思います。
また神宮司さんと箕輪さんのお話では、現在複数の新しいアッセン企画が進行中とのこと。
今後もまだまだアッセンブルボーグは続いていくものと思われます。
来年2018年はアッセンブルボーグ10周年となりますが、それにちなんだ何か大きなイベントなどにも期待したいですね。






TOPへ戻る